• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

タマシイ震える、ハイクラスの振動エクササイズ

音波のぶるぶるで体を整える

  • 倉本春

  • 写真/酒井康治

バックナンバー

[1/4ページ]

2018年9月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

業務レベルの本格派、ダイエットトレーナー コア

 家庭用フィットネスマシンの魅力は、何と言ってもその手軽さだ。ランニングマシン、エアロバイク、ステッパーなど、さまざまなフィットネスマシンがあるが、最近の人気は低周波で筋肉を刺激するEMS(Electrical Muscle Stimulation)タイプと、機器の振動を利用する振動タイプ。両タイプの特徴は、体に装着するだけだったり、機器の上に乗るだけだったりと、特別な運動を必要としない点にある。

 振動マシンの現在の売れ筋は5万円前後の製品だが、スポーツジムなどにある本格的な振動マシンは100万円以上するのが当たり前。そこで注目したいのが、業務用レベルの機能を備えつつ家庭用に開発された振動マシンだ。

 2018年7月2日に発売された「ダイエットトレーナー コア DT-C1000」は、医療用マッサージチェアで定評のある健康器具メーカー、フジ医療器の次世代型トレーニング&コンディショニングマシン。独自開発した「音波振動(ソニックバイブレーション)」を調節することで、体の部位ごとに筋肉を鍛えたり、ほぐしたりできるという。

フジ医療器の「ダイエットトレーナー コア DT-C1000」。ポージングアシストバーを含めた本体サイズは幅約67.5×奥行き約83.5×高さ約136.0cmとけっこうな存在感で、重量も約55kgとかなり重い。実売価格は30万円弱(8月6日現在)と、業務用に比べればかなり安いものの、家庭用としてはかなり攻めている
[画像のクリックで拡大表示]
筋肉をほぐす「コンディショニング」なら、マシンに乗って全身の力を抜くだけでOK。筋肉を鍛える「トレーニング」のときは、その部分に力を入れると効果的とのこと
[画像のクリックで拡大表示]

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私がじゃなくて、神様が見ても、 誰が見たって(リニアは)いけるんです。

葛西 敬之 東海旅客鉄道名誉会長