• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「親を介護するなら辞めてくれ」が上司の本音?

「となりのかいご」代表理事・川内 潤さん(その4)

2018年3月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

 『母さん、ごめん。』の著者、松浦晋也さんと、NPO法人「となりのかいご」の代表理事、川内潤さんが、松浦さんがお母さんを介護した現場である、ご自宅で「会社員の息子が母親を介護する」ことについて、語り合います。自分の親が心配な担当編集者のYも絡みます。

川内:これも松浦さんの連載と本で、何度も強調されていることですが、目の前で母親に起きていることの原因が、認知症とか介護とかいう状況だ、と認識するというのがまず難しい。ただの年相応の物忘れと思うし、思いたいわけですよ。不可逆的なあの病気、というふうに考えたくないじゃないですか。

Y:まして男子の場合は、それの意味するところは「永遠の安全地帯が崩壊しつつある」ことですからね(※第3回「男性必読!貴兄が母親に辛く当たってしまう理由」参照)。

松浦:思いたくないですね。僕も「母がどうもおかしい」と7月の頭に気がついて、「これは介護が必要そうじゃないか」と疑ったのが9月の末ですから、その間で7、8、9月と……3カ月空いている。

川内:介護保険とか、介護に関して何かを相談しようとするなら、自分の母親を「要介護」というカテゴリーで認識せねばならない。それには気持ちの余裕が必要だけど、非常に取りづらい。どれくらい難しいかというと、実は、我々介護職をしている人間が、自分の親を見るときにも同じことが起きることはあります。

Y:えっ。意外です。

川内:認知症という症状を客観的に勉強し、ある程度いろいろな方の症状を把握できるんだけれども、自分の親に関しては、できる限りそれを拒否したいわけです。松浦さんとまったく同じです。やっぱり相談すらできない。人に言って自分の弱みをさらしたくない、言ったところでどうなるんだ、という気持ちになる。いやいや、それ、自分はいつも「ダメだよ」と、他人様に言っていることでしょう、みたいなことなのに。

松浦:そうなんですか……。では、素人ではまして無理ですね。

介護のプロこそ、肉親を介護してはいけない

川内:もう1つ、私たち介護職が習う心構えの中に、「自分の親こそ、自分が持ったスキルでケアをしたいと思う気持ちを、どこかに持っているかもしれない。だけど、それは絶対やってはならない」ということがあるんです。

Y:そうなんですか? これも意外ですが、なぜなのでしょう。

川内:なぜなら絶対に「いいケア」ができないから。そして、できてない自分を自分で責めるから、です。なぜできないかといえば、これまた、プロであっても必ず「母ちゃん、しっかりしてくれよ」という、皆さんと同じ気持ちが出るから。そしてそれが、「僕はプロとして何をやっているんだろう」という敗北感となって、さらに苛まれるわけです。

Y:二重にきちゃうのか、ひえー。

川内:「一番やっちゃだめなことを分かっていて、やってしまったね、プロなのに」ということになる。それぐらい実は難しいことなんですね。

川内 潤(かわうち・じゅん)1980年生まれ。老人ホーム紹介事業、外資系コンサル会社、在宅・施設介護職員を経て、2008年に市民団体「となりのかいご」設立。2014年に「となりのかいご」をNPO法人化、代表理事に就任。ミッションは「家族を大切に思い一生懸命介護するからこそ虐待してしまうプロセスを断ち切る」こと。誰もが自然に家族の介護に向かうことができる社会の実現を目指し、日々奮闘中。

 いかに早く介護のことを自分事として捉えるか、ということは重要で、松浦さんの本も、早めに認識して相談することの大事さを訴えてくださっている。これはものすごく正しいし、読んだ方は幸運だと思うくらいです。

 でも逆に言えば、本や、こういうウェブの記事などでの手がかりがないままだと、非常に難しい。会社員で遠隔地だったりすると更に難しい。例えば北海道に実家があります、九州にありますといったときに、行くとなると当然手間が掛かる。手間が掛かるというのもあれですけど、有給を何日取るんですかと。

コメント6件コメント/レビュー

数年前に再就職活動をしていた時、転職コンサルタントの方から会いたいという連絡があって、お会いしたことがありました。ある求人の関する話だったんですが、こちらが高齢の両親を抱えていることを話したところ、「高齢の両親がいる人には、この話は無理だから」と言われて、その話は終わりました。


その後、ある派遣会社で隣県のお客様に派遣されて仕事していたところ、父が緊急入院しました。昼頃に母から「お父さんが病院で検査を受けたら、入院して緊急手術をすることになった。お医者さんが『命に関わるかも知れないから息子さんにもすぐ来てもらって下さい」と言っているから、すぐ来て」という電話が入ったわけです。それで私は派遣先でお願いして昼に帰らせてもらって、病院に駆けつけました。(移動に2時間半ぐらい)
父は集中治療室に入っていましたが、意識がある状態。
とは言え、詳しい容態がわかりません。
看護師さんの話では担当医が集中治療室に来てくれることになっているというので、その場を離れるわけにもゆかず夕方まで1時間以上待ち続け、どうにか担当医にお会いしました。
夜になって派遣先に連絡を入れ、翌日は入院手続きや着替えなどを病院に持って行くなどの目的で仕事はお休みとさせていただきました。

父の入院の翌々日は朝から派遣先に出勤しましたが、派遣先の役職者からは「あんたは、この仕事をやる気があるのか!」と言われました。家族が入院して緊急手術することになって半休、入院手続きを入院の準備雑用で一日休むというのは「仕事をやる気が無い」として責められることなのでしょうか。

これが現実なんですね。(2018/03/23 09:55)

オススメ情報

「介護生活敗戦記」のバックナンバー

一覧

「「親を介護するなら辞めてくれ」が上司の本音?」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

数年前に再就職活動をしていた時、転職コンサルタントの方から会いたいという連絡があって、お会いしたことがありました。ある求人の関する話だったんですが、こちらが高齢の両親を抱えていることを話したところ、「高齢の両親がいる人には、この話は無理だから」と言われて、その話は終わりました。


その後、ある派遣会社で隣県のお客様に派遣されて仕事していたところ、父が緊急入院しました。昼頃に母から「お父さんが病院で検査を受けたら、入院して緊急手術をすることになった。お医者さんが『命に関わるかも知れないから息子さんにもすぐ来てもらって下さい」と言っているから、すぐ来て」という電話が入ったわけです。それで私は派遣先でお願いして昼に帰らせてもらって、病院に駆けつけました。(移動に2時間半ぐらい)
父は集中治療室に入っていましたが、意識がある状態。
とは言え、詳しい容態がわかりません。
看護師さんの話では担当医が集中治療室に来てくれることになっているというので、その場を離れるわけにもゆかず夕方まで1時間以上待ち続け、どうにか担当医にお会いしました。
夜になって派遣先に連絡を入れ、翌日は入院手続きや着替えなどを病院に持って行くなどの目的で仕事はお休みとさせていただきました。

父の入院の翌々日は朝から派遣先に出勤しましたが、派遣先の役職者からは「あんたは、この仕事をやる気があるのか!」と言われました。家族が入院して緊急手術することになって半休、入院手続きを入院の準備雑用で一日休むというのは「仕事をやる気が無い」として責められることなのでしょうか。

これが現実なんですね。(2018/03/23 09:55)

私の親は幸いなことに
「どんなことがあっても、会社を辞めるな」と言ってくれています。

自分の介護で子供が犠牲になってはならない、という考えで嬉しいです。
介護リスクで会社を辞めるということが無いお墨付きを親に与えて貰って
心強いです。(2018/03/23 00:26)

母はうつでしたが、認知症と似たような症状もありました。

私は校正の仕事をしており、介護関係の本や精神疾患の本などを手掛けることもあります。

少しはそうした分野のことを知っているつもりでしたが、知識でしかなく現実は思うところをはるかに超えています。

時に理不尽と思われる母の言動にしても、対応方法をまったく知らないわけではないのに、とっさに出る言葉は自分が後悔するようなものばかり。

介護職員が自分の親を担当しない方がいいという説明はとても胸に落ちました。

ちなみに介護休暇制度などができましたが、これだけでは全体の問題解決にはほど遠いですね。

この対談のようにひとりでも多くの人に自分の問題として考える機会が増えていくことを望みます。

今のところこの回のレビューでどちらでも良いという意見がないのは救いです。反対意見でも、それはしっかり内容を読んで考えた結果だと思いますから。(2018/03/22 09:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長