• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「60歳以降も会社に残れる」という地獄

体験して分かった、定年後の再雇用・起業の落とし穴

2017年3月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大江英樹(おおえ・ひでき)氏
経済コラムニスト。1952年、大阪府生まれ。大手証券会社で個人資産運用業務、企業年金制度のコンサルティングなどに従事。定年後の2012年にオフィス・リベルタス設立。写真:洞澤 佐智子

 今、60歳で定年を迎えた人の多くが再雇用制度を利用して、引き続き同じ組織で働き続けています。東京都が行った「高年齢者の継続雇用に関する実態調査」(平成25年)では、86.1%の事業所が「継続雇用制度の導入」をし、定年到達者の65.8%が継続雇用されています。

 実は私自身も定年を迎えた後、半年ほど古巣で働いた経験があります。私自身の体験で言えば、再雇用というのは想像したほどいいものではありませんでした。そのため結局、再雇用からわずか半年で嫌になり、会社を辞めてしまいました。元々、定年退職後は自分で起業したいと思っていましたが、再雇用後の仕事があまりにもつまらなかったので、結果的にそれが起業する私の背中を押してくれたのです。

 そうした自分自身の体験からも、再雇用というのは、会社の規模、仕事の内容、社内での立場、そういった諸々のことを考える必要があると思っています。60歳以降も会社に残れると安心だからと、 “何となく”再雇用に応じて働き始めるのは考えものです。後で「こんなはずではなかった」ということにならないように、よく考えておくべきです。では、どういうところが良くてどういうところが悪いのでしょうか。

 そもそも「再雇用制度」や「雇用延長」がこれだけ一般的となった理由は、2013年に施行された「改正高年齢者雇用安定法」にあります。この法律によって雇用を希望する人に対しては原則として最長65歳までは雇用が義務付けられることになりました。公的年金の支給開始年齢が段階的に60歳から65歳へと引き上げられるのに伴う改正です。

中小企業は「自分の必要性」を感じやすい

 ただし多くの中小企業では、こうした法律ができる前から、60歳以上でも働いている人がたくさんいました。大企業と違って毎年新卒社員を採用するのが難しく人材はとても貴重で、長年仕事を続けてきてそれなりのスキルと知識を持った人に、60歳になったからといって辞めてもらっては困るからです。したがって中小企業の場合は、65歳までの雇用延長にとどまらず、70歳や75歳になっても働いている人がいます。現に東大阪市で町工場を経営している私の友人の会社では、最高齢社員は85歳だそうです。

 こういう職場で長く働くというのはとても幸せなことだと思います。なぜなら、働く上で最も大切なことである「自分が必要とされている」状況が確実に存在しているからです。

 ところが大企業の再雇用の場合はどうでしょう。大企業というのは多くの場合、個人のスキルで成り立っているわけではなく、組織で機能しています。ごく一部の特殊なスキルを持った人以外は、代わりはいくらでもいます。それに毎年新卒の若い人がたくさん入ってきますから、「ぜひとも会社に残ってもらいたい」という気持ちは会社側にはほとんどありません。「法律で義務付けられたから仕方なしに65歳まで働かせてあげる」というのが本音でしょう。

コメント20件コメント/レビュー

考え方は人それぞれ、労働条件だけではなく、家族や周りの環境等、条件や制約もいろいろあるので、一概にこういう方向性が良いとか、それでは働き甲斐が無いとか言うべきではないだろう。
私が勤めていた企業の再雇用では、役職の付いていなかった人でも、再雇用後の年収は1/5程度になっていました。最低時給のアルバイトと同じようなものだったので、大半は別の道に歩み始めていたようです。(2017/03/30 09:14)

オススメ情報

「「定年男子 定年女子」の心得」のバックナンバー

一覧

「「60歳以降も会社に残れる」という地獄」の著者

大江英樹

大江英樹(おおえ・ひでき)

経済コラムニスト

大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア層向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。著書に『定年男子 定年女子』(日経BP社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

考え方は人それぞれ、労働条件だけではなく、家族や周りの環境等、条件や制約もいろいろあるので、一概にこういう方向性が良いとか、それでは働き甲斐が無いとか言うべきではないだろう。
私が勤めていた企業の再雇用では、役職の付いていなかった人でも、再雇用後の年収は1/5程度になっていました。最低時給のアルバイトと同じようなものだったので、大半は別の道に歩み始めていたようです。(2017/03/30 09:14)

拝読させていただいて、納得できる部分が多かったです。
私も一昨年定年となりましたが、シニア契約社員として今の会社に残りました。
仕事の内容も全く変わらず、引き続き必要な人材として見られていることに、日々喜びを感じながら働いています。
ただ、筆者の方と違って、退職金がほとんど出ませんでした。中途入社組の悲哀です。
再雇用後の年収も三分の一以下になることも分かっていて、定年前は生活に不安を感じていました。
妻とも相談して、老後のために積み立ててきた貯金をやりくりしながら生活スタイルもいろいろ変えてみました。
今は、生活の不安も消えて、しばらくは元気に働けそうです。(2017/03/29 09:36)

いつも楽しく拝見しています。当方、63歳定年後も嘱託として同じ職場で働いています。筆者の言う事もよく理解できます。個人的な意見になるかもしれませんが、小職は、現在は、定年に備えての準備期間と考えていますので、無能な上司であろうと適切な指示ができない上司であろうとあまり気になりません。意見を求められるまでは、自分の意見を披歴することもありません。一体いつまで自分がいないと会社が回らないとか、過去の武勇伝を自慢げに若手に話すつもりなのでしょうか。健康寿命は男性でおよそ70歳少々。しかもこれは平均値でそれより早く誰かのお世話にならないと生活ができない状況になるかもしれない。趣味も金融リテラシーの得とくも定年直前にあわててみても遅すぎるのではないでしょうか。今心がけていることは以下の通りです。
① 会社人間ステージからの脱却
② 能力を発揮して誰かの恨み・妬みをかうより、無能を装うほうが危険が少ない。
③ 誰かに認められたい誘惑を断ち切り、普通の生活がベストと考える。
④ 何事も極端に走らず、中庸・平凡を志向する。

最後になりますが、小職より遥かに優秀な同僚・先輩諸氏も会社を興し経済的に成功した人はほぼ皆無です。大企業のサラリーマン(ホワイトカラー)の独立は一般的にはハードルが高いと思います。(2017/03/28 13:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長