• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

躍進する「建機のベンツ」竹内製作所

売上の97%は海外。欧米市場席捲する長野の企業

2018年5月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海外売上高比率97%超の知られざるグローバル企業。「メード・イン・長野」のミニショベルで欧米市場を席巻する。品質や性能の高さから、欧米のユーザーが同社製品に名づけた愛称は「建機のベンツ」。2018年2月期推定の売上高は5年前の2倍超にあたる900億円。地方企業が海外顧客の心をつかんだ秘策とは。

(日経ビジネス2018年3月12日号より転載)

米国法人の従業員と製品。背後ののぼり旗の言葉を訳すと「知る人ぞ知る」。プロ好みの質実剛健を示す

 NHK大河ドラマ「真田丸」の舞台になった長野県上田市に隣接する信州の山あいの町に、世界の建機業界で覇権を争うグローバル企業がある。東証1部上場企業なのに、日本での知名度はいまひとつ。それもそのはず、売上高の97%超を海外で稼いでいるのだ。

 その企業の名は竹内製作所(長野県坂城町)。建築や土木作業の現場で使われるミニショベルを本社工場で生産し、世界に輸出する。2018年2月期推定の売上高は900億円、地域別では北米と欧州が420億円超ずつを占める。その実力は折り紙つきだ。重量6トン未満のミニショベルで、北米市場で5位、欧州では2位につける。

海外の経済成長とともに拡大基調
●竹内製作所の連結業績
注:決算期は2月期。18年は会社推定、19年は市場予想
海外比率が97%超
●地域別の売り上げ構成(18年2月期推定)
注:シェアは「Off-Highway Research 2017」

 なぜ、日本で無名に近い建機メーカーが、欧米でこれほどまでに受け入れられているのか。クボタやコマツ、米国のキャタピラーやボブキャットなど強豪がひしめく中で、「二番煎じではなく、オリジナルの製品を追求してきた」(営業部の宮川修部長)ところに、竹内製作所の強さがある。

コメント5件コメント/レビュー

海外に居る人材に信頼して任せたのが良かったんでしょうね。
大手の場合は任せると言いつつ、権限を寄越さない上に報告は無駄に密に求めるので失敗する。(2018/05/21 09:48)

オススメ情報

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「躍進する「建機のベンツ」竹内製作所」の著者

寺井 伸太郎

寺井 伸太郎(てらい・しんたろう)

日経ビジネス記者

2002年、慶応義塾大学を卒業し、日本経済新聞社に入社。東京や名古屋での企業担当などを経て、直近は決算を取材する証券部。15年から現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

海外に居る人材に信頼して任せたのが良かったんでしょうね。
大手の場合は任せると言いつつ、権限を寄越さない上に報告は無駄に密に求めるので失敗する。(2018/05/21 09:48)

>アメリカの代理店といのは、名ばかりで、実体は個人営業なので、メーカー直接営業と変わらないと思います。

いわゆるSales Representativesですね。営業は個人事業主として当該会社と業務委託契約をして、その委託料が収入です。

売買は顧客と会社、決済(=支払い)も顧客から会社で、営業は委託料として収入を得る。

日本では、会社から独立した保険代理店の個人事業主がこれに近いですね。(2018/05/17 16:11)

何故欧米では大きいシェアを誇るのに、国内やアジア市場ではパッとしないのか? そこをもっと掘り下げてほしかった。(2018/05/17 14:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官