• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

一瞬で気分が変えられる“香りのウォークマン”

いつでもどこでも1人だけに香る!?

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/4ページ]

2017年2月4日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 香りは拡散する厄介なもので、じっくり楽しむためにはそれなりに気を使う。古くから知られているのは、室内でお香をたくこと。最近ではアロマオイルをディフューザーで拡散したりする。ただ外だと周りに迷惑がられることもあるし、たくさんの匂いが入り混じって、好きな香りを選んで楽しむなんて不可能だと思っていた。

 それを可能にしたのが、ソニーの「アロマスティック」だ。これは、香りを持ち歩いて、好きなときに好きな香りを5種類から選んで、周囲に迷惑をかけることなく楽しむことができる、いわば「香りのウォークマン」。かつて、ウォークマンが音楽を外に持ち出すことを提案したように、この製品は、香りをモバイル化することに成功した製品なのだ。

ソニー「アロマスティック」(8980円)。色は、ホワイトとブラックの2色。
どこででも、香りを楽しむことができるのだ。

 アロマスティックは見た目がマグライトかスティックのりのようで、何のための製品なのか全く分からない。手に取っても、さっぱり分からない。しかし、説明して手渡すと、すぐに理解し、そしてほとんどの人が驚く。

 この製品の特徴は“香りが簡単に切り替わり、周りに拡散しない”ことだ。試した人は「本当に香りが切り替わる」と、夢中で香りを切り替えてくんくんと嗅ぐ。周囲に香りがまき散らされることもなく、熱も使わず、音もほとんど出ないから、電車の中でも使える。「これがあると、生活の中での不快感が相当減りそう」という女性もいた。

 香りは、英国のニールズヤードレメディーズ社と提携。日本にアロマを持ってきたブランドであり、世界中で人気が高い同社は、丁寧にブランディングしてイメージと品質を守っている。「香りとテクノロジーは交じらないと思っていたが、熱を使わない安全性と香りを自由にするというアイデアに共感してもらった」と開発した新規事業創出部OE事業室の藤田修二氏は話す。この提携により、アロマスティックは、高級アロマブランドの香りをかなり安価に楽しむ方法にもなった。

アロマスティックのカートリッジは3種類。ビジネスで集中したいときや頭の中を整理したいときなどのシーンに活用できそうな、ラベンダーやローズマリーなど5種類のブレンドオイルが入った「 for Business」(2780円)をはじめ、「for Beauty」(2780円)、「for Basic」(2280円)がある。

コメント2件コメント/レビュー

腕時計に内臓できるくらい小さかったらいいのにね~。スマホに搭載でもいいけど。(2017/02/06 16:44)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

腕時計に内臓できるくらい小さかったらいいのにね~。スマホに搭載でもいいけど。(2017/02/06 16:44)

これは画期的な商品だ。介護施設や認知症の進行予防としてお年寄り対象としても使える。特に認知症は脳の嗅覚に刺激を与えると進行を止めるというエビデンスが発表されている。価格も2800円と手頃で買いやすくなっている。販売するときは嗅覚刺激の医学的根拠を証明する医師の効能をつけるといいでしょう。記憶が定かでないがその認知症専門医は、鳥取大学の教授だったと思います。これは介護の手法でもある「ユマニチュード」にも通じるものといえます。専門医と共同研究し科学的実証をえた上で、有効なエビデンスを確立すれば新しい市場も期待できると思います。(2017/02/05 11:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長