• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自動運転になればクルマに乗る人は増えるのか

社会人勉強会で考えた「自動車離れ」の行方

2018年8月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新刊『トヨタ物語』の著者・野地秩嘉さんが、とある社会人勉強会に招かれた。講演の後、参加者との話題は「クルマに乗る人が減っているのはなぜか」。消費者・生活者の目線から考えてみた。

野地:今日は勉強会にお招きいただき、ありがとうございます。私は『トヨタ物語』を書くにあたって、工場に70回以上、足を運び、いろいろな人に話を聞きました。「トヨタ生産方式」とそれを脈々と引き継いできた人たちを通して、トヨタのモノづくりのあり方、強さの神髄に迫ろうとしてのことです。今年1月に発刊して、おかげさまで増刷を重ねていて、今は続編の取材を進めています。

 『トヨタ物語』ではトヨタグループの創始者・豊田佐吉さんから始まるモノづくりの歴史をまとめましたが、続編では「これから」について追っていきます。「EV」「自動運転」など、いろいろなキーワードがありますが、「販売のカイゼン」というのも大事なポイントのひとつです。

 生産の現場では「ジャスト・イン・タイム」「自働化」という2本柱の知恵が共有され、カイゼンを重ねることで、ムダのない生産体制を実現してきましたが、販売の現場ではまだまだ。現在、様々な取り組みが進んでいますが、販売に関わる取材をしながら、自動車業界にとって深刻な課題が、その深刻度を増していると感じています。

 それは「自動車に乗らない人が増えている」ということ。もうずいぶん前から指摘されていることで『トヨタ物語』の中でも触れましたが、ではその対策は? というと、自動車会社の人たちもいまだにつかめていない。

 今日は30代から50代の、働き盛りの方たちの勉強会ということで、そのあたりの話を少し聞かせてもらいたいと思っています。

免許は20%、所有は0.01%

 クルマを持っている方は手を挙げていただけますか?…半分ですね。では、3台以上買った人は…2人。5台以上は…1人。

 5台以上、買ったのはクルマ好きだからですか?

Aさん:クルマを運転するのは好きですが、マニア的に好きというのではありません。家族が増えたりとかそういうのも含めて買い替えを。

野地:なるほど。では、クルマを持っていない人で、免許を持っていない人は……2人。あとは、免許は持っているけれど、クルマは持っていない。

 先日、埼玉大学で講演会があって、学生100人に聞いてみたんです。すると、クルマを持っているのは、1人だけでした。地方にいくと生活に必要な度合いが高いから、家にはクルマがあるというところも多いと思うんですが、こと都市部に住む若い人については、クルマを持っていないのが普通という状況なんでしょうね。

Bさん:私は専修大学で講義をさせていただく機会があって、同じような質問を学生にしました。免許を持っているのが2割、クルマを持っている人はほとんどいませんでした。

野地:免許2割。どうしてその質問を?

Bさん:エネルギー関係の仕事をしているもので…(笑)。

野地:なるほど、切実な問題ですもんね(笑)。

コメント8件コメント/レビュー

ここで取り上げられている自動運転はレベル5ですので、実現は不可能と考えています。
無理やり実現させるとすれば、手動運転車(者)に相当な無理をさせる法律で固めることになると思います。
何故なら、自動運転車の動きは手動車にとってはイライラこの上ないからです。
なので、自動運転車を無理やり追い越したり、交差点でも向こうが止まることを良いことに、強引に先に行くなどの行為に出ると思います。
自動運転車を妨害したら罰金とか(カメラで撮られて後から通知が来る)にしないと、自動運転車は走行できなくなります。
人や自転車が撥ねられても、自動運転車は悪くないという法律も必要ですね。

さて、そのような手動運転車にとって益々窮屈な時代が訪れたら、クルマ離れは加速するでしょうね。
では、その後自動運転車で道路が満たされるようになるかというと、きっとそんなことはないでしょう。
今の市場に出回っている台数のクルマが存在することはできないと思います。

例えばですが、ちょい停めの有料駐車場は燃料代より高いです。であれば、自動運転でその辺を走らせておいて、自分は用事を済ませるなどの行為に出るでしょう。
そうなれば、道路上に存在するクルマの数は、絶対的に増えます。人が乗っていないクルマが走るのですから。
人が乗っていない状態では走行させてはいけないという法律を作るのは難しいですよね。それこそレベル5の意味がない。
だからと言って駐車場を安くしたり無料にしたら、こんどは自動運転車による駐車場待ちで大渋滞になるか、駐車場待ちの停車を許容しないなら空くまでグルグル回り続けるクルマで道が溢れますよね。そんな自動運転車を使おうとしますかね。

ということで、上記はレベル5の自動運転時代の想像の一部でしかありませんが、クルマ離れは加速するとしか思えないです。
というか、冒頭の通り、そういう時代は絶対に来ないと思っています。いい加減、実現できない夢をネタにするのは止めにしてもらいたいです。(2018/10/04 10:00)

オススメ情報

「『トヨタ物語』外伝」のバックナンバー

一覧

「自動運転になればクルマに乗る人は増えるのか」の著者

野地 秩嘉

野地 秩嘉(のじ・つねよし)

ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポ、ビジネス、食、芸術、海外文化など幅広い分野で執筆。『TOKYOオリンピック物語』でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ここで取り上げられている自動運転はレベル5ですので、実現は不可能と考えています。
無理やり実現させるとすれば、手動運転車(者)に相当な無理をさせる法律で固めることになると思います。
何故なら、自動運転車の動きは手動車にとってはイライラこの上ないからです。
なので、自動運転車を無理やり追い越したり、交差点でも向こうが止まることを良いことに、強引に先に行くなどの行為に出ると思います。
自動運転車を妨害したら罰金とか(カメラで撮られて後から通知が来る)にしないと、自動運転車は走行できなくなります。
人や自転車が撥ねられても、自動運転車は悪くないという法律も必要ですね。

さて、そのような手動運転車にとって益々窮屈な時代が訪れたら、クルマ離れは加速するでしょうね。
では、その後自動運転車で道路が満たされるようになるかというと、きっとそんなことはないでしょう。
今の市場に出回っている台数のクルマが存在することはできないと思います。

例えばですが、ちょい停めの有料駐車場は燃料代より高いです。であれば、自動運転でその辺を走らせておいて、自分は用事を済ませるなどの行為に出るでしょう。
そうなれば、道路上に存在するクルマの数は、絶対的に増えます。人が乗っていないクルマが走るのですから。
人が乗っていない状態では走行させてはいけないという法律を作るのは難しいですよね。それこそレベル5の意味がない。
だからと言って駐車場を安くしたり無料にしたら、こんどは自動運転車による駐車場待ちで大渋滞になるか、駐車場待ちの停車を許容しないなら空くまでグルグル回り続けるクルマで道が溢れますよね。そんな自動運転車を使おうとしますかね。

ということで、上記はレベル5の自動運転時代の想像の一部でしかありませんが、クルマ離れは加速するとしか思えないです。
というか、冒頭の通り、そういう時代は絶対に来ないと思っています。いい加減、実現できない夢をネタにするのは止めにしてもらいたいです。(2018/10/04 10:00)

自動運転車が、普及すると。
その中身は漫画喫茶=ゲーム喫茶の部屋のようなものになるでしょうね。購入を考える若い人はきっとこう質問するでしょう。「ところでPCとソフトはオプションなの?」「やっぱりレンタルで十分かな?」「ベッド機能がないと眠れないなあ」「プライバシーは守られているの?」個室である事が最大のメリットになり、時を過ごせばどこでもドアのように、ドアの外には違う空間が、広がっているものになるのでしようね。人気スポットに行くにしても、車中2泊現地一日の旅行が流行るかもしれません。(2018/08/15 17:53)

必要に迫られれば運転はするが、あえて所有したり目的もなくドライブしたいと思う若年層は確実に減っている。ただリスクをとりたくないと言う人もいれば、そんな余裕ないと言う人、面白くなさそうと言う人、色々いるのでステレオタイプ的に決め付けられない。
メーカーも日本市場は中途半端を通り越して、もはや魅力のない市場と映っているので、日本向けの開発ではなく世界戦略車を日本でも売ってやるかってことになっている。自動車産業に期待しすぎるのは危険だと言うことをまだまだ信じたくないおじさん連中がいるのでやっかいなだけだろう。(2018/08/14 13:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長