• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

根無し草のクレイジーたちが世の中を変えるのだ

「大吉」の年に、高く飛ぶための準備は整いつつある

2018年1月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月中旬も、僕は東海岸の営業担当役員の候補者とひたすら面接を続け、忙しい日々が続いていた。クリスマスホリデー周辺は、アメリカ全体のビジネスが止まってしまうため(アメリカでは、12月25日の周辺は、みな休暇をとって、家族と過ごしたり、旅行に出かけたりするのだ)、12月22日の金曜日までにできることを全部やっておこうと、フラクタのチームメンバーは各々がやるべき仕事に精を出していた。

 12月14日の夜にシアトルへの出張から戻り、15日の朝に会社に出社してその日の予定を確認すると、僕はあることに気づいた。そうか、今日は「あの日」だ。

アイコさん、皆と一緒に戦おう

 その日は、チームメンバー全員の14時から17時の予定が(Googleカレンダーで)ブロックされていた。前週の全社会議で、COOのラースさんが営業全般の報告を終えると、「事務関連トピック」として話を始めた。「えー、社員の皆さんは、来週の金曜日の予定を空けておいてください。来週金曜日はスター・ウォーズの新作を全員で見に行きます。もう一度言いますが、予定を空けておいてください。全員で行きます」。ラースさんのスター・ウォーズ好きは社内ではもう有名だが、15日は、『スターウォーズ・最後のジェダイ』という作品を、フラクタのオフィス(レッドウッドシティにある)からほど近い映画館にメンバー全員で見に行くことになっていたのだ。

 またこの日、僕たちフラクタは素晴らしい新メンバーをオフィスに迎えていた。アイコさんだ。

 早稲田大学の理工学部で応用物理学(読者の皆さんの中には、お気づきの方もいるかもしれない。僕はアイコさんと全く同じ大学、学部、学科を卒業しているのだ。まさかシリコンバレーで同じ大学で青春を過ごした仲間と一緒に仕事をするとは思わなかった。よく考えれば、すごい確率なのだから)を専攻した後、MIT(マサチューセッツ工科大学)の原子力工学分野で修士号を取った秀才で、10年以上前に、家族でアメリカに渡ってきた。吉川君やフーリオ、アイリーンと一緒に、次に来る主要な製品機能のソフトウェア開発を行ってもらおうと、僕たちはアイコさんに仲間に加わってもらったのだ。

 面接を重ねるたび、僕たちは、アイコさんが内に秘める情熱、知性、誠実さに、強い共感を覚えていった。この人ならば、長くフラクタと一緒にやってくれる。この人と一緒ならば、フラクタはもっと前に進むことができる。入社してしばらく経つが、アイコさんは、このたった一ヶ月の間にも、ずいぶんと多くのことをこなしてくれている。CTOの吉川君が喜んでいることは、言うまでもない。

スターウォーズ最新作、始まります。左から、吉川君(顔半分)、アイリーン、僕、亜美さん、アイコさん、フーリオ、ラースさんです

コメント3件コメント/レビュー

新しい年も変わらずに、加藤氏の熱のある文章に触れられとても嬉しいです。

経営者として論理的に会社の舵を取りながらも、どこか(言葉を選ばずに言えば)イタズラ小僧のような、世の中にあるワクワクを全て拾い集めてやる!という気概を感じます。そして、それがそのまま会社の魅力になっているのだろうと想像します。

読後感に沸き起こる、俺もやってやるぜ!の気持ち、が自分にとって何よりも嬉しいことです。

長く会えていないですが、いつも応援しています!電光石火。(2018/01/19 13:51)

オススメ情報

「サムライ経営者、アメリカを行く!」のバックナンバー

一覧

「根無し草のクレイジーたちが世の中を変えるのだ」の著者

加藤 崇

加藤 崇(かとう・たかし)

加藤崇事務所代表

1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒。東京三菱銀行、KPMG日本法人、技術系ベンチャー企業社長などを経て、2013年、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTをグーグルに売却し、世界から注目を集めた。スタンフォード大学客員研究員(兼任)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新しい年も変わらずに、加藤氏の熱のある文章に触れられとても嬉しいです。

経営者として論理的に会社の舵を取りながらも、どこか(言葉を選ばずに言えば)イタズラ小僧のような、世の中にあるワクワクを全て拾い集めてやる!という気概を感じます。そして、それがそのまま会社の魅力になっているのだろうと想像します。

読後感に沸き起こる、俺もやってやるぜ!の気持ち、が自分にとって何よりも嬉しいことです。

長く会えていないですが、いつも応援しています!電光石火。(2018/01/19 13:51)

毎回クレイジーになりきれなかった自分を投影して楽しく読ませていただいています。
たいへんなのはこれからだと思うので、決して守りに入らず、今年の年末にはさらに充実した思いで年を越せるとよいですね。(2018/01/19 12:06)

年の始めから勇気・元気をもらいました!
がんばってください!(2018/01/19 11:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

貧乏な家に育ったから、とにかくお金に飢えていた。

神田 正 ハイデイ日高会長