• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国の14億総主流化と「殺馬特」の死

生存空間を奪われる外れものたち

2018年5月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

羅福興の「殺馬特」時代(本人提供、以下同)

 中国でこの春、ある人物の「卒業」が話題になった。

 大きな括りではX JAPANのようなビジュアル系の出で立ちで街を闊歩し写真をネットに上げ、国民の大多数から「悪趣味」「外れもの」と非難されてきた「殺馬特」(シャマト)と呼ばれるスタイルを生み出し、この一群を率いてきた28歳の青年。その青年が、ピンクや緑に染めスプレーで逆立てていた長髪を切って黒髪に戻し、顔のおどろおどろしいメイクを落とし、指、耳、手首、足首にぶら下げていたアクセサリーを外し、スタッズとファスナーに埋め尽くされたレザーの上下を脱ぎ捨て、同じ黒づくめでもシックなロングジャケットに着替えた。つまり、殺馬特の象徴だったスタイルを、創始者の彼が捨てた。そして、彼の卒業を、『人民日報』『新浪』『南方都市報』『広州日報』等、中国の大メディアが相次いで伝えたのだ。

 彼の名前は羅福興。1990年に広東省梅州郊外の農村に生まれた。

 小学校に上がる前、深圳に小さな商店を開いた両親とともに羅氏は暮らしたが、小学校に上がると同時に実家に返され、小学生の彼は両親と離れて暮らす生活が始まった。都会に出稼ぎに行った両親と離れて暮らす、いわゆる「留守児童」として彼も幼年時代を過ごしたというわけである。

 勉強を見てくれる人もいなかったため、成績は振るわなかった。そんな彼を小学校の教師もあまり構ってくれず、「騒がず問題を起こさないでくれていたらそれだけでいい」とばかりに教室の最後列に追いやられたという。中国メディアのインタビューで当時を振り返って彼は、「幼いながらも、自分の存在がないもののように扱われている、ということを感じていた」と回想している。

 そして彼は、小学校5年生からネットカフェに入り浸るようになるのだが、ゲームの中で知ったビジュアル系のキャラクターに惹かれ、自分も真似をするようになる。「このスタイルをすれば、自分の存在を周囲が認めるのではないか」と思ったのである。

 村の理髪店で髪を逆立ててもらい、100円ショップならぬ「2元店」(約34円)で買ったヘアカラーで髪をピンク色に染め、赤い口紅を引き、ピアスの穴を開け、全身黒ずくめで、ハサミで穴だらけにしたジーンズを履いた。そして彼は、その格好で外を歩くようになる。

 羅氏は、中学を卒業せずに街に出て、工場や美容院で働き出す。そして2008年、18歳になった彼は、髪を逆立てビジュアル系のスタイルをする自分のような一群のことを「殺馬特」と名付ける。英語の「smart」から作った造語である。彼は自らの写真を撮り、ネットで拡散するようになる。訪日中国人の増加により日本でも受け入れる店が増えた電子決済「ウィーチャットペイ」(微信支付)やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「ウィーチャット」(微信)の開発・運営元として知られるIT大手テンセント(Tencent=騰訊)が、ウィーチャットに先行して運用していたSNS「QQ」に「殺馬特家族」というグループを作り、そこに上げたのだ。同じような境遇にある農村出身で都会で働く低学歴の若者たちの間に、「殺馬特」の言葉と共に、スタイルと羅福興の名前が急速に広がっていった。
==============================

今まで誰も描くことのなかった中国版ヒルビリー・エレジー
書籍『3億人の中国農民工 食いつめものブルース

本連載が『3億人の中国農民工 食いつめものブルース』として単行本になりました。哲学者・内田樹氏、中国問題の研究家・遠藤誉氏、米国在住のエッセイスト・渡辺由佳里氏、調達・購買コンサルタント/講演家・坂口孝則氏など、各界の著名人から好評なレビューをいただきました。

コメント16件コメント/レビュー

今の日本には、主流と云えるモノが無いから、
その意味でのサブカルも存在しなくなった
謂わば、古典、伝統以外の全てがサブカル

元々からして、最低でも江戸と上方、花道でも裏表、小笠原
二通りの以上の流れが有るのが普通だったし
一神教や中華思想とは居相容れない文化なんだろうな(2018/09/12 13:02)

オススメ情報

「中国生活「モノ」がたり~速写中国制造」のバックナンバー

一覧

「中国の14億総主流化と「殺馬特」の死」の著者

山田 泰司

山田 泰司(やまだ・やすじ)

ノンフィクションライター

1992~2000年香港で邦字紙記者。2001年の上海在住後は、中国国営雑誌「美化生活」編集記者、月刊誌「CHAI」編集長などを経てフリーに。2010年からは、「EMSOne」編集長も務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今の日本には、主流と云えるモノが無いから、
その意味でのサブカルも存在しなくなった
謂わば、古典、伝統以外の全てがサブカル

元々からして、最低でも江戸と上方、花道でも裏表、小笠原
二通りの以上の流れが有るのが普通だったし
一神教や中華思想とは居相容れない文化なんだろうな(2018/09/12 13:02)

言語表現であれ、音楽、芸術であれ、振る舞いであれ、文化と言うのは、洋の東西を問わず、非主流が、やがて主流になって来たのが歴史だと思う。そして時代を先取りするのは、いつも、なぜか政治的に経済的にも、下流、下層からだった気がする。中国の現体制はその流動性すら封じてしまえるほどに、強固なのだろうか。いつまでも?(2018/07/22 14:21)

今、満州族の弁髪をファッションとして取り込んだ場合、当局は反共産主義的傾向を有する危険人物として検挙するのだろうか?(2018/06/24 00:14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授