• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

老後が不安なら“老後”を無くせばいい

いかに自分の未来に正対し、対策を取るか

2017年3月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大江英樹(おおえ・ひでき)氏
経済コラムニスト。1952年、大阪府生まれ。大手証券会社で個人資産運用業務、企業年金制度のコンサルティングなどに従事。定年後の2012年にオフィス・リベルタス設立。写真:洞澤 佐智子

 老後は誰にとっても不安です。健康、お金、孤独などなど、不安の要素はたくさんあります。なぜ老後が不安なのかという最大の理由、それは誰もが老後を経験したことがないからです。「私はかつて75歳だったことがある」などという人はひとりもいません。「自分の老後」は全ての人にとって、これから訪れる未知のことなのです。経験したことがなければ何が起こるかわかりません。せいぜい自分の親や先輩の姿を見て推測するしかないわけです。

 実際、齢をとると、次々と嫌なことが襲ってきます。
 健康面で考えると、私は50歳になった時に明らかに体力の衰えを感じました。40代までは多少衰えたとは言え、徹夜も平気でしたし、睡眠時間3時間ぐらいの日が続いても土日に寝だめすれば回復していました。20代、30代の頃と比べてさほど違いはなかったのです。

 ところが50歳になったとたんに、急激な体力の衰えを感じました。更に60歳になると具体的に体の悪い箇所が出てきたのです。健康状態は人それぞれですから誰もが同じではないですが、加齢による身体能力の低下は避けようがないと言ってもいいでしょう。

 お金についても多くの人は将来のお金の「入」と「出」、すなわちキャッシュフローをあまり理解していません。面白いことに「老後は不安」であるにも関わらず、「関心がない」のです。おそらくは心のどこかに「何とかなる」という気持ちを持っているのかもしれません。確かに何とかならないわけではありません。

 一番大きいのは、公的年金の存在です。リタイアしてから死ぬまでずっと支給される公的年金は、たとえるなら国から支給されるお弁当のようなものです。但し、一日一食しか支給されません。サラリーマンや公務員と違って基礎年金のみの自営業・フリーの場合は、おかずなし・白飯のみの一日一食といっていいかもしれません。

 したがって公的年金だけでは、飢え死にすることはないものの十分満足のいく生活をおくるのは難しいのです。そのうえ、その公的年金の額すら自分で把握していない人も多いのですから、これは不安になるのは当然だと思います。

イラスト/フクチマミ

 では、老後不安を解消するにはどうすればいいのか?勉強して知識を得る、現役時代からお金を一生懸命貯める、コツコツと投資を続けて資産形成を図る、日々食事に気を付けて運動を欠かさないようにするなど、老後対策と言われているものを数え上げるとキリがありません。しかしながらどれよりももっと簡単に老後不安を無くす方法があります。

 それは“老後をなくすこと”です。

コメント6件コメント/レビュー

全く同感です。当方同じ思いを若い頃から持っていて、18才で生涯計画を立てました。高卒だったので夜学で大学資格を取り、企業の経営層を経験して中小企業診断士の資格を55才に取って、サラリーマンの傍ら診断活動を続け、60才で独立し合同会社をつくりました。
現在61才ですが、年収は現役時代より多くなりました。ちょっとやりすぎかも。
ただ、年収だけの観点で生涯計画を立てていません。製造業のエキスパートして日本の製造業に少しでも還元していきたいのが主目的です。年収はその活動結果でもあります。
忙しい毎日ですが、年齢よりも若いと言われます。75才までは続けるつもりです。記事を参考にさらなる生涯計画をローリングしていきます。(2017/04/02 06:26)

オススメ情報

「「定年男子 定年女子」の心得」のバックナンバー

一覧

「老後が不安なら“老後”を無くせばいい」の著者

大江英樹

大江英樹(おおえ・ひでき)

経済コラムニスト

大手証券会社を定年退職後、オフィス・リベルタスを設立。行動経済学、資産運用、企業年金、シニア層向けライフプラン等をテーマとし、執筆やセミナーを行う。著書に『定年男子 定年女子』(日経BP社)など。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全く同感です。当方同じ思いを若い頃から持っていて、18才で生涯計画を立てました。高卒だったので夜学で大学資格を取り、企業の経営層を経験して中小企業診断士の資格を55才に取って、サラリーマンの傍ら診断活動を続け、60才で独立し合同会社をつくりました。
現在61才ですが、年収は現役時代より多くなりました。ちょっとやりすぎかも。
ただ、年収だけの観点で生涯計画を立てていません。製造業のエキスパートして日本の製造業に少しでも還元していきたいのが主目的です。年収はその活動結果でもあります。
忙しい毎日ですが、年齢よりも若いと言われます。75才までは続けるつもりです。記事を参考にさらなる生涯計画をローリングしていきます。(2017/04/02 06:26)

今も現役で働いている人の意見ですね。
私は65まで働きました。5年間は再雇用です。
定年前から職場は私を重要な仕事には着けなくしましたので再雇用後も特別変化は有りませんでした。
そもそも同じだと考えるほうがおかしい。
年金生活になって、一年間はやはり情緒不安定で大変怒りっぽくなっていました。
二年たつともう当たり前になってしまって何の問題もありません。
暇なんで仕事してみようかなと考える程度です。
でも、求人がありませんから思うだけです。
年金で、贅沢をしなければ十分暮らしていけます。
そんなに心配する必要は有りません。
でも、体も頭もまだ大丈夫なので働ける環境にしたほうがいいように思います。(2017/04/01 22:34)

 んなもん自営業者としては当然のこと。いまさらどうしましょうと言ってるほうが変。これまで何も考えてこなかったことが丸わかり。
 だから自営業から見たら、いまは老後ではなく老中。(2017/04/01 09:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長