• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ノリが悪い」人ほど残業が多い理由

2016年11月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ノリが悪い人ほど残業が多い」。私はこう見ています。

 「ノリが悪い」とは、周囲に合わせる意識に乏しかったり、世の中の動きに対する関心が低かったりということです。そういう人は感度が落ちていきます。「長時間残業はもはや許されない」という時代の変化に気付かないのです。

 鈍感で他者の視点を慮ることができない柳本課長と鷲沢社長のバトルをお読みください。

●柳本課長:「社長、お呼びですか」

○鷲沢社長:「ああ、ちょっと私は怒っている」

●柳本課長:「ロッカーの整理をしている最中で時間があまりないのですが」

○鷲沢社長:「私は君に怒っている、そう言ったんだ」

●柳本課長:「総務がロッカーを早く整理してほしいと言ってくるものですから」

○鷲沢社長:「おい! 私の話を聞いているか」

●柳本課長:「聞いてますよ、社長。それで御用は何でしょうか」

○鷲沢社長:「D社との飲み会の席のことだ」

●柳本課長:「D社の広報戦略を当社が支援することが決まった日の件ですね。商談の後、食事に行きました。うちの竹虎常務も一緒でした。常務はあの社長のことがお好きのようでした」

○鷲沢社長:「D社の社長は君の態度にかなりご立腹だそうだ」

●柳本課長:「え、そうなのですか。初めて聞きました。あの人って怒りっぽいのですか」

○鷲沢社長:「竹虎常務が言っていた。君が場の空気を悪くさせたってな。社長が君をゴルフに誘ったら『ゴルフなんてスポーツではない、絶対にやりません』と答えたとか」

●柳本課長:「あの社長、赤ワインをけっこう頼んでいた気がします」

○鷲沢社長:「ワインなんてどうでもいい。ゴルフの話だ。どうして絶対にやらない、だなんて言いきった。相手が怒るのも当然だ」

●柳本課長:「社長が飲んでいた赤ワイン、どんな銘柄だったか忘れましたが高級品でした。すごく見栄を張っちゃって」

○鷲沢社長:「おいおいおいおいおい!」

コメント21件コメント/レビュー

二点、指摘させて頂きます

まず、広告代理店が時代の先端であったのは、過去の話です。プロモーションがネットに大幅に移行して以来、広告代理店の存在意義は大きく低下しました。代理店を通さずとも、ネット上で自社の製品の「宣伝」が可能になっているのは周知の通りです。

次に、ノリが悪いのを是正するのに、はやりの映画、はやりの店に行って、「感性」を磨け、ると本気で思っていらっしゃいますか?

それは、感性を磨くのでは無く、世の中の流れに「迎合」しているだけではありませんか。自らが考え、感じ、実行するので無い、「受信は出来ても、発信が出来ない従業員」は、ラジオより達が悪いです。

ノリが良かろうが、周りとのコミュニケーションが上手くいっていない上司など、幾らでも居ますよ。笑えない駄洒落を飛ばしまくって、対応に困った団塊の世代の部下だったことがありますが、あれは辛かったです。(2016/11/26 12:19)

オススメ情報

「横山信弘の絶対達成2分間バトル」のバックナンバー

一覧

「「ノリが悪い」人ほど残業が多い理由」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

二点、指摘させて頂きます

まず、広告代理店が時代の先端であったのは、過去の話です。プロモーションがネットに大幅に移行して以来、広告代理店の存在意義は大きく低下しました。代理店を通さずとも、ネット上で自社の製品の「宣伝」が可能になっているのは周知の通りです。

次に、ノリが悪いのを是正するのに、はやりの映画、はやりの店に行って、「感性」を磨け、ると本気で思っていらっしゃいますか?

それは、感性を磨くのでは無く、世の中の流れに「迎合」しているだけではありませんか。自らが考え、感じ、実行するので無い、「受信は出来ても、発信が出来ない従業員」は、ラジオより達が悪いです。

ノリが良かろうが、周りとのコミュニケーションが上手くいっていない上司など、幾らでも居ますよ。笑えない駄洒落を飛ばしまくって、対応に困った団塊の世代の部下だったことがありますが、あれは辛かったです。(2016/11/26 12:19)

残業をしたがる人の思考と言うのは得てしてこんなもので、鈍感な人ほどそうなると言うのも、経験則から納得が行きます。
コメントを読んでいると非難囂々のようですが、私には非難している人の方が職場改革の障害になっているように思えてなりません。
私は好きな連載です。(2016/11/24 10:06)

炎上おめでとうございます!
今回は盛況ですね

しかし、これは煽りすぎですよ
毎回なのですが、この人を営業課長としての設定はおかしくないですか?
営業課員でよいのではないでしょうか
しかし、この社長役は酷いですね
以前、ボスはテスタロッサってコラムを日経でやっていたと思いますが
みてない様でよく部下を見て、長所と短所を把握し、行き詰っているときに
さりげなく道を示すような人が本当の指導者でしょうね。
この社長役にはそれを感じないですね。(人間味がない)(2016/11/24 08:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私たちは、ひどいニュースのあまりのひどさに 麻痺しつつある。

小田嶋 隆 コラムニスト