• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北海道のブラックアウト、なぜ起きた?

電力需要の半分を賄っていた苫東厚真発電所が落ちた

2018年9月8日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 まさか日本で「ブラックアウト」が起きるとは――。

 9月6日午前3時8分頃、北海道胆振(いぶり)地方を震源とする地震が発生。北海道全域で全域停電、いわゆるブラックアウトが起きた。一時は、北海道内のほぼ全世帯に当たる295万戸で停電した。

北海道で震度7  地震で停電したままの札幌市中心部=6日午後6時38分(出所:共同通信イメージズ)

 ブラックアウトの発生は、9電力体制のスタート以来、初めてのことだ。東日本大震災によって東京電力・福島第1原子力発電所事故が発生し、津波で太平洋沿岸部の発電所が被災した時でさえ、ブラックアウトは起きなかった。

 では、なぜ今回、ブラックアウトが起きたのか。原因を端的に言えば、北海道電力・苫東厚真火力発電所(厚真町)の一極集中だ。

 苫東厚真は石炭火力発電所で、3機合計で定格出力が165万kW。道内最大規模を誇る。北海道電力によると、地震発生時、道内需要310万kWの約半分を苫東厚真が賄っていたという。

 電気は貯めることができない。常に需要(電力の使用量)と供給(発電量)を一致させておく必要がある。今回のように、需要は変わらないのに供給が減ると、過負荷の状態となり、周波数が低下する。

 周波数の低下は、停電発生を意味する。各変電所に設置してある周波数低下防止装置(UFR)が、周波数が一定値以下になったことを検知すると、停電が他の地域に広がらないように系統を遮断する。停電しているところに電気が流れると通電事故が発生したり、設備が損傷してしまうためだ。一方、発電所も周波数の低下を検知すると、自動で停止し、系統から自らを切り離す(解列する)。

 今回、震源地の近くに立地する苫東厚真火力発電所は、かなり揺れたはずだ。地震発生からほどなくして苫東厚真発電所は停止しただろう。その瞬間に、道内の供給は一気に半分に落ち込み、周波数が急激に低下した。

 北海道は人口も少なく、電力需要自体が小さい。北電が発表した9月7日の最大需要予測は380万kW。例えば、東電の最大需要は4700万kW弱。北電エリアの10倍以上だ。仮に東電エリアで苫東厚真と同規模の発電所が停止したとしても、供給の急激な落ち込みにはならない。

 地震発生が深夜で、電力需要が日中よりも小さく、他の発電機の稼働が少なかったことも、苫東厚真の脱落の影響度を大きくした。通常であれば、他の発電機が周波数の低下を検知して、出力を上げるなどの動きをする。だが、今回は苫東厚真の脱落分を回復させる手立てがなかった。

 こうして苫東厚真発電所の周辺部から、周波数の低下は徐々に道内に広がった。いくら系統を遮断しても、需給のバランスは取れず、ドミノ倒しのように停電エリアが広がっていった。同時に、発電所も連鎖的に停止した。こうして、北海道はブラックアウトしたのだ。

コメント66件コメント/レビュー

地震で送電線などに障害が発生するのは理解できるが、発電所内部のどの部分に障害が発生したのか?その障害は、想定外の内容なのか?地震が発生したら、発電停止は、機器保護の為必要とは思いますが、今回は、機器保護の停止ではなく、機器損壊だったのでしょうか?機器保護装置はどのようになっていたんでしょうか?分析が待たれます。(2018/09/27 07:39)

オススメ情報

「From 日経エネルギーNext」のバックナンバー

一覧

「北海道のブラックアウト、なぜ起きた?」の著者

山根 小雪

山根 小雪(やまね・さゆき)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日経エコロジーを経て、2010年1月から日経ビジネス記者。エネルギーを中心に、自動車や素材など製造業を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

地震で送電線などに障害が発生するのは理解できるが、発電所内部のどの部分に障害が発生したのか?その障害は、想定外の内容なのか?地震が発生したら、発電停止は、機器保護の為必要とは思いますが、今回は、機器保護の停止ではなく、機器損壊だったのでしょうか?機器保護装置はどのようになっていたんでしょうか?分析が待たれます。(2018/09/27 07:39)

>外部電源は通常電源。
>補助のディーゼル発電機は非常電源。
>従って電源喪失により、非常電源で急場を凌いだ。と言えます。
>その程度の事も理解できない揚げ足取りは、まさに”ボーっと生きてんじゃねえ!”。(笑)

外部電源喪失という事態を想定して事前に設置されていたディーゼル発電機が想定どおりに機能し何事も無く終わった。
この事の何が問題なんだろう?
全くわからん。
ひょっとして、反原発主義者って5歳児以下の知能しか・・・。(2018/09/22 00:38)

既に在る原発は稼動していようが停止していようがリスクは変わらない。しかも稼動していれば発電するが、停止中には電力を消費する。
今回、この原発を安全に停止させておくために必要な電力が停まったのでヤバかった訳だが、ただ反対を唱える原発アレルギー患者共はこの事実を理解できないみたいだね。

電力が足りなくて困ってるなら稼動させようってのはごく普通の考えだと思うし、せめて寿命までは使い切ろうと考えないのかね。
ついでにプルサーマル発電して長期保管物質を大幅削減した方が断然マシ。10万年保管とか言っている廃棄物を30年程に短縮できる。

できちゃったものを何とかしろと言ってもしょうがない。後始末を考えた方が良いのじゃないの。(2018/09/20 18:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私はずっとバランスシートを重視し、公私を厳しく区別することを経営の根幹にしている。

岡田 卓也 イオン名誉会長相談役