• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

危機だった今治タオル、高品質を切り口に再生

第93回 クリエーティブディレクター・佐藤可士和氏(2)

  • 慶応ビジネス・スクール

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年7月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

佐藤可士和(さとう・かしわ)
クリエーティブディレクター。慶応義塾大学特別招聘教授、多摩美術大学客員教授。 1965年生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。博報堂を経て「SAMURAI」設立。主な仕事に国立新美術館のシンボルマークデザイン、ユニクロ、楽天グループ、セブン-イレブン・ジャパン、今治タオルのブランドクリエーティブディレクション、「カップヌードルミュージアム」「ふじようちえん」のトータルプロデュースなど。毎日デザイン賞、東京ADCグランプリ他多数受賞。『佐藤可士和の超整理術』『佐藤可士和の打ち合わせ』など著書多数。(写真・陶山勉、以下同)

 慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶応ビジネス・スクール)が次世代の経営の担い手を育成すべく、エグゼクティブ向けに開設する「Executive MBA」。5月の経営者討論科目では、数々のヒットを生み出してきたクリエーティブディレクターの佐藤可士和氏が「アイコニックブランディング」をテーマに講義を行った。

 佐藤氏は全体論に続いて、具体的なケースでアイコニックブランディングをさらに深く説明した。第1のケースとして紹介したのは今治タオルのリブランディングプロジェクト。安い輸入タオルに押され、かつて600社あったタオルメーカーが100社強にまで減少していた今治。消滅の危機にあったタオル産地を佐藤氏はいかに再生させたか。アイコニックブランディングのプロセスを詳細に振り返った。

(取材・構成:小林佳代)

 ここからは具体的なケースでアイコニックブランディングをさらに深く説明していきます。

 最初に紹介するケースは今治タオルのリブランディングプロジェクトです。このプロジェクトでは大いにアイコニックブランディングを戦略として活用してきました。

 愛媛県今治市は大坂府の泉州地域と並ぶ名高いタオル産地です。30年前ぐらい前まで、国内のタオルマーケットで大きなシェアを持っていました。

 しかし中国やベトナムから安いタオルが大量に輸入されるようになり、価格競争が激化して次第に厳しい状況に追い込まれていきました。最盛期に600社あったタオルメーカーは500社近くが倒産、100社あまりが残るのみとなっていました。このままいけば産地が消滅してしまうという危機的な状況でした。

 実はタオル産地の消滅は世界各国で起きています。米国のノースカロライナ州には有名なタオル産地がありましたが、南米やパキスタンなどからの安い輸入タオルが普及したことで、産地は跡形もなく消滅してしまいました。

 ヨーロッパでもフランス、イタリアなどの高級タオル産地が、ポルトガルやトルコからの安い輸入タオルに押され消滅してしまいました。近年では、その安いタオルの供給基地であったトルコでさえ、インドやバングラデシュなどのタオル生産新興国から輸入攻勢を受け、厳しい状況に陥り始めています。

 産地消滅の危機に瀕し、今治商工会議所が四国タオル工業組合(当時)、今治市と連携し国の事業である「JAPANブランド育成支援事業」の認定を受け、ブランディングプロジェクトに乗り出しました。僕はそのクリエイティブディレクションを引き受けることになりました。

 僕がプロジェクトを引き受けた時、タオルメーカーは116社ほどでした。A社、B社、C社と、各社、細々と独自にプロモーションをしていましたが、体力がなく、プロモーション活動のできない会社もありました。これではインパクトが出ません。

 僕は116社が個別にプロモーションやコミュニケーション活動をするのではなく、「今治タオル」というマスターブランドをまず確立し、その上にA社、B社、C社がのっているという戦略を立てました。モデルとしたのは仏シャンパーニュ。ワイン生産地としてブランドを形成したシャンパーニュのように、今治をタオル生産地としてブランド化していこうと考えました。

メーカーが個別にタオルを売るのではなく、「今治タオル」というマスターブランドがベースにありその上に各社が存在するという戦略を立てた

コメント2件コメント/レビュー

佐藤氏に関する印象が良い意味で変わる、とても興味深い記事を、ありがとうございます。今治タオルは、今治と入力しただけでiPhoneの予測変換にも登場することに今頃気付きました。気付けば、数年前からコンビニにも登場しており、それまでの、あまり購入したくなかったものとは異なり、はっきり納得感を覚えて能動的にすら購入出来ている、日常的で身近な存在であることを再認識いたしました。コンビニに置くことが出来るか否か?は大きな違いだとも思うのですが、これも佐藤氏を中心としたプロジェクトの持つパワーの賜物なのでしょうね。コンビニの商品は、他チャネルのものとは異なるようで、ブランドのイメージにチープ等悪い影響を与えていないという点でも住み分けが出来ていると思い、また感服いたしました。(2018/07/18 20:45)

オススメ情報

「慶応ビジネス・スクール EXECUTIVE」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

佐藤氏に関する印象が良い意味で変わる、とても興味深い記事を、ありがとうございます。今治タオルは、今治と入力しただけでiPhoneの予測変換にも登場することに今頃気付きました。気付けば、数年前からコンビニにも登場しており、それまでの、あまり購入したくなかったものとは異なり、はっきり納得感を覚えて能動的にすら購入出来ている、日常的で身近な存在であることを再認識いたしました。コンビニに置くことが出来るか否か?は大きな違いだとも思うのですが、これも佐藤氏を中心としたプロジェクトの持つパワーの賜物なのでしょうね。コンビニの商品は、他チャネルのものとは異なるようで、ブランドのイメージにチープ等悪い影響を与えていないという点でも住み分けが出来ていると思い、また感服いたしました。(2018/07/18 20:45)

タオルには こだわりがあります。いままで 私がuchino(ウチノ)タオルが高品質と思い込んで
デパートで購入していた所 主人と共に近くのデパートに行ったとき 【このマークのタオル】が
一番品質が良いと 普段 購入商品類には ほとんど興味がない夫が発言し 数枚 バスタオルを
購入。やはり 満足。 あの 赤い 今治の品質マークは リピート目印になります。

私たち消費者は 使用した後に これは もう買わない・・・とか あと数枚購入したい・・・・
と 使用体験から リピーターになりますが 日頃残念に思っていたのは 【もう一度買いたいけどその為の目印ロゴが無い =選べない=どこに買いに行けばよいか分からない】
これは 困り事でした。自信を持って作るなら なぜ どこかに いわゆるブランド?名を記して
いないのか?
今回の記事のように 1社ではなく 集合体に 基準品質を儲け ロゴを統一するのはGOODアイデア。
中小企業の活性化に、すばらしい提案だったと思います。日本の品質に 感動と応援をします。

リピーターとなっている理由は 一番のタオルの目的である 吸水性とフワフワ感です。
困るのは フワフワ感があり 見た目も 給水性がありそうなのに(一見豪華でもある)
使用してみると 水をはじく!! 大きな刺繍なども水をはじくので避けます。(2018/07/17 09:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長