• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お金のプロが激論!幸せ老後のためすべきこと

「毎月10万円稼ぐ」が老後を豊かにする

2018年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

運用なんて一切考えない方がいい

えっ!150万円しかなかったのですか!!

大江:私の場合は色々な事情があって、退職時の預金そのものはそれぐらいしかありませんでした。でも私は企業年金制度のある会社に勤めていましたので、それがどういうもので、どういう仕組みになっていて、どれぐらいもらえるかということは把握していました。そこでほとんど預金はなくてもそれほど心配はないと思っていたわけです。もし私がそういう企業年金のない会社に勤めていたとしたら、多分もっと早くからいろんな準備をしてなきゃいけなかったと思いますけれど。

 あと、よく運用で老後資金を殖やすという話もありますけど、お金に働いてもらうよりも自分で働く方が確実ですよ。運用なんて一切考えないほうがいいです。考えるべきじゃありません。

 例えば、今、井戸さんの話で月10万円ずつ足らないという話がありました。1年間で120万円でしょう。120万円のお金を1年間で運用で稼ごうと思ったら、今の定期預金の金利水準で考えると120億円ないと120万円もらえないんですよ。ありえないでしょう、そんな話。株式投資だって不確実なものですし。働いて月10万円稼いだ方が手っ取り早いですよ。

 結局、高齢者というのは「お金がほしい」じゃないんですよ。「購買力がほしい」んです。だから一番怖いのはインフレです。インフレになると、いくらお金があっても物が買えなくなってしまうから。だから、運用は「インフレになっても十分に対応できるだけの購買力を確保する」ためのものと考えるべきですね。

年金が減るのは分かっていること

これからの年金給付は抑制の方向に動いています。今の若い人はもう少し早くから準備しておかなきゃいけないかなと思うんですけど、いかがですか。

井戸:年金制度そのものがなくなることはありえないでしょう。だけど、物価の動向によってはそのお金が持つ価値というのは変わる可能性は高いわけですよね。それも、急激なものではなくじわじわと変わってくる。

 だから、自分でちょっとずつこつこつとお金を貯めて、自分で年金みたいなものをつくっておくことが一番大事なのではないでしょうか。40代、50代の人は、今、稼げるときにちょっと将来のお金を先送りで貯めておく。それから、いつまでも働けるだけのスキルを持つことです。どこでも通用するように働くことを頭に入れて欲しいですね

大江:確かに年金は減る可能性はあるとは私も思うんです。だけど、年金というのは行列しているラーメン屋みたいなものなんですよ。並んでいる人が、ずっと並んでいたのに途中から「はい。ここまで。ここから先の人にはラーメンは1つもあげません」と言われたら、これは怒りますよね。暴動が起きますよね。

はい。

大江:そんなふうにはなっていないんですよ。どういうふうになっているかというと、みんな並んでいるんだけれども、「はい。ここまでの人は全部ありますけど、ここからの人はチャーシュー2枚が1枚になります。それでもいいですか」と。次は「チャーシューがなくなっちゃうんですけど、それでもいいですか」となって、最後はスープだけみたいな。わかりやすく言えば、そういうことなんですよ。

 要するに、途中でいろいろ制度が変わっていくことはもちろんあり得るわけですけれども、急には変わらないんですね。だって、これまでだって、年金の受給開始年齢を60歳を65歳ににすることを20年ぐらいかけてやってきたわけですから。

井戸:変化は徐々にやってきます。だからその間に、入っているお金が2割減、3割減になっても大丈夫な自分のシステムをつくっておくことに尽きます。

コメント14件コメント/レビュー

実情が全くわかっていないように思われる。
退職金制度も理解していない。退職金が150万うんうん企業年金をしらなっかた。
そういう人がアドバイスしていいものだろうか?(2018/02/22 13:42)

「幸せ100歳達成法」の目次

オススメ情報

「お金のプロが激論!幸せ老後のためすべきこと」の著者

武田 安恵

武田 安恵(たけだ・やすえ)

日経ビジネス記者

大学院卒業後、2006年日経ホーム出版(2008年に日経BPと合併)に入社。日経マネー編集部を経て、2011年より日経ビジネス編集部。主な担当分野はマクロ経済、金融、マーケット。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

実情が全くわかっていないように思われる。
退職金制度も理解していない。退職金が150万うんうん企業年金をしらなっかた。
そういう人がアドバイスしていいものだろうか?(2018/02/22 13:42)

「定年退職時、150万円しかなかった私なんかどうなるんですかという話ですよね。
でも私は企業年金があるのでほとんど預金はなくてもそれほど心配はない。」
「運用なんて一切考えないほうがいいです。今の定期預金の金利水準で考えると120億円ないと120万円もらえないんですよ。」

・・・なんか、もう読まなくていいと思った。(2018/02/20 18:07)

私たちはお金が無くては生きられない現代社会に生きていることは確か。しかし、生きる=お金 とはいかにも悲しい。人は何のために働くのか?お金を稼ぐため?より多く稼いで、より物質的に豊かな生活をするため?・・・と単なる欲望を満たすために働くのか。

では、何のために生まれてきたのか?何をするために?そして生涯時間の中で、どれだけ働くことに時間を掛けてきたかを考えてみると、人生=働くこと と言っても決して過言ではない。
生きること=働くこと=世の中の役にたつこと。そのために自分は生まれてきた。そう思いたい。

その役立ち度に見合ったお金が後を追ってくる。60歳を過ぎて、収入が5万円/月の収入でしかなかったとしても、何も役立たずよりはマシ。もちろん、健康的に役に立てないときだってある。自己収入ゼロになったときこそ、素直にお国の制度の世話になれば良い。

そのように思って既に8年を経過。「働くこと=生きること」です。一生、働き通してやろうと思っています。(2018/02/20 13:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官