• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アマゾン倉庫に潜入、「Prime Now」速さの秘密

1時間内に商品を届けるサービスの対象区域を拡大

  • 日経トレンディ

バックナンバー

[1/2ページ]

2016年11月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アマゾンジャパンは2016年11月15日、注文から1時間以内に商品を届けるAmazonプライム会員向けサービス「Prime Now」の対象区域を拡大した。新たに新宿、池袋を含む城北エリアを追加。東京23区全区で利用できるようになった。

 Prime Nowは2015年11月にスタートしたサービスで、食料品や飲料を含め、最大6万5000点以上の商品を提供している。注文から1時間以内に商品を受け取る「1時間以内配送」と、24時間以内のうち、指定した2時間の範囲で商品を受け取る「2時間便」の2タイプがあり、1時間以内配送の配送料は890円(税込)。2時間便の配送料は無料となっている。

 サービス開始当初は世田谷区・目黒区・大田区・品川区・渋谷区・港区・杉並区・新宿区が対象だったが、その後、神奈川県や大阪府、兵庫県、千葉県の一部エリアに拡大。今回、中野区、豊島区、北区、板橋区、練馬区が加わったことで、東京23区すべてで利用可能になった(一部エリア除く)。

 今回のエリア拡大に合わせ、アマゾンジャパンでは稼動したばかりの「Prime Now」専用倉庫を公開した。普段は中に入れない場所。所在地も一般には明らかになっていない。これはチャンスと、潜入してきた。

「Prime Now」専用倉庫は意外とコンパクト

 この日お披露目されたのは日本で5番目の専用倉庫。建物全体の印象としては、意外とコンパクトだ。1階には大きな冷蔵室と冷凍室、配送待ちの棚が、2階には大型の日用品、書籍などの収納スペースがある。まずは2階から見学。2階には図書館の書庫のような棚が並び、その棚には様々な商品がびっしりと詰め込まれていた。続いて、1階にある冷蔵室や冷凍室を見学した。

棚が並んでいる様子は、さながら図書館の書庫。この写真の棚は、おむつなどが詰め込まれていた。手前にある箱はミネラルウォーター
[画像のクリックで拡大表示]
注文を受けたら、専用端末に表示される棚の情報を基に、スタッフが棚に行き、商品をピックアップする
[画像のクリックで拡大表示]
冷蔵室の中には卵や乳製品、ビールなどの商品がズラリと並んでいた
[画像のクリックで拡大表示]
こちらは冷凍室。棚にはアイスや冷凍食品が、ぎっしり
[画像のクリックで拡大表示]
冷凍室の入り口はこんな感じ。冷蔵室に比べると、冷凍室は若干狭い印象だった
[画像のクリックで拡大表示]
配送用の袋に入れるなどして準備が整った商品は1階に運ばれ、棚に並べられて配送される順番を待つ。青い袋がチルド、茶色い袋が常温のもの
[画像のクリックで拡大表示]
いよいよ商品が専用車に乗ってユーザーの元へ届けられる
[画像のクリックで拡大表示]

コメント2件コメント/レビュー

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く、じゃないですが、そんなに大急ぎで届けてもらわないといけないことがありますか。

利用するほうは便利になる一方で、このために倉庫で働く人の精神的肉体的負担が大きくなり、荷物を運ぶトラックや配送する人たちへのプレッシャーが大きくなる。利用する方も1時間や翌日配達が当たり前と思って、少しでも遅れるとイライラして配達員や運送会社を責める。

幸せな図にはなりません。

むかしどこかで聞いた話。ロシアから日本の会社に運送の視察に来た人たちに、こうすればこんなに早く届けられるという説明を自信満々に説明したところ、ロシア人は不思議な顔をして「どうしてそんなに早く届けなければいけないのか、わからない。明日じゃなくて、明後日に届いてもなんの問題もない。配達員も慌てずに安全運転ができる。遅くまで仕事しなくても家に帰って家族とゆっくりできる。仕事の続きは次の日にやればいい。」(2016/11/30 04:56)

オススメ情報

「トレンド・ウォッチ from日経トレンディ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

狭い日本、そんなに急いでどこへ行く、じゃないですが、そんなに大急ぎで届けてもらわないといけないことがありますか。

利用するほうは便利になる一方で、このために倉庫で働く人の精神的肉体的負担が大きくなり、荷物を運ぶトラックや配送する人たちへのプレッシャーが大きくなる。利用する方も1時間や翌日配達が当たり前と思って、少しでも遅れるとイライラして配達員や運送会社を責める。

幸せな図にはなりません。

むかしどこかで聞いた話。ロシアから日本の会社に運送の視察に来た人たちに、こうすればこんなに早く届けられるという説明を自信満々に説明したところ、ロシア人は不思議な顔をして「どうしてそんなに早く届けなければいけないのか、わからない。明日じゃなくて、明後日に届いてもなんの問題もない。配達員も慌てずに安全運転ができる。遅くまで仕事しなくても家に帰って家族とゆっくりできる。仕事の続きは次の日にやればいい。」(2016/11/30 04:56)

1時間・2時間配送。世の中、どうしてそんなに緊急入手必要品があるのか。そのために関係者が本来必要がない時間にあくせく追われ、渋滞発生や排ガスの要因になり、顧客も益々到着時間にイライラする・・・世知辛い世の中になった一つの要因である。1時間以内配送要など緊急手術用以外、ほとんど思いつかない。どうしても緊急に必要なものはコンビニで十分。(2016/11/28 09:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長