• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

選挙後の課題は、待ったなしの「生産性革命」

日本企業の付加価値を増やす「働き方」の抜本改革

2017年9月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

衆議院解散を正式表明した安倍晋三首相(写真:毎日新聞社/アフロ)

消費税の使い方が解散の「大義」に

 誰も異論のない「人づくり」を掲げて、安倍晋三首相は衆議院の解散・総選挙に踏み切った。ここ3年、政策の柱としてきた「働き方改革」の総仕上げとも言えるが、これで日本経済は成長力を取り戻すことになるのか。

 9月28日に召集された臨時国会の冒頭、衆議院は解散された。10月22日投開票で総選挙が行われる。突然の解散総選挙に野党側からは「大義なき解散」といった批判の声が上がったが、解散前の9月25日に行った記者会見で安倍首相は、まがりなりにも解散に踏み切る理由を説明した。

 「この5年近く、アベノミクス改革の矢を放ち続け、ようやくここまで来ることができました」

 安倍首相はアベノミクスの成果を自賛した後で、こう付け加えた。「今こそ最大の壁にチャレンジするときです」

 安倍首相が言う最大のチャレンジとは何か。

 「急速に少子高齢化が進むこの国が、これからも本当に成長していけるのか。この漠然とした不安にしっかりと答えを出してまいります。それは、生産性革命、そして人づくり革命であります。この2つの大改革はアベノミクス最大の勝負です」

 そのうえで、2020年度までの3年間を「生産性革命集中投資期間」と位置づけ、企業に設備投資や人材投資を促していくとし、税制や予算、規制改革を大胆に実施していくことを表明した。

 では、なぜ解散なのか。安倍首相は、2019年10月に予定する消費税率10%への引き上げで生まれる財源を「人づくり」に充てるとした。現行の8%から2%引き上げ、5兆円強の税収増を見込むが、現状では5分の1は社会保障の充実に使い、残りの5分の4は借金の返済に充当することになっている。この借金返済分の一部を「子育て世代への投資」などに充てるよう変更するとしたのだ。国民との約束を変更するのだから、解散総選挙で「信を問う」のは当然のことだ、という論理である。

 選挙を戦うに当たって掲げた「大義」としては見事という他ない。安倍内閣のブレーンたちの間では今年6月ごろから、消費増税の先送りを主張する声が強まっていた。回復途上にあるとはいえ、まだまだ力強さが足らない景気に悪影響を及ぼすというのがその理由だ。だが、それでは財政再建派を完全に敵に回すことになる。野党からも「約束を反故にした」と批判されることが明白だった。

コメント3件コメント/レビュー

就労者数や国内総生産をどのように計算するのか、先進各国の数値の取り方が異なるのに、一律に比較するのはどうかという問題点は置いといて、「付加価値を生まない作業はやめ、付加価値を生む作業にだけ時間をかける。端的に言えば、これが生産性革命だ。」というのはその通りだと思います。
「付加価値を生まない作業」が多いことが一番の問題です。宅配業者が赴いたが不在だった場合のコスト、クレーマー対応へのコスト、上司の意向を忖度して無駄な作業を行うコスト、無理を通そうと変な理屈を考えるコスト。こういったコストをカットすることで生産性はかなり上がるのではないでしょうか。
それは、日本的な空気を読む、お客様は神様です的な対応をやめることで確保できると思います。日本的働き方というより、日本的対人関係の見直しが重要だと思います。(2017/11/05 12:54)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「選挙後の課題は、待ったなしの「生産性革命」」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

就労者数や国内総生産をどのように計算するのか、先進各国の数値の取り方が異なるのに、一律に比較するのはどうかという問題点は置いといて、「付加価値を生まない作業はやめ、付加価値を生む作業にだけ時間をかける。端的に言えば、これが生産性革命だ。」というのはその通りだと思います。
「付加価値を生まない作業」が多いことが一番の問題です。宅配業者が赴いたが不在だった場合のコスト、クレーマー対応へのコスト、上司の意向を忖度して無駄な作業を行うコスト、無理を通そうと変な理屈を考えるコスト。こういったコストをカットすることで生産性はかなり上がるのではないでしょうか。
それは、日本的な空気を読む、お客様は神様です的な対応をやめることで確保できると思います。日本的働き方というより、日本的対人関係の見直しが重要だと思います。(2017/11/05 12:54)

労働生産性を上げるって要するに、消費者が困ろうが、儲かっているなら人手は最小限にするという事です。
日経ビジネス内の別の記事で有ったように、米国のアマゾンでは荷物を再配送せずに玄関に置きっぱなしにする、プライムじゃないといつ配達されるか分からない、とか、北欧ではスーパーのレジが最小限でお客が行列を作ろうが気にしない、とか、労働生産性向上とはそういう事です。
だから、欧米は日本より生産性が高く、代わりに失業率も高いのです。
生産性向上の手段が人作りなんて幻想も良い所で、生産性向上のカギはいかに手を抜いて金を稼ぐかなので、政府の取組でどうにかなるものではありません。
もっとも、政府の生産性革命の目的も社会保障費が足りないので死ぬまで自分で稼いでねというだけの話なので、政府も幻想である事は良く分かっていると思いますが。(2017/09/29 08:52)

まずは印鑑を廃止してはどうでしょう。
このくらいやらないと働き方は変わらないと思います。(2017/09/29 08:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長