• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ゴルフカートで自動運転? 意外な可能性に驚く

2018年6月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 不明を恥じるというのはこのことだろう。話には聞いていたが、ここまでとは思わなかった。「自動運転車としてのゴルフカートの活用」の話である。筆者はゴルフをしないので、そもそもゴルフカートがゴルフ場内を運転手なしに、自動で走っているということも知らなかったのだが、ゴルフカートを活用した「新たなモビリティを模索する活動」が全国各地に広がっていることも今回初めて知ったような次第だ。いやはや、勉強させていただきました。 

 筆者がそのことを知ったのが、IHSマークイットが日本で開催したカンファレンスである。同社は世界でも屈指の調査・予測会社で、2016年3月に米国の大手調査会社のIHSと、英国の金融調査会社のマークイットが合併して誕生した。IHS自体が、米CSMワールドワイドや、米R.L.ポークといった自動車分野の調査会社を吸収合併しながら巨大化してきた企業で、自動車分野における将来予測では世界最大の企業といっていいだろう。

 そのIHSマークイットはこれまで毎年3月に、主にクライアント向けに世界の自動車産業の動向を解説するカンファレンスを開催してきたのだが、3年前から、これとは別に自動運転や電気自動車(EV)、コネクテッド化といった新しい技術が、自動車産業を今後どう変えていくのかにテーマを絞ったエグゼクティブ・ブリーフィングを開催している。第4回となることしも6月12日に「自動車産業のパラダイムシフト―自動運転と電動化が再定義するモビリティ」と題して開催された。

 同社のエグゼクティブ・ブリーフィングは年々規模が拡大するとともにプログラムも充実し、今回のブリーフィングでは多様な講師の講演を聞くことができた。筆者自身もパネルディスカッションのパネラーとして末席を汚させていただいたのだが、筆者が特に興味深かった内容を紹介しよう。すべての講演者を取り上げているわけではないのでご承知おきいただきたい。

「自動運転車の免許証」へ一歩

 最初に登壇したのは経済産業省製造産業局自動車課課長の河野太志氏だ。同氏の話の内容は、車両の電動化、および知能化の世界の動向と、それに対応した政策立案および実行の現状についての解説だったのだが、同氏が講演の中で盛んに強調していたのが「日本は自動運転や電動化で遅れていない」ということだった。

 経産省としても、自動車産業を取り巻く変化に対応し、自動車政策の在り方について戦略的に議論するため、経済産業大臣主催の「自動車新時代戦略会議」を新たに発足し、4月18日に第1回会議を開催したことを説明した。また、経産省として重要視しているのが「競争と協調の最適化」であり、これまでにも自動運転用の3次元地図や、内燃機関の基礎研究などを協調領域として、地図作製会社のダイナミックマップ基盤企画などを後押ししてきた。最近の動きとして興味深かったのが、自動走行領域での新たな協調領域として「安全性評価」を定めたことだ。

自動運転分野での「協調領域」で重要だと定められた10分野。「安全性評価」が新たに加えられた(資料:河野太志氏のプレゼンテーション資料より)

 ウーバーの死亡事故について取り上げたこのコラムの第105回で、「自動運転車の免許証」について触れた。これは公道を走らせる自動運転車に、国家がシミュレーションによる自動運転プログラムの「バーチャルテスト」と、実験車両を使った「実技試験」を実施し、これに合格した車両だけを公道走行可能にするという構想だ。今回の講演で河野氏が触れた「安全性評価」のコンセプトはこれに近い。

コメント6件コメント/レビュー

○磁力センサーで走行位置を制御して自動運転なの。 ○ボールと最短距離で止まる?そんなことしないよね。 ○「キャデーさん、クラブ置き忘れた」と言ったら、バックしてくれたら自動運転と認める。(2018/06/20 14:39)

オススメ情報

「クルマのうんテク」のバックナンバー

一覧

「ゴルフカートで自動運転? 意外な可能性に驚く」の著者

鶴原 吉郎

鶴原 吉郎(つるはら・よしろう)

オートインサイト代表

1985年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、2004年に自動車技術の専門情報誌の創刊を担当。編集長として約10年にわたって、同誌の編集に従事。2014年4月に独立、オートインサイトを設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

○磁力センサーで走行位置を制御して自動運転なの。 ○ボールと最短距離で止まる?そんなことしないよね。 ○「キャデーさん、クラブ置き忘れた」と言ったら、バックしてくれたら自動運転と認める。(2018/06/20 14:39)

自動車の自動運転は、自動車だけが開発されているが、本来は規格を統一して、道路に必要な誘導、あるいは車に指示する設備をつけていくべきだと思う。

町中など、人間が運転しても大変なところではなく、高速道路や自動車専用道など、歩行者のいないところに誘導設備を設置し、そこから自動運転を開始すべきだと思う。(2018/06/20 12:22)

最近の 3Dモデル>3Dプリンタのものづくり とか AIをつかった自動設計 とか 大井に疑問をもっている古いタイプのエンジニアです
設計も 失敗して 現場に行って 作業者から散々愚痴を聞かされて 少しずつ経験値が上がってノウハウが付いて それなりの設計者に育っていく
車も 教習所の教官に いろいろ言われて ゲンコツ(当時は・・・)頂いて 脱輪して パイロンを倒して 上手くなる・・・
サーキットなら 1~2回はコースから飛び出て クラッシュして 速くなる・・・・・・
それが コンピューターが プログラムどおりに動いて 大丈夫なのか?と思っていたら やはりおきました
タンクローリーに突っ込んだり 歩行者をはねてしまったり またまた 交通違反をやらかして 乗っていた人に切符が切られたり・・・・・
やはり 機械だけぢゃ駄目なんだと実感
もし 自分が 自動運転の車にはねられたら 誰が悪いんだろう?
持ち主? 自動車メーカー プログラマ  整備士?
半身不随になって 自分を怪我させた車がスクラップになった写真を見せられても 到底納得できるものではない 皆さんは如何に?
家族が自己で殺されて 車の所有者はの~の~と 新しい車にのって 事故を起こした車がスクラップ だけで 納得できるのか?
自動運転だからと言って 酔っ払って車を走らせていて 事故が起きて 怪我人を 酔った状態で救護できるのか?

車検があるように 車検(車の動的性能・品質)+検定(自動操縦システムの学習内容などを併せての操車能力の確認)くらいやった上で やはり 自己の責任は所有者???
(飛行機だって 自動操縦で事故になって 責任は パイロットでしょう?)
技術の進歩はすばらしいが 100%頼って良い事と やはり人がやるべき事が有って良いと思います・・・・・ 皆さんは如何に???? (2018/06/20 11:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

旅行業だけを追いかけて大きな成長が 見込める時代ではなくなりました。

高橋 広行 JTB社長