• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

クラブツーリズム、テーマ旅行でシニア層つかむ

車椅子対応や介護対応のツアーも

2016年11月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

顧客一人ひとりの趣味に徹底して対応したバス旅行で、シニアの心をつかみ、業績は堅調だ。インターネットの予約や販売が増える旅行市場で、添乗員によるサービスを極めたツアーで勝負する。旅行にとどまらず、介護、家事代行、そして認知症予防の研究まで、将来を見据えた種まきも怠りない。
富士山の裾野を歩くバスツアー
山歩きに詳しい講師と添乗員が同行し、初心者でも安心して参加できる行程にしている。全17回シリーズで、全部参加すれば富士山の裾野を一周できる
(写真=陶山 勉)

 8月の平日。東京・上野を朝7時に出発したバスが、ツアー客40人を乗せて、静岡県・御殿場へと向かっていく。この日のツアーは「富士山すそ野ぐるり一周ウォーク」。参加者は、アウトドア用のカラフルなリュックを持ち、バスの中の会話も弾む。ウオーキングのツアーを専門にしているという添乗員は、先日登った山で見た高山植物について、参加者に語りかけていた。

 「このツアーの良いところは、神社や植物などについて歩きながら丁寧に説明してくれるところ。飽きないし、面白い」。参加した女性は笑顔で話す。

 このツアーは、富士山の裾野を17回に分けて歩くもので、今回は第5回でほぼ全員がリピーターだ。日帰りで1万1800円と決して安くはない。だが、添乗員のほか、富士山に精通して山岳ガイドの資格を持つ講師が同行。参加者に丁寧に説明する。地元の食堂に手配した昼食や歩いた後の入浴も、魅力となっている。

30以上のテーマで旅行を企画

 このツアーを企画して販売するのは、大手旅行会社クラブツーリズム(東京都新宿区)。近畿日本ツーリストをグループ会社に抱えるKNT-CTホールディングス(HD)の事業会社だ。

業界への打撃をはねのけ収益を確保
●クラブツーリズムの業績の推移

 2015年度の売上高は1627億6900万円、営業利益は48億8000万円。旅行取扱額は約1714億円(観光庁調べ)で、うち約7割が国内旅行、3割が海外旅行だ。KNT-CTHDの稼ぎ頭でもある。取扱額は14位だが、他社にはない特色を持つ。それが、旅行ごとに明確なテーマを持たせている点だ。テーマ旅行とは、クラブツーリズムの定義によれば、行き先自体が目的なのではなく、何をするのが目的なのかを明確にした旅行を指す。

コメント3件コメント/レビュー

この手のツアーは目的を絞れば絞るほど行動の自由度が低下して、参加者のシンクロが重要なポイントになります。時におしゃべりオバサングループ、ワガママ自己中オジサンなどと一緒になった日には、最後までストレスが溜まる最悪のツアーとなります。(2016/11/23 18:01)

オススメ情報

「企業研究」のバックナンバー

一覧

「クラブツーリズム、テーマ旅行でシニア層つかむ」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この手のツアーは目的を絞れば絞るほど行動の自由度が低下して、参加者のシンクロが重要なポイントになります。時におしゃべりオバサングループ、ワガママ自己中オジサンなどと一緒になった日には、最後までストレスが溜まる最悪のツアーとなります。(2016/11/23 18:01)

超高齢社会における「参加型娯楽」の在り方を考える上で、クラブツーリズムの取り組みには確かに注目に値するものはあると思います。
ただ、それが単なる高齢者迎合になっていないでしょうか。高齢者人口比が増大しているので、利益という切り口で見れば確かに合理的なことではありますが、一方で、家族連れなどへの配慮はいまひとつ真剣みに欠けている印象を持たざるを得ません。
私も家族連れで同社のツアーを年に三度ほど利用してきました。娘に食物アレルギーがあり、直近のツアーでは事前に相談したところ個別対応をして頂けるということで安心して参加しましたら、なんと、当日出されたお弁当に、本人の食べられない卵が散りばめられており、驚いたことがあります。後日担当者から電話がありましたが、現場の担当者のせいにするかのような返答だったのでその件が社内で共有されているのか気になっています。せっかく時代にあったツアーを模索するなら、高齢者以外の多様な利用者層をもっと幅広く、真剣に考えてほしいと思います。(2016/11/22 16:05)

ここのツアーの年寄り大人数グループが狭い登山道を占拠するから大迷惑なのよ。
足の置き方を気を付けるより先に周囲に対する配慮をすべき。
参加者が30人もいれば2つに分けるべき。
送迎の大型観光バスは路上に違法駐車して大迷惑だし、とにかく反社会的行為が目に余る。(2016/11/22 10:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長