• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ「釣りのダイワ」が本格ファッション?

スポーツアパレルとは一線を画す

  • 津田昌宏

バックナンバー

[1/4ページ]

2018年10月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大手フィッシングメーカーのダイワが、2017年春夏に新ファッションレーベル「D-VEC(ディーベック)」をスタートさせた。アウトドア&スポーツメーカーによるアパレルの展開自体は珍しいものではなく、現にダイワブランドからもフィッシングウエアはもちろんのこと、普段着られるライフスタイルウエアも販売されている。しかしD-VECは、そういったアウトドアスポーツアパレルとは一線を画すブランドとして、ファッション業界からも注目されているのだ。

「D-VEC(ディーベック)」メンズアイテム

コメント2件コメント/レビュー

逆に釣り用衣類は
正直、ワークマンのほうがコスパが良い
(個人的感想だけど)(2018/10/20 01:04)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

逆に釣り用衣類は
正直、ワークマンのほうがコスパが良い
(個人的感想だけど)(2018/10/20 01:04)

カーボンの折り畳み傘は良さそうですね。
最近のはコストダウンの影響か、見た目はうまく作ってあるけど開く作業でちょっと引っ掛かっただけですぐ壊れるとか、ちょっと唖然としました。以前のものは、もうちょっと乱暴に扱っても問題なかったのに。(2018/10/18 21:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々のブランドは、人により好き嫌いが分かれてもいい。

上田谷 真一 TSIホールディングス社長