• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Wi-Fiの電波を手軽に改善 「Deco M5」が便利

複数のルーターを異なる場所に設置、設定はスマホで

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/5ページ]

2017年11月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

マンションや一戸建てに住んでいて、「部屋によってWi-Fiが弱くなる」「つながりにくい部屋がある」と感じている人は多いだろう(写真はイメージ)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホやタブレット、Nintendo Switchなどの家庭用ゲーム機をインターネットに接続したいと考えた場合、自宅にWi-Fi環境を構築することになる。Wi-FiルーターやWi-Fiアクセスポイントを買ってきて設置すればよいが、ファミリー向けのマンションや一戸建て住宅、特に3階建ての一戸建てに住んでいる人は「部屋によってつながりにくくなる」「3階の子ども部屋ではほとんど使えない」「つながるが、スピードが遅い」と不満を感じている人も多いだろう。

 筆者宅は、狭小地に建てた3階建ての一戸建てだ。仕事部屋が1階にあるため、Wi-Fiルーターも仕事部屋に設置している。このため、2階や3階は電波の入りが悪くなり、通信スピードが落ちるのが悩ましかった。問題を解消するため、2階や3階にも別のWi-Fiアクセスポイントを設置することも検討したが、部屋を移動するたびに接続するアクセスポイント(SSID)を替えなければならないのが手間となる。

 筆者宅のような住宅のWi-Fi環境を改善できるWi-Fiルーターとして話題になっているのが、ティーピーリンクジャパン(TP-Link)の「Deco M5」だ。3台のWi-Fiルーター(以下、ユニット)で構成されており、1階のリビングに1台、2階の部屋に1台、3階の部屋に1台というようにフロアや場所を替えて設置することで、網の目のような「メッシュネットワーク」を構築。最大420立方m(3台の場合)の広い範囲を同一SSIDのWi-Fiでカバーできる仕組みだ。実際に使えるのか、試してみた。

ティーピーリンクジャパン(TP-Link)の「Deco M5」。ユニットは3台入っている。実売価格は2万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]
ユニットには、2基のLAN端子と電源用のUSB Type-C端子を装備。WANとLANは自動認識する
[画像のクリックで拡大表示]

コメント4件コメント/レビュー

コメントへのコメント
中継機はSSIDが別になって上手くローミング出来ない問題があります。複数ルーターはさらに周波数が被って通信速度が落ちます。この記事はこの商品がそれを解決しているという記事では?(2017/11/17 11:48)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントへのコメント
中継機はSSIDが別になって上手くローミング出来ない問題があります。複数ルーターはさらに周波数が被って通信速度が落ちます。この記事はこの商品がそれを解決しているという記事では?(2017/11/17 11:48)

先に書かれている内容と全く同感。

セキュリティ面、また現状の中継器と比べた場合のメリットがまるでわからない。

何か出てくるんだろう、と思って最後まで読んで悲しくなった。

唯一、そこは記載がないが、3台目以降の広範囲というのがメリットなのかな・・。(2017/11/16 13:04)

PRの表示が抜けています。

そして、いちばん大切なサポートと保障について述べていません。

あきらかに騙しているのでは?(2017/11/16 11:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長