• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消えゆく街の「八百屋」に眠っていた商機

青果店を多店舗展開するアグリゲートの戦略

2018年4月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 スーパーやネット通販の広がりで多くが姿を消した街の青果店。だが、そこに商機が眠っていた。緻密な値付けや利益計算に基づいて、多様な仕入れルートを駆使しながらチェーン化するノウハウが強みだ。

(日経ビジネス2018年2月12日号より転載)

旬の野菜をそろえる
おいしさと旬にこだわった青果店を展開。上の写真は生産者から直接仕入れた規格外のトマト。不格好だが品質は問題ない(写真=2点:北山 宏一)

 大型スーパーの台頭ですっかり見かけなくなった街の青果店。最近ではコンビニエンスストアやドラッグストアも青果販売に参入、Amazonフレッシュなどネット通販大手も生鮮品の通販に力を入れ、さらに競争が激化している。経済産業省の商業統計によると1976年に6万6195カ所あった野菜・果実小売業者は2014年には4分の1以下の1万5220カ所まで減少した。

 だが、そんな街の青果店を多店舗展開して成長しているベンチャーがある。東京都品川区にあるアグリゲートだ。

 店の名は「旬八青果店」。JR五反田駅から徒歩5分ほどの場所にある五反田店では、19m²の小さな店内に、野菜や果物が所狭しと並ぶ。一見、昔ながらの「八百屋」の店構えだが、客足は途絶えない。同店の売り上げは1日約20万円。一方、10m²以上20m²未満の青果店の1日の売上高の平均は約5万6000円(商業統計14年)。旬八の“売る力”は段違いだ。都内で運営する他の6店も平均の2倍以上を売り上げる。ビジネスチャンスなしとみられた街の青果店も着眼点を変えれば成長余地がある。

コメント3件コメント/レビュー

練馬区在住です。
練馬区は23区とはいえ、近所で農家の皆さんが頑張っています。
そして、JAの直売所もそこそこあり、綺麗で元気な野菜が並びますが規格外のものもしっかりと並んでいます。見た目がよく形も素敵な美人の野菜も、ちょっと曲がったり大きすぎたりする規格外の野菜でも味は変わりません。いや、規格外の方が美味しいこともあります。それは、野菜が育った味がするからです。
規格外といえば、間引きした小さな野菜もあります。これは産地でなけらば味が分かりません。
そして、一番の違いは取り入れから出荷、店頭に並ぶまでの時間の違い。
先日、家内がスーパーのほうれん草を買ってきました。私が洗っていると、ほうれん草の葉っぱの張りが違います。多くの流通段階を経るために時間が必要となり、野菜本来の元気さが消えてしまっているように感じました。
流通を否定するつもりはありません。都市に住む限り、どうしても市場を通したりする流通がなければ食の供給システムが成立しないことは理解しています。
ただ、「形」ばかりでなく「本来の味」も追って欲しい、そう感じています。(2018/04/13 11:28)

オススメ情報

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「消えゆく街の「八百屋」に眠っていた商機」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

練馬区在住です。
練馬区は23区とはいえ、近所で農家の皆さんが頑張っています。
そして、JAの直売所もそこそこあり、綺麗で元気な野菜が並びますが規格外のものもしっかりと並んでいます。見た目がよく形も素敵な美人の野菜も、ちょっと曲がったり大きすぎたりする規格外の野菜でも味は変わりません。いや、規格外の方が美味しいこともあります。それは、野菜が育った味がするからです。
規格外といえば、間引きした小さな野菜もあります。これは産地でなけらば味が分かりません。
そして、一番の違いは取り入れから出荷、店頭に並ぶまでの時間の違い。
先日、家内がスーパーのほうれん草を買ってきました。私が洗っていると、ほうれん草の葉っぱの張りが違います。多くの流通段階を経るために時間が必要となり、野菜本来の元気さが消えてしまっているように感じました。
流通を否定するつもりはありません。都市に住む限り、どうしても市場を通したりする流通がなければ食の供給システムが成立しないことは理解しています。
ただ、「形」ばかりでなく「本来の味」も追って欲しい、そう感じています。(2018/04/13 11:28)

「規格外品」の販売は評価するが、画像では青果以外は扱っていないようだ。都心に集中出店方針らしいが、購買者が集中しているところで売れるものだけ扱うということですね。買い物難民の掬いにはならないですね。(2018/04/12 16:29)

仕組みはわかりましたが、それだけで売上が上がるとは思えません。旬のものをそれえるくらいのことはどこでもやっているはずです。集客の部分でもっと踏み込んだ分析がほしいと思いました。(2018/04/12 08:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長