• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ボディもインクも選べる 大人の新ボールペン

握り方、書き方、色で選べる

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/5ページ]

2017年11月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自分好みにカスタマイズできるボールペンが登場した。それがコクヨの「エラベルノ」だ。3種類の太さ(細め、標準、太め)、2色の軸(本体)、2種類のインク(油性、ゲル)、2種類の線の太さ(0.5mmと0.7mm)、4色のインク色(黒、赤、青、ブルーブラック。ブルーブラックはゲルインクのみ)を組み合わせて、自分好みのボールペンを作れる製品。その組み合わせは84通りになる。

コクヨ「エラベルノ」。2色3種類の軸(100円)と、4色2種類のゲルインクや3色2種類の低粘度油性インク(各100円)を組み合わせて購入するボールペンだ。全通り試せるように買っても2000円で済む
[画像のクリックで拡大表示]

 種類が多すぎて自分に最適な一本を見つけるのは大変そうだが、「そういうことはない」と、エラベルノの開発チームであるステーショナリー事業本部商品本部 開発グループの吉川将史氏は話す。

 「84種類から1つを選ぶとなると難しそうだが、好みに合わせて絞り込んでいくイメージ。例えば、まず軸を握ってもらって、3種類から選ぶ。続いて、油性かゲルインクかを選んで、線の太さを0.5mmと0.7mmから選ぶ。あとは、軸の色とインクの色を決めて出来上がり。もちろん、インクから決めて、軸を試しながら選ぶのもいい」

 今回、エラベルノを作るにあたって、「ボールペンの書き心地はインクやペン先だけで決まるものではなく、軸の太さや握り具合の影響も意外に大きい」と考えたと吉川氏は言う。また、開発途中で多くの人に試してもらったところ、握り方も人それぞれで、いわゆる“正しい握り方”というのはあるものの、多くの人はその人なりの握り方をしているということも分かったそうだ。

 「調べていくと、標準と太めの2種類のグリップがあれば、8割のユーザーをカバーできることが分かった。でも、さらに多くの人にぴったりの握り具合を実現するために細めを追加した」と、吉川氏と同じく開発グループの松下欣也氏は話す。

左から、エラベルノの開発チーム、ステーショナリー事業本部商品本部 開発グループの吉川将史氏、松下欣也氏。ステーショナリー事業本部商品本部 企画グループの飯田康平氏
[画像のクリックで拡大表示]

 エラベルノの軸は使ってみると分かるのだが、3種類の太さといっても太さが違うのはグリップ部分だけで、軸そのものは同じパーツが使われている。そして、グリップ部分が回転するようになっているのだ。これはモニターテストで得られた「さまざまな握られ方をしている」ことを踏まえたもの。全体は丸いけれど一部分だけ平たくなっているグリップは、通常、平たい部分がクリップと同じ方向、つまり一般的な正面を向いている。この平たい部分を左右にずらすことができるのだ。

軸はグリップの太さが3種類あり、それぞれ白と黒の2色を用意。グリップの太さだけでなく、平らになっている部分の形やグリップ自体の形状も微妙に違う
[画像のクリックで拡大表示]

コメント1件コメント/レビュー

 「リフィル」って何?(2017/11/01 12:02)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 「リフィル」って何?(2017/11/01 12:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)