• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

さらばメガソーラー、「自家消費」が拓く新時代

ソーラーフロンティアが描く成長戦略

  • 山根 小雪=日経エネルギーNext

バックナンバー

[3/3ページ]

2018年8月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント5件コメント/レビュー

「太陽光発電」と「メガソーラー」は、分けて考えるべきだと思っている。「メガソーラー」は、立地において農業と競合し、廃棄コストもあり、しかも、災害に弱いことが今般の西日本豪雨でも明らかになった。少なくとも、日本においては、本義としての再生エネルギーと捉えるにはマクロ的に難が多すぎるようだが。(2018/08/03 17:32)

オススメ情報

「From 日経エネルギーNext」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「太陽光発電」と「メガソーラー」は、分けて考えるべきだと思っている。「メガソーラー」は、立地において農業と競合し、廃棄コストもあり、しかも、災害に弱いことが今般の西日本豪雨でも明らかになった。少なくとも、日本においては、本義としての再生エネルギーと捉えるにはマクロ的に難が多すぎるようだが。(2018/08/03 17:32)

我が家の屋根にも4KWの太陽光発電器が乗っているので、太陽光発電関連の記事は必ず目を通している。私の太陽光に関する不安といえば、FITの10年間が終了した後どうなるのか、である。個人的には、買い取りが終了した場合、蓄電池を購入して全量自家消費する積りにしている。その場合の問題は、発電量の多い期間は発電量が消費量を5割程上回っている事だ。我が家は3年前に改築した建坪30坪の小さな家だが、その割に屋根の南斜面は面積が広くなるように設計してもらったので、40KW分のパネルが乗っている。窓は全てペアガラスで間に特殊なガスが入っていて、断熱効果も高いので冷暖房の効率も良い。後7年が過ぎる前にEVに乗り換えられれば、全ての問題は解決するが、現時点ではEVの値段は『高い!』。期待しているのは超小型EVで百万円程度で買えれば一番良い。もう直ぐ70歳だし、7年後には長距離運転はしないと思うので、市内のジム通いや買い物の様な短距離運転専用で超小型EVの発売を心待ちにしている。数年前までは『2016年までには発売』と言われていたのに、2018年夏になっても予兆すら聞こえてこない。超小型EVは一体どうなってしまったのか?超小型であればEVの最大の弱点である、『重くて高い』を半減できるし、それで多くの台数が『二台目の自動車』として売れればEVの底辺を広げる役割も果たせるのに!通産省もメーカーも、商品化をさっさと進めて欲しい。(2018/08/03 13:29)

初期投資が不要で10年後には無償譲渡、と良い事の様に見えるが、未だ20年保てば良いソーラーパネルの廃棄負担を押し付けた風にも見えます。パネルの残り寿命による発電でのメリット、廃棄コストと天秤に掛けて、よく考えた方がいいでしょうね。(2018/08/03 12:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官