• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大阪・あいりん地区の「働き方改革」に挑む

最貧困地域の再生に奮闘、鈴木亘・学習院大学教授に聞く

2016年12月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の「労働政策」の吹きだまりとも言えるのが大阪・西成区のあいりん地区(釜ヶ崎)である。高度経済成長を支える労働力を提供した日雇い労働者の高齢化が進み、いまやこの地区の2.5人に1人が生活保護を受けているという。そこに切り込んだのが橋下徹市長(当時)。「西成特区構想」をぶち上げ、改革の象徴として日本の最貧困地域の再生に手を付けた。ひょんな事からその最前線に立った鈴木亘・学習院大学経済学部教授に聞いた。
大阪市西成区のあいりん地区(釜ヶ崎)で、無料の夕食の配給に並ぶ労働者の人たち。(写真:AP/アフロ)

3年8カ月間、「西成特区構想」に取り組んだ記録

鈴木先生は『年金は本当にもらえるのか?』(ちくま新書)など社会保障関連の話題書をいくつも書かれていますが、今度は『経済学者 日本の最貧困地域に挑む ~あいりん改革 3年8カ月の全記録』という興味深い本を上梓されました。

鈴木亘(すずき・わたる)氏
学習院大学経済学部教授
1970年兵庫県生まれ。1994年上智大学経済学部卒業、日本銀行入行。考査局経営分析グループなどで勤務。1998年日本銀行を退職し、大阪大学大学院博士課程入学。1999年経済学修士(飛び級)、2000年同大学社会経済研究所助手、2001年日本経済研究センター研究員、2001年経済学博士。大阪大学大学院国際公共政策研究科助教授、東京学芸大学教育学部助教授、2008年学習院大学経済学部准教授などを経て2009年同大学教授(現職)。2012年3月から大阪市特別顧問。2016年9月から東京都特別顧問。著書に『だまされないための年金・医療・介護入門』(東洋経済新報社)、『社会保障の「不都合な真実」』(日本経済新聞出版社)、『成長産業としての医療と介護』(八代尚宏氏との共編、日本経済新聞出版社)など。

鈴木 2012年の3月から2015年11月までの3年8カ月の間、当時の橋下徹・大阪市長の下で進められた「西成特区構想」に、私自身が取り組んだ記録です。

 大阪市西成区にある「あいりん地区」、地元の人たちは釜ヶ崎と言いますが、そこは日雇い労働者の町で日本の最貧困地域です。1970年の大阪万国博覧会などに向けた建設需要が旺盛だった頃に労働力の一大供給拠点となった場所ですが、労働者の高齢化も進み、バブル崩壊後は景気悪化にさらされていました。この地区には2万人が住んでいますが、実際には2万5000人ぐらいと言われ、そのうち1万人が生活保護で暮らしています。何と2.5人に1人が生活保護です。

 改革が始まる前は、猛烈に荒れており、そこらへんで堂々と覚せい剤を売っている売人がいたり、不法投棄ゴミが散乱していたりと、それはすさんだ町でした。ゴミと酒と立小便の異臭が立ち込めていたのです。ホームレスだけでなく、部落差別問題や在日問題などがないまぜになった場所で、それまでの首長や役所は手が付けられない場所になっていました。橋下市長はその象徴のような場所、橋下流に言えば「センターピン」を全力で解決するという姿勢を打ち出したわけです。

コメント5件コメント/レビュー

おやまあ、ほめられてますね。東京都のお役人さん。

要するに
「徹頭徹尾、自分たちの立場を守るために
 尻尾が出ないように、最大限の配慮をすることができる
 とても有能な職員であるよ。」
「ただし、住民のためになど、働く気は毛頭ないけどね」
ってことか。。。
少なくとも、幹部連中は。

終わってるねぇ。。。
橋下さんに噛み付いてた大阪府市のおっちゃんたちが
可愛く見えて来ますね。(2016/12/27 13:27)

オススメ情報

「働き方の未来」のバックナンバー

一覧

「大阪・あいりん地区の「働き方改革」に挑む」の著者

磯山 友幸

磯山 友幸(いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

ジャーナリスト。1962年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。日本経済新聞で証券部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め2011年3月末に独立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

おやまあ、ほめられてますね。東京都のお役人さん。

要するに
「徹頭徹尾、自分たちの立場を守るために
 尻尾が出ないように、最大限の配慮をすることができる
 とても有能な職員であるよ。」
「ただし、住民のためになど、働く気は毛頭ないけどね」
ってことか。。。
少なくとも、幹部連中は。

終わってるねぇ。。。
橋下さんに噛み付いてた大阪府市のおっちゃんたちが
可愛く見えて来ますね。(2016/12/27 13:27)

2008年のリーマンショックのあと日本各地でホームレスがあぶれてその時はまだ生活保護等のセイフテイネットが全くといって良いほどなかった。それで大阪のあちこちで炊きだしがあり西成や野宿者が自転車で毎日、必ずどこかで弁当等の炊きだしがあったので集まり防寒衣類等も配られた。市内の
各地の炊きだしは命綱のようであった。2年位経ると殆どが生活保護を受け、貧困ビジネスのお世話になっていた。私は古い人間だから昭和30年代頃見たホームレスは皆たばこの吸い殻を大事に集めていたのに現代のホームレスはポイ捨てであった。生活保護を申請するのがいやなホームレスも
かなりいた。ホームレスをしに関東地方から関西にきている人や精神的な問題で自分を表現出来ない人
が多かった。リーマンショックのような恐慌に近い経済状態がつずくと各地で炊きだしが必要になり
そんな状態を全く関知しない人や相対貧困出でなく絶対貧困として認めたがらない人が多い。炊きだし経験者より。(2016/12/26 12:12)

コメントではなく確認ですが、覚せい剤の売人を一層したとこですが、「県警本部長に掛け合って」ではなく「府警本部長に掛け合って」ではないでしょうか。(2016/12/26 10:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官