• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ケーキを買いに飛行機でファンが来る店の秘密

パティシエ エス コヤマ「心配性」社長の丁寧な人づくり(前編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大阪から電車で1時間の田園地帯、兵庫県三田市。決して立地がいいとは言えないこの場所に、1日約4000人が押し寄せる人気洋菓子店がある。強さの秘密は、社員の真摯な手仕事と心配りによって生み出される、ライバルを圧倒するような商品力と接客力にある。世界的パティシエ(菓子職人)でもある小山進社長が、愚直に取り組む人づくりの極意を2回に分けて明かす。

 大阪から電車で1時間、里山や田園が広がる兵庫県三田市に、絶大な人気を誇る洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(以下、エス コヤマ)がある。約5000㎡の敷地に本店、チョコレート専門店、カフェ、ギフトショップなど6つの店舗が点在する。

 1日およそ4000人が来店し、北海道や九州から飛行機に乗って訪れるファンもいる。
 神戸の洋菓子店チェーンで修行した小山進社長は2000年に独立し、エス コヤマを設立した。03年に最初の店をオープン。3年越しで開発した「小山ロール」がヒットし、ロールケーキブームの火付け役となった。

 12年にはフランスの最も権威あるチョコレート愛好者団体「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ」の最高評価を2年連続で獲得し、国内外で大きな話題を呼んだ。12年8月期の売上高は18億円超える。

商業施設からの出店要請はすべて拒否

 エス コヤマには、全国の商業施設から出店要請が絶えない。しかし小山社長は全て断っている。「緑豊かな場所で自然や季節を感じてもらえるお菓子を作り、お客様にもそうした空間に足を運んで楽しんでもらいたい」と考えるからだ。

郊外の住宅地にもかかわらず、朝から数十人の客が列をなし、10時の開店とともに一斉に店内へとなだれ込む(撮影:直江 竜也、以下同)

 小山社長が店舗網を拡大しない理由は、もう1つある。「目の届くところで丁寧に社員を育てたい」と考えるからだ。業界のカリスマ的存在である小山社長。しかし個人技でファンを増やしてきたわけではない。社員全員を手間と時間を惜しまずに育て、チーム力で顧客の心をつかんできた。

オススメ情報

「ベンチャー最前線」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長