• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「就業者」急増は、消費底入れの前兆か?

64カ月連続で増加し、過去最高の更新まであと一歩

2018年6月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

旅館やホテルの価格を見直すチャンスにもなる(写真:tdub_video/Getty Images)

「就業者数」「雇用者数」ともに64カ月連続増加

 ここ数カ月、働く人の数が急増している。企業に雇われて働く「雇用者」だけでなく、自営で働く人を含めた「就業者数」が大幅に増えているのだ。人口は減少しているはずなのに、働く人が増えているのはなぜか。景気が良くなる兆しと見ることもできそうだ。

 総務省が発表した2018年4月の労働力調査(5月29日公表)によると、就業者数は6671万人と昨年12月末からの4カ月間で129万人も増加した。1年前の4月と比べると171万人の増加である。

 対前年同月比では、第2次安倍晋三内閣が発足した直後の2013年1月から64カ月連続でプラスが続いている。ピークは1997年6月の6679万人で、あと一歩でこれを更新する。

 働く人の増加は安倍首相が繰り返し自慢するアベノミクス最大の「実績」で、経済が縮小スパイラルに陥った「デフレ経済」からの脱却を示すものとして、強調されている。特に、大胆な金融緩和による円高の是正で、企業収益が大幅に改善。企業が積極的に雇用を増やしたことが背景にあるのは間違いない。

 「雇用者数」も同じく64カ月連続で増え続けており、2012年12月の5490万人からこの4月は5916万人と、426万人も雇用が生み出された。リーマンショック後の状況から一変。今では新卒者に企業が群がり、人材獲得競争が激しさを増している。

 5年以上にわたって続く雇用者の増加だが、ここへきて、大きな変化が見られる。年明けからの増加率が著しいのだ。対前年同月比で見ると、1月1.5%増→2月2.1%増→3月2.5%増→4月2.8%増と2%を超す伸びになっている。この5年で2%を超えたのは2月が初めてで、しかもそれ以来3カ月続いているのである。

 いったい何が起きているのか。

 一つの大きな特徴は「非正規」の伸びが急増していること。実は2016年10月から昨年12月までの15カ月中、14カ月は「正規」の伸び率の方が「非正規」の増減率を上回っていた。それが今年に入って再逆転しているのだ。しかもその伸び率が尋常ではない。対前年同期比で1月3.5%増→2月5.7%増→3月5.7%増→4月5.0%増といった具合だ。

「非正規」雇用の伸びが「正規」を圧倒している

コメント6件コメント/レビュー

日本ぐらいの観光資源の多い国なら、欧米諸国だと観光客が年間5000万人ぐらい訪れても不思議ではない。そういう意味で観光業、小売業、外食産業はまだまだ伸びてもおかしくない。幸いなことにアジア諸国の所得が伸びて訪日観光が一般的になってきた。少子高齢化と人口減少の日本にとってはベストタイミングといえる。安倍政権のタイムリーな政権運営に素直に感謝したい。(2018/06/18 18:38)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「「就業者」急増は、消費底入れの前兆か?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本ぐらいの観光資源の多い国なら、欧米諸国だと観光客が年間5000万人ぐらい訪れても不思議ではない。そういう意味で観光業、小売業、外食産業はまだまだ伸びてもおかしくない。幸いなことにアジア諸国の所得が伸びて訪日観光が一般的になってきた。少子高齢化と人口減少の日本にとってはベストタイミングといえる。安倍政権のタイムリーな政権運営に素直に感謝したい。(2018/06/18 18:38)

就業者は確かに増えていますが、同時に年金生活者も増えていますからねえ。
就業者に加えて年金生活者の所得も増えないと消費が大幅に改善する事は考えづらいです。
まあ、多くの年金生活者も就業しているんでしょうが、賃金が右肩上がりの仕事をしているとは思えないですし。(2018/06/15 18:00)

旅館の割安さについて触れているが、外国人が本当に2食、特に夕食を本当に求めているのかは、その旅館が生き残っていく上で真剣に考えるべき重要な選択肢でしょう。人が足りず近隣の美味しいお店を紹介した方が宿泊客に喜ばれるかもしれないし、朝食のみの準備なら従業員の負荷も減らせる。今後増えるであろう外国人観光客の多くはおそらくはアジアからの来訪で外食文化の強い国が多いだけに、朝食のみ提供するなど得意分野に特化した方がいいような気がします。(2018/06/15 10:52)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長