• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き方改革で所得が「3%」減る?

残業減らしても所得を維持する仕組みが不可欠

2017年9月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

残業規制が強まると、官庁街やオフィス街の夜の風景も変わるのか。(写真:毎日新聞社/アフロ)

月60時間の残業規制で、所得は8.5兆円減少

 「残業代が無くなったら生活できない」――。

 いくら、長時間労働の是正を政府が声高に叫んでも、日本の会社から残業が無くならない最大の原因は、働く側のそうした「本音」にある。効率的に仕事を終わらせて定時に帰るよりも、毎日一定の残業をした方が「手取り」が増える。逆に、残業を止めれば手取りが減ってしまうのだ。

 長時間労働の撲滅を目指しているはずの労働組合も、労使交渉で「残業代は生活給の一部だ」などと主張したりする。過労死するような不本意な残業はともかく、そこそこの残業ならば、むしろ歓迎なのだ。

 だから、子育てや介護などで、本気で定時に帰らざるを得ないような状況に直面すると、「敵」は会社や経営者ではなく、同僚や労働組合ということになる。何せ、本音では残業をしたいと思っている人が少なくないのだ。

 「残業規制で所得8.5兆円減、生産性向上が不可欠」

 そんな記事が多くのメディアで報じられ、話題を呼んでいる。数値は大和総研が試算したものだ。政府が推進する働き方改革によって、国民の所得が減る可能性があるというのだ。長時間労働を是正すれば、その分残業代が減り、個人消費に逆風になる――。長時間労働は是正すべきだ、という「あるべき論」ではなく、いわば「本音」を数字で示した素晴らしい試算だ。

 計算は単純だ。安倍晋三内閣の「働き方改革」によって1人あたりの残業時間が月60時間に制限されれば、労働者全体で月3億8454万時間の残業が減少、それに時間当たりの残業代を乗じると、年間で8兆5000億円に相当するというものだ。この金額は雇用者報酬の全体の3%にあたる。

 この試算は、大和総研が8月17日に発表した「日本経済予測」の中に盛り込まれている。四半期ごとに公表している景気の先行き見通しで、今回は「経済成長の牽引役は外需から内需へ」というのがタイトルだ。

 政府が発表した2017年4~6月期の実質 GDP(国内総生産)成長率が前期比年率で4.0%増(前期比1.0%増)と予想以上の成長になったことについて、「個人消費、設備投資、 住宅投資、政府消費、公共投資といった主要内需項目が全て成長に寄与した」とする一方で、「前1~3月期に続き、成長の牽引役が内需に交代している点は注目に値する」としている。そのうえで、今後もしばらくはこうした内需主導の経済成長が続くと予測している。

コメント19件コメント/レビュー

今の日本の企業風土では、高プロ制度を悪用して名ばかり管理職が増えるだけですね。
この学者さん?は、日本の労働環境を肌で感じてないから、こんな世迷い事が言えるんでしょう。(2017/10/06 23:55)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「働き方改革で所得が「3%」減る?」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今の日本の企業風土では、高プロ制度を悪用して名ばかり管理職が増えるだけですね。
この学者さん?は、日本の労働環境を肌で感じてないから、こんな世迷い事が言えるんでしょう。(2017/10/06 23:55)

働き方改革。。。改革と銘打つなら
1.本社で何の生産活動もしないのに、無駄に遊んでいる奴らを首にする(生産性向上)
2.本社から確認の確認を押し付けられた無駄な業務を廃止する(業務効率化)
3.すべての社員を毎日特定の建物に集結させる行為を改める(働き方改善)

人の倍以上仕事していても、途中で帰れるな~1時間寝て仕事した方が効率良いな~
と思う事は多々あっても、みんなと同じように(定時の出退社)が必須と言う日本の
宗教的背景(社会風土)があると、どうしようもないんですよね~
※なので、この手の会議に出ても話し合いが下らないことに終始する(2017/09/13 10:24)

こじつけの結論としか言いようがありません。
生産性の低さを労働者の問題とするのは、全くの誤認と考えます。
残業時間の規制と人件費との関連のみの議論のみで、現状の「働き方改革」にはドイツのように
有給休暇の取得による年間の総労働時間を抑制させる。といった視点での議論が全くありません。
まず日本においても総労働時間をドイツ以下に抑制すべきです。その上で経営者はそのリソース
内で業務の優先順位を考慮して、スケジュールを立てる。
賃金を減らすのではなく、無駄な仕事を減らしてコストダウンを図る。それだけの事です。(2017/09/04 13:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)