• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

医師3484人に聞く「遠隔診療どう思いますか?」

自ら行う気はないが患者の利便性には期待

  • 加藤勇治=日経メディカル

バックナンバー

[1/4ページ]

2016年4月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 遠隔診療はへき地、離島に住む住民向けのサービスが中心だったが、2015年8月に厚生労働省から出された事務連絡通知「情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について」を受けて、最近、様々な企業が遠隔診療をサポートするサービスを始めた(関連記事)。

 この通知は、遠隔診療が認められる要件を改めて周知するために出されたもので、「離島、へき地の患者」はあくまで例示であり、「患者側の利点を十分勘案した上で、直接の対面診療と適切に組み合わせて行われるとき」は「直接の対面診療を行った上で、遠隔診療を行わなければならないものではない」と記している。これを、事実上の遠隔診療解禁と受け取った企業や医療機関が遠隔診療に参入し始めたというのが現状と言える。

 日経メディカル Onlineの医師会員に遠隔診療への関わり方と考えについて調査を実施。3484人から回答を得た。

 まず「住民向けの遠隔診療に関わっているか」を聞くと、多かったのは「所属医療機関の方針に従う」(26.6%)、「全国的な動向を見たい」(25.3%)、「遠隔診療サービスを行うつもりはない」(23.6%)。一方、「都市部の住民向けに既に遠隔診療を行っている」(1.5%)、「遠隔診療サービスを開始すべく、現在、準備を進めている」(1.9%)、「興味があるので自ら調べたり、サービス提供会社に問い合わせしている」(3.1%)と遠隔診療サービスを提供、もしくは提供に前向きという回答は少ない。総じてまだ様子見と言えるだろう。

図1 住民向け遠隔診療に関わっているか(選択肢から択一回答)

 次に、「遠隔診療による診察について、どう考えるかを聞くと、「患者の利便性が向上するため、推進するべき」(28.6%)という回答が最も多かった。しかし、「診察の基本は『見て聞いて触れて』だと思うので、反対である」(19.2%)、「操作性やセキュリティの面から不安である/使いたくない」(17.1%)を合わせると、積極的な反対もしくは不安に基づく反対が3分の1を占めた。「患者は高齢者が多く、遠隔診療による診察はなじまない」と回答したのは13.1%。患者側の情報機器に対する習熟度を懸念する声はそれほど多くないのはパソコンやスマホの普及の反映と言えそうだ。

図2 遠隔診療についてどう思うか(選択肢から択一回答)

 なお、「遠隔診療サービスを行うつもりはない」822人の中でも、14%に相当する115人は遠隔診療について「患者の利便性が向上するため、推進するべき」、4%に相当する34人は「施設運営にとってメリットが期待できるため、推進するべき」と回答しており、自らは手がけないものの、遠隔診療サービスが普及することに対して賛意を示す声もあった。

 また、「遠隔診療サービスを行うつもりはない」と回答した医師のうち、30歳代は13.5%、40歳代26%、50歳代40%だったのに対し、「既に遠隔診療を行っていたり開始すべく準備中」、「興味があるので調べたりしている」医師では30歳代17%、40歳代35%、50歳代35%。30歳から50歳代までの間で年代による差はほとんどなかった。診療と利便性に対する考え方が賛否を分けていると言えそうだ。

コメント3件コメント/レビュー

技術革新が急速に進んでおりますので、遠隔診療の問題点の多くはAIによる画像診断が進めば解決するのではないか?ただ、訴訟リスクの懸念はもっともなので、そこは法整備が必要でしょう。(2016/04/13 12:33)

オススメ情報

「医論・異論 from 日経メディカル」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

技術革新が急速に進んでおりますので、遠隔診療の問題点の多くはAIによる画像診断が進めば解決するのではないか?ただ、訴訟リスクの懸念はもっともなので、そこは法整備が必要でしょう。(2016/04/13 12:33)

家族がとある公立病院の勤務医ですが、休みの日にも当直医から電話がかかってきます。当直医では対応できない専門分野について指示を求める場合ならまだしも、直接患者が電話を求めてくるケースもあります。
その場合、仕方なく患者に連絡を取ることもありますが、その際にはこちらの電話番号が知られないよう神経を使います。相手方が電話番号の非通知電話を拒否する設定をしている時は、病院からあらかじめそれを外すよう連絡させます。
というのも、一旦電話番号を知られると、まるで掛かりつけの家庭医のように患者が電話をかけてくるからです。勿論、電話帳には番号を公開せず、メールアドレスもいくつか使い分けています。
IT技術の進歩は喜ばしいことですが、それが私生活を侵害し、四六時中仕事に追われることがなきよう注意が必要です。いったん便利なサービスに慣れるとそれが当たり前と診療を要求するモンスター患者もいますから。(2016/04/13 12:24)

知っている人はより深い理解と啓発を― 知らない人は覚えてね― と何処かで耳にしたことのあるキャッチコピーをもじって先ず伝えたい。"遠隔診療”などと突然聞かされる人たちには、不安やそのような方法で生命にかかわる医療を任せられないとなるに違いない。遠隔という言葉に昔ながらの医師の聴診器による、平手を患者の胸に当て、片方の指でその平手の甲を叩いて下された診断の景色は今や目にできなくなっていることを,どれだけの人たちが知っているだろう。今や患者と対面する医師達は直ぐさまパソコンの画面と向き合い、血液検査等のデータで患者に診断の説明を始め、患者の理解と対処を伝える昨今、だからこの患者のデータの送受信を以って遠隔のネットワークでも患者の生命について語り合える―即安全診療―のシステムと言える。筆者を含め、識者の不明が此処にある。3,300万人の高齢者のいる日本で若者が負荷する支援のことが繰り返し指摘されるが、幸か不幸か私は医師相互のネットワーク構築に信頼を置く者の一人を自負、遠隔診療の何たるかを実は当該者たちに伝え理解を深める啓発の方が先だと考えるが如何。(2016/04/13 09:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長