• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドライブレコーダー、後方撮影可能なものが増加

上位製品は、高解像度化と多機能化が進む

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年1月28日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ドライブレコーダーの普及が進む

 自動車に搭載し、周りの状況を記録するドライブレコーダーの人気が続いている。現在の売れ筋は1万円以下の低価格製品と、2万円前後の上位製品だ。

 低価格帯の製品は、車体前方の映像を記録するだけの機能を持つシンプルな製品が多い。価格も安いのでドライブレコーダーの入門用としてもすすめやすい。一方、2万円前後の上位製品は、昨年(2016年)になって高解像度化と多機能化が進んだ。

2016年は高性能・多機能な製品が増えた。製品の小型化も進み、車に取り付けても目立たない製品も増えた。写真はパイオニアの「ND-DVR10」(実売価格1万7600円)。

フルHD以上で撮れる機種も

 現在販売されている上位のドライブレコーダーの多くは、フルHD(1920×1080ドット)以上の解像度で映像を録画する。低価格帯製品の中には、撮影解像度が720P(1280×720ドット)やVGA(640×480ドット)もあるが、フルHD以上で撮影できる上位製品はそれらより画面を構成するピクセル数が多いので、映像をより細かく記録できる。

 高解像度であればあるほど周囲の歩行者や車の様子、車のナンバーや標識の文字、信号機の状態などがはっきりと写るので、何かあったときに映像から状況分析をしやすい。

 さらに2016年に発売された機種の中には、2304×1296ドットなど、フルHD以上の高解像度で記録できる機種もあり、より詳細に映像を録れる。もし、運転状況をより細かく記録する必要があれば、高解像度の映像を録画できる製品を選んでおきたい。

コメント2件コメント/レビュー

ドライブレコーダーは法的義務にしてはどうか?(2017/01/30 11:35)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ドライブレコーダーは法的義務にしてはどうか?(2017/01/30 11:35)

前からドライブレコーダーが欲しいと思っていた。68歳になったので、「そろそろ」と思ったが、事情があって今は金欠。スマホのアプリにないかと探したらあった!で、今はドライブの時は大抵使っている。かかった費用は車にスマホを取り付ける器具で3千円弱。視界の釜にもならずに「有事」のみ自動的に前後10秒で合計20秒録画する様だ。手動での録画も可能。更に、ドライブを安全性の観点から採点してくれ、何が悪いかを指摘してくれる。参考になるので悪くない。ちなみに、アプリは只。昨今増加している老人による事故にはバックで急加速が驚くほど多いので、「後方撮影可能」も悪くはないが、自分の無実を証明してくれる訳ではなさそうだ。(2017/01/28 10:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長