• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私が6歳の娘に銃を教えた理由

“射撃女子”を巡る銃所有のリアル

2018年3月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サウスカロライナ州に住むシャイアン・ロバーツ。13歳の彼女は小学校に通う普通の女の子だが、誰にも真似のできない一つの特殊技能を持っている。射撃の腕だ。13歳ながら、シャイアンは射撃大会の成人女子の部で優勝するほどの腕前だ。シャイアンと彼女に銃の扱いを教えた父親のダンのストーリーをひもとけば、普通の子供がどのように銃に出会うのか、その一端が垣間見えるだろう。(敬称略、ニューヨーク支局 篠原匡、長野光)

動画ルポはこちら

自分の子供に銃の扱い方を教えようと思ったのはなぜでしょう?

ダン・ロバーツ(以下、ダン):私は過去に銃のインストラクターをしていて、子供たちが銃で事故を起こす最大の理由は扱い方を知らないことにあると感じていました。国として、私たちは子供たちに教えなくなってしまったんです。

6歳の娘に銃の扱い方を教えたダン・ロバーツ(写真:Retsu Motoyoshi)

「弾を装填したマシンガンをここに置いても大丈夫」

 以前は普通のことでした。私が高校に通っていた頃は友人のほとんどがハンティングのためにショットガンやライフルを車に積んでいました。それを疑問視した人も誰もいませんでした。

 ところが、そういった習慣は失われ、銃器はタブーだと子供たちに教え始めたんです。「銃器には関わってはならない」とね。でも、子供は好奇心が強いので、触っちゃダメといわれれば触りたくなるものです。

 私はそれが分かっていたので、銃器がとても危険なモノになりかねないということを子供たちに理解してほしかった。銃器は大切に、敬意を持って扱わなければなりません。私はこの方法が事故を防ぐ最善の方法だと確信しています。

娘のシャイアン(左)は13歳にして射撃大会の成人の部で優勝するほどの腕前(写真:Retsu Motoyoshi)

危険だからこそ、早いうちに使い方を教えるということですね。

ダン:そうです。「私がいない時にプールに近づくな」と言う代わりに、泳ぎ方を教えたんです。いずれはプールに近づくでしょうから。誰も近くにいないときにプールに落ちて、泳ぎ方を知らなければ死んでしまう。

 私にとっては銃器も同じです。禁止して子供の興味を取り除こうとしても、父親や母親の拳銃やライフルを持ち出して、「これってどうするの?」なんていっているうちにケガをする。あるいは、誰かを傷つけてしまうなんていうことになりかねません。

 私は弾を装填したマシンガンを今ここに置いても大丈夫だという自信があります。シャイアンとコナー(8歳の弟)は興味があるからといってマシンガンを触ることはありません。私に言えば、私の監督下で使えることが分かっていますから。それが、私の最大の目標でした。

8歳の弟も銃の扱いの練習を始めた(写真:Retsu Motoyoshi)

コメント20件コメント/レビュー

言いたい事は理屈としては分かるが、銃を持つ自由を認めた結果として、社会全体として支払うコストが高すぎるように感じる。いきなり禁止は無理でも、せめて銃を隠し持つ事と殺傷力の高すぎる銃・弾・機能の禁止を強化すべきだと思う。(2018/04/12 09:49)

「アメリカのリアル」の目次

オススメ情報

「私が6歳の娘に銃を教えた理由」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

長野 光

長野 光(ながの・ひかる)

日経ビジネスニューヨーク支局記者

2008年米ラトガース大学卒業、専攻は美術。ニューヨークで芸術家のアシスタント、日系テレビ番組の制作会社などを経て、2014年日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

言いたい事は理屈としては分かるが、銃を持つ自由を認めた結果として、社会全体として支払うコストが高すぎるように感じる。いきなり禁止は無理でも、せめて銃を隠し持つ事と殺傷力の高すぎる銃・弾・機能の禁止を強化すべきだと思う。(2018/04/12 09:49)

拳銃のような飛び道具と、ナイフや車は同列で論じられるものでは無いでしょう。
拳銃のような飛び道具が無差別殺戮に使われると、犯人を止めるには犯人の射程圏内に入るか、遠くから銃撃するしかないわけで。
なにか釈然としないものを感じる。

この記事自体は、アメリカの銃規制反対派の生の意見を知ることが出来、大いに参考になった。(2018/04/02 14:30)

このアメリカ人の方の考え方(銃ではなく人の問題)に大きく同意した自分がいた。でも、よく考えると、その道具の目的が自動車とかとは大きく異なってると言う事。銃は確実に人あるいは生き物を殺傷するための道具で有り、車は人が早く快適に移動するための道具である事。道具の使い方を誤るのは人の問題だが、その道具の目的を振り返った時とても複雑な思いがした。(2018/03/25 13:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

中小企業の約7割が赤字といわれているが、 今のやり方では金融機関は資金を出さない。

小倉 隆志 Tranzax社長