• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大阪高級ホテル戦争激化、コンラッド大阪の全貌

日本2軒目、ヒルトン最上位ブランド

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/5ページ]

2017年6月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ヒルトングループの最上位ブランド「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」の日本での2軒目となる「コンラッド大阪」が、2017年6月9日、大阪・中之島の超高層ビル「フェスティバルタワー・ウエスト」に開業する。

 4月17日に街開きした同ビルの33階から40階に入り、総客室数は164室。2005年に開業した「コンラッド東京」よりも規模は小さめだが、全客室から壮大なパノラマビューを望めるのがウリだ。部屋の広さも50平米以上と都心部のホテルとしては国内最高クラスとなっている。

日本で2軒目のコンラッド大阪は4月に街開きした「中之島フェスティバルタ ワー・ウエスト」(写真右)の33~40階に開業。地下鉄四つ橋線肥後橋駅に直結し、アクセスは抜群。次世代型のスマート・ラグジュアリー・トラベラーをターゲットとしている
[画像のクリックで拡大表示]

 ヒルトングループが1986年に開業した「ヒルトン大阪」は、梅田の1等地に立地し、幅広い層から根強い人気がある。今回、最上位ブランドで勝負に出た理由について、コンラッド大阪の総支配人、カラン・シン氏はこう語る。

「ヒルトン大阪は長年の実績があり、サービスも好評だ。大阪の市場も安定して伸びているため、2軒目を出すなら大阪ということになった。次世代のスマート・ラグジュアリー・トラベラーをターゲットにし、ホテルに滞在するだけではなく、街や人、地元の文化とのつながりなどゲストの感性をインスパイアするような旅の体験を提供していく」

 宿泊者に占める外国人比率は約半数を想定。コンラッド東京も似た状況だという。中之島エリアは今後、国際的な会議や展示会などビジネスの拠点に位置付けられることから、商用目的の外国人客が増えることが期待されるからだろう。

 そこで、大阪の新たなランドマークとなるコンラッド大阪の中身を内覧会でいち早く探った。

ウエディングチャペル、コンラッドスイートなどがある39階のロビーは巨大な吹き抜け空間に。リボン状のらせん階段が印象的
[画像のクリックで拡大表示]
「Your address in the sky」のコンセプト通り、地上200メートルの高さから望む絶景がコンラッド大阪の魅力。ふたつの川が流れる市内の水景や大阪平野を取り囲む山並み、神戸へと続く大阪湾など超高層階ならではのパノラマビューを全室から望める
[画像のクリックで拡大表示]
スタンダードタイプのデラックスルームでも50平米以上と客室の広さは市内随一。全室禁煙なのも特徴。インテリアはスタイリッシュななかにも和のテイストと温かなタッチを取り入れたデザインを採用
[画像のクリックで拡大表示]
コンラッド大阪の総支配人、カラン・シン氏
[画像のクリックで拡大表示]

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官