• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

セブン新大型店、スーパーマーケット化進む?

東京・町田に新レイアウト初の大型店

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年8月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これはもはや生鮮食品のないスーパーマーケット――。2017年7月28日、セブン‐イレブンが推し進める新レイアウト店舗初の大型店が東京都町田市にオープンした。

 セブン‐イレブン・ジャパンは商品の配置を大幅に見直した新レイアウト店舗をすでに全国約300店で導入。2017年度内に新店の1100店舗、既存店の800店を新レイアウトにし、2021年までに国内店舗(2017年6月末時点で1万9588店)の約半分となる1万店以上に導入する計画だという。はたして、その店舗はどのようなものか。

セブン‐イレブン・ジャパンが導入を進める新レイアウト店初の大型店「セブン-イレブン町田小山町店」
[画像のクリックで拡大表示]

フロア奥にレジカウンターを配置し、長さも1.5倍に

 まず大きな違いは従来のレイアウトでは入ってすぐの左手か右手にあったレジカウンターがフロア奥に配置され、入り口のほうを向いていること。これはセルフ式コーヒーや揚げ物などカウンターで展開している商品が拡大しており、カウンターを横長にして有効スペースを増やすためだという。実際にカウンターは全長約9.9メートルと従来(6.8メートル)の約1.5倍もある。

入り口を入った正面にレジカウンターが見える
[画像のクリックで拡大表示]
カウンターは全長約9.9メートルと従来(6.8メートル)の約1.5倍もある
[画像のクリックで拡大表示]
通路幅は従来に比べて中通路は10cm、ウオークインケース前は30cm、レジ前は10cm拡大。幅が広くなったことで棚の商品が上から下まで見渡しやすくなった印象。陳列棚はこれまでより15cm低い
[画像のクリックで拡大表示]

コメント2件コメント/レビュー

そういえばその昔、イオンっていうかジャスコも、町田の近くで大規模店オープンさせてマーケティングしてたな。ただあそこいらすでに、激安スーパーVS既存のスーパーの闘いになってきてるから、価格帯が既存のスーパーに近いセブンは、最初は人が集まっても継続的に見たら苦しいんじゃないのかな?(2017/08/23 11:34)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そういえばその昔、イオンっていうかジャスコも、町田の近くで大規模店オープンさせてマーケティングしてたな。ただあそこいらすでに、激安スーパーVS既存のスーパーの闘いになってきてるから、価格帯が既存のスーパーに近いセブンは、最初は人が集まっても継続的に見たら苦しいんじゃないのかな?(2017/08/23 11:34)

 まあ、元気がよけりゃダイエー系が作りそうな商品主導の店。
 あれだけ広いと、オペレーションの負担が半端無い。端から端まで補充などで歩き回って、同時にレジなんぞ不可能。ということはレジ専のメンバーが必要になり、結果人件費が増える。
 もうコンビニじゃ無い。スーパーでも無い(スーパーとコンビニは利益構造が違うんだから、比較もおかしいが。)

 いよいよ7/11がピークを打つか?自分がフランチャイズをするとしても絶対選ばない店。結局、百金に対抗した店(マイバスケットだったっけ?)を作ったけど、話題にも登らないのと同じ末路か。(2017/08/23 06:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)