• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

東南アジア最大のホテルチェーン目指す日本人

バンコクで産声、独自のオペレーションで急成長中

2018年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 可愛い羊のロゴやオブジェが印象的な三つ星クラスのホテル、Kokotel(ココテル)。家族4人でも泊まれる部屋を備えた中間価格帯(1部屋1泊5000円前後)のホテルがタイで着実な成長を遂げている。

エントランスで客を出迎えるのはココテルのシンボルである大きな羊。すべり台は大人も楽しんでいるとか。

 東南アジアには個人が趣味の延長で始めたようなホステルやゲストハウスがたくさんあるが、ココテルはそうしたスモールビジネスとは一線を画する。導入しているシステムは、プロパティマネジメントシステムや人事システム、発注管理システム、会計システム、レピュテーション・マネジメントシステムなど8種類。客室数50前後のホテルとしては驚くほど重装備だ。それでいて、ホテル名や従業員のユニフォームデザインはクラウドソーシングで募集をかけ低コストで調達している。

目標1000店、まずは大学に入り直し

 目標は、2026年までにココテルブランドのホテルを東南アジアとインドで1000店舗開業すること。メリハリを利かせた経営の舵取りから見えてくるのは、東南アジア最大のホテルチェーンを目指して新たな価値創造に挑む起業家スピリッツだ。

 「1000店」と聞くと途方もない数字に思えるが、世界一のホテルチェーンのウィンダムワールドワイドは約8000店、2位のチョイスホテルズインターナショナルは約6500店。中間クラスのホテルでは1000店規模のチェーンはざら。ココテルの目標は壮大ではあるが、非現実的ではない。実現可能な目標だ。

 事業を推進しているのはNewlegacy Hospitality社のCEO・松田励氏。ホテル業に興味を持ったのは日本のコンサルティング会社に勤務していたころだった。

ココテルを運営する Newlegacy Hospitality社のCEO・松田励氏

 「担当したマレーシアのホテルのプロジェクトが面白かったんですね。ホテル業というのはエンターテイメントでもある、と思うようになりました。でもホテルについては何も知らない。まずは勉強しようとホテル経営学では世界的に定評があるアメリカのコーネル大学と、32才のときにシンガポールのナンヤン工科大学にそれぞれ半年ほど留学し、ホテル経営学修士号を取得しました」

 松田氏の行動力を物語るエピソードだが、もちろん深い読みがあってのこと。旅行好きな松田氏は、2006年のマレーシアでの仕事を契機にさらにいろいろなアジアのホテルを泊まり歩き「これならやりようがある」と確信を得ていた。

 「アジアのさまざまな都市で滞在したホテルには別の意味での驚きがありました。中間クラスのホテルには本来当然あるべき機能がない。バスルームやシーツがきれいだとか妙な臭いがしないとか、フロントにサービスマインドがあって英語が話せる人がいるとか、当たり前のことができていないホテルが多いんですね。エンタメ以前に圧倒的にレベルが低いと感じました」

 これはチャンスかもしれない。そう思いつつも、修士号の奨学金の条件により松田氏はシンガポールで最低でも3年は働かなければならなかった。リーマンショック後の就職難の折、2009年になんとか投資会社の職を見つけた松田氏はチャンスをうかがいつつ、不動産投資やPE投資、MBOの案件などを担当。後にココテルで生きることになる交渉能力を磨きあげていく。

 条件の3年が過ぎ、シンガポールでの生活が5年目に突入したころ、松田氏は中国でエコノミーホテルが台頭しているという話を聞いた。

オススメ情報

「バンコク繁盛記」のバックナンバー

一覧

「東南アジア最大のホテルチェーン目指す日本人」の著者

三田村 蕗子

三田村 蕗子(みたむら ふきこ)

フリーライター

福岡生まれ。津田塾大学学芸学部卒業。出版社勤務後、フリーライターに。ビジネス誌、経済誌、流通専門誌などで活躍中。2014年末から活動拠点をアジアのハブであるバンコクに移した。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長