• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

資金調達もトップ営業も「全力疾走のチーム戦」

ベンチャーCEOの「やる気」はどこから生まれるか

2018年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月中旬から下旬にかけて、僕は資金調達の活動に忙殺されることになった。

 スタートアップのCEOにとって、創業から数年間は、必要最小限の資金を使いつつ、製品・サービスのアイデアを構想し、これまた必要最小限のチームを形成して、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら、それを市場でテストしていくことになる。1年半から2年おきに資金を調達しながら前に進むことになるのだが、資金が枯渇すれば、その段階で会社としては死を迎えるという極めて厳しい世界だ。

 自ずからスタートアップの生命線となる資金調達業務は、急激な成長が求められるハイテク・スタートアップのCEOにとって、最も重要な業務の一つになるのであり(何しろ製品や事業、はたまた市場の反応といったことが全部理解できていないと、投資家と話はできないのだから)、一回の資金調達に約4~6カ月くらいかけなければならないことを考えると、見方によっては、CEOは年がら年中、資金調達に奔走しているということになる。

資金調達に走り回る途中、疲れて寄ったパロアルトの街並みです
一息つこうと、カフェへ
喉を潤したら、さあ、もうひと頑張り

 一方で、機能分化が進むシリコンバレーにあって、この資金調達業務の他に、CEOがとりわけ時間を使わなければいけない業務は、エグゼクティブ(幹部)の採用ということになるだろう。フラクタの営業とマーケティングの責任者であるダグを採用するのに、どれだけ僕が時間をエネルギーを使ったかを(過去の記事で)見ていただければ、きっとそれが分かってもらえるはずだ(その結果として、フラクタがどれだけ一気に前進することができたかということを考えるとき、幹部採用というものがまた企業の生命線のうち、大きな一つであることが理解できる)。

デュー・デリジェンス with ヒロ

 さて、時間をかけて一つひとつの会社をドアノックし、最終的にはアメリカ、アジア(日本)、ヨーロッパで、多くの投資ファンド、会社に興味を持ってもらうことができた僕たちだったが、こうした投資家たちに対して、投資を判断してもらうための基本的な情報を公開していかなければならず(これをファイナンスの世界ではデュー・デリジェンス [投資家による企業監査のこと] と呼んでいる)、これが事業計画など、既に手元にある資料の提出のみならず、電話やビデオ会議を使っての経営者インタビューであったり、実際のファンド担当者からのオフィス訪問であったりすることから、結構時間が取られるのだ。

コメント7件コメント/レビュー

拝見しててこっちも元気になりました。私は、サラリーマンですが、フラクタのような仕事を楽しむ社風に貢献したいと、いい歳ですが熱くなりました!(2018/05/19 21:08)

オススメ情報

「サムライ経営者、アメリカを行く!」のバックナンバー

一覧

「資金調達もトップ営業も「全力疾走のチーム戦」」の著者

加藤 崇

加藤 崇(かとう・たかし)

加藤崇事務所代表

1978年生まれ。早稲田大学理工学部卒。東京三菱銀行、KPMG日本法人、技術系ベンチャー企業社長などを経て、2013年、ヒト型ロボットベンチャーSCHAFTをグーグルに売却し、世界から注目を集めた。スタンフォード大学客員研究員(兼任)

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

拝見しててこっちも元気になりました。私は、サラリーマンですが、フラクタのような仕事を楽しむ社風に貢献したいと、いい歳ですが熱くなりました!(2018/05/19 21:08)

同じくアメリカで小さな営業部隊を率いているものとして、びりびりとシンパシーを感じました。
フラクタの未来が楽しみです。がんばってください。
在インディアナ(2018/05/18 22:41)

毎回楽しく拝読しています。
住んでる業界は全く異なる上に、ベンチャーでもなんでもない仕事をしていますが、読むと元気が湧いてきます。困難に立ち向かうモチベーションを頂いている気分です。
僕も頑張ります。(2018/05/18 17:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長