• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

どうして「私の責任」という人は無責任なのか?

2015年10月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「すべて私の責任です」「私の不徳の致すところです」 

 期待された通りの結果が出なかったとき、こう言う人がいます。失敗を謙虚に認める姿勢は必要です。他人に責任を押しつけたり、「仕方なかった」と開き直る人に比べると、よほどいいでしょう。

 とはいえ、「私の責任です」と言って頭を下げるだけでは何も改善されません。「今後は期待にこたえられるよう、誠心誠意がんばります」と強調しても、何をどのように改善するのか、具体的に示さないとまた同じ轍を踏むことになります。

 以下の会話文を読んでみてください。

○社長:「このままだと、今期の目標予算を達成できそうにない」

●営業部長:「面目ありません。私の責任です」

○社長:「君を営業部長にしてから4年たった。目標予算の達成率は92%、93%、95%と続き、今期は96%ぐらいで終わりそうだな」

●営業部長:「はい。徐々に達成率は上がってきているのですが……」

○社長:「何だと、私が最も嫌いな言い方をしたな」

●営業部長:「あ! も、申し訳ありません」

○社長:「10時に会おうと約束したのに、やってきたのは10時15分、10時9分、10時5分。毎回遅刻しておいて、『少しずつ約束の時間に近づいています』と言う奴があるか」

コメント3件コメント/レビュー

こんな部長おらんやろ。(2015/10/27 15:27)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「どうして「私の責任」という人は無責任なのか?」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こんな部長おらんやろ。(2015/10/27 15:27)

無責任時代復活です。巨人軍選手の賭博事件、文字通り監督である原前監督の監督責任を誰も問わない。どころか名誉監督になるという。オリンピック委員長の森様の責任も問われているけど、頭を丸めただけで笑ってごまかす。なぜこんなひどい事が堂々とまかり通るのでしょうか?横山様教えて下さい。子供に聞かれてもどう答えて良いかわかりません。(2015/10/27 13:41)

「私の責任」と言わない人は、さらに文字通り、無責任ですよ。日本人が総体的に無責任になっている。責任を取りたがらないのは、失敗に対する許容・寛容度が著しく無いので、リスクを取ってまで行動を起こさない事無かれ主義が昨今蔓延している。(2015/10/27 09:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官