• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読めなくなったプーチン大統領の対日観

共同経済活動が北方領土交渉の焦点も、薄れた対日交渉急ぐ必然性

2016年11月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロシアのプーチン大統領が来月中旬、山口と東京を訪問する。プーチン氏の大統領としての来日は11年ぶりとなる。戦後70年以上も未解決の北方領土問題を決着させ、日ロが平和条約を締結する道筋はみえてくるのだろうか。
安倍晋三首相とロシア・プーチン大統領は、ペルーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて会談。その時間は、国際会議の場では異例の約70分に及んだ。(写真:ロイター/アフロ)

「そう簡単ではない」「道は容易ではない」

 ロシアのプーチン大統領の来日が来月15日に迫った。北方領土問題を含めた平和条約交渉はどこまで進むのか。それを占う格好の材料とされたのが先日、ペルーでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせて開かれた日ロ首脳会談だった。

 安倍晋三首相「大きな一歩を進めるのはそう簡単ではない」
 プーチン大統領「(平和条約締結の)道は容易ではない」

 両首脳は会談後、口裏をあわせるかのように領土交渉の難しさを強調した。来月の大統領来日を成功させるため、両首脳が意図的に期待値を下げる発言をしたとの見方も多いが、果たしてどうだろうか。

 ペルーでの日ロ首脳会談は国際会議の場では異例の約70分に及び、うち半分は首脳だけで協議した。首相は「平和条約について腹蔵ない意見交換ができた」と述べた。領土問題でかなり突っ込んだ話し合いをしたようだ。

 安倍首相とプーチン大統領による会談はこれで通算15回目。第2次安倍政権の発足から数えても12回目だ。首脳間の個人的な信頼関係も深まり、領土問題も「双方に受け入れ可能な解決策」を実際はかなり詰めているのではないかとの観測が浮上するゆえんだが、プーチン大統領は今回の会談冒頭でやや意外な発言をしている。

 「会談を始めるに当たり、われわれが2国間関係を前進させるべく幾つかのメカニズムや手法を再開したことに留意したい」――。大統領はその例として、外務省高官レベルの協議や外相・国防相会談、安全保障担当責任者の会合に加え、安倍首相が提案した「8項目の対ロ経済協力プラン」の具体化作業などを挙げた。

 この発言で気になるのが「再開した」という言い回しだ。日ロの関係改善の歩みはまだ端緒についたばかりだと強調し、間近に迫る大統領訪日への日本側の過剰な期待を戒めたようにも受け取れるからだ。

コメント14件コメント/レビュー

地図を見れば現在の国際関係下でロシアが四島をまとめて返すなんてありえないことは一目瞭然です。
アメリカの原潜が自由気ままにオホーツク海に入ってこれるようになるんですから。
昔から二島返還の話しがあるのはロシアからすれば歯舞群島&色丹島が譲れる限界値だからですよ。

もっとも日本が(アメリカを離れて)ロシアの同盟国になるとか、ロシアがアメリカの軍門に下ってNATOに加盟するとかそんな事態にでもなれば話は別だけど非現実的過ぎ。

それにしてもソ連邦崩壊時の混乱期を逃したのは痛恨事でしたね。
札束で頬を引っ叩いて歯舞&色丹に加えて国後島の半分くらいなら取り戻せたかもしれないのに。。。。
ロシアとの交渉のニュースが流れる度にあの時の外務省は一体何をしていたのだと思ってしまう。(2017/02/24 11:37)

オススメ情報

「解析ロシア」のバックナンバー

一覧

「読めなくなったプーチン大統領の対日観」の著者

池田 元博

池田 元博(いけだ・もとひろ)

日本経済新聞社編集委員

1982年、日本経済新聞社に入社。90~93年にモスクワ特派員、97~2002年にモスクワ支局長。その後、ソウル支局長(05~08年)も歴任。08年から論説委員会に在籍。編集委員も兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

地図を見れば現在の国際関係下でロシアが四島をまとめて返すなんてありえないことは一目瞭然です。
アメリカの原潜が自由気ままにオホーツク海に入ってこれるようになるんですから。
昔から二島返還の話しがあるのはロシアからすれば歯舞群島&色丹島が譲れる限界値だからですよ。

もっとも日本が(アメリカを離れて)ロシアの同盟国になるとか、ロシアがアメリカの軍門に下ってNATOに加盟するとかそんな事態にでもなれば話は別だけど非現実的過ぎ。

それにしてもソ連邦崩壊時の混乱期を逃したのは痛恨事でしたね。
札束で頬を引っ叩いて歯舞&色丹に加えて国後島の半分くらいなら取り戻せたかもしれないのに。。。。
ロシアとの交渉のニュースが流れる度にあの時の外務省は一体何をしていたのだと思ってしまう。(2017/02/24 11:37)

プーチンが返すわけないでしょ。
返そうと思ってるところにミサイル配備するわけないでしょ。
日本政府を手玉に取ろうとしているだけなんだから、乗っちゃダメでしょ。
共同運営のカジノでも作るのかもしれないけど。(2016/12/02 17:01)

読めなくなったという事は、以前は読めていたのか?
それにプーチン個人の考えだけでどうにか成るような独裁国家かね?
判りやすいアピールを読めていると喜んでいただけでしょう。
向こうも日本の事を読めているとは思わないね。
深遠某慮の出来る政治家は居ないが、集団としては支離滅裂で非論理で動く連中と。
歴史的になどで北方領土をめぐる方針など変わっていないという所などは判り易いかも。
まあ、何にせよ、ロシアもその集団としての相手としても、
アメリカよりも何事も信用ならなく、中国に近く、韓国程信用ならない所まではない。
長期的な信頼などする方が馬鹿であり、都度貸し借りの帳尻を合わせる他はない。
判る範囲、問題ない範囲だけで互いに損のない取引のみを行う。これしかない。(2016/11/26 01:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長