• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

仕事で煮詰まったら……空港に行きます!

3rdplace01:羽田空港国際線ターミナル

2018年9月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 おまたせしました、イトウエルマさん新連載です。しかもNBO始まって以来の、(ほぼ)マンガのみのコラム。「復活の呪文を探せ」と題しまして、「仕事で疲れたり、めげたり、詰まったり、凹んだときに、元気を回復するために、あなたはどうやって回復を図るか?」をインタビューします。

 方法としては食べること、寝ること、いろいろだと思いますが、まずは「場所」にこだわってみようと思います。「職場」や「家庭」ではない、いわゆる「サードプレイス」を切り口に、様々なお仕事、お立場の方から、辛い時に行く場所を教えていただきました。あなたが「復活の呪文」を編み出す参考にちょっとでもなれば幸いです。なお、プライバシー保護のため、お名前、場所などを一部改変している場合もございますので、ご了承下さい。

(担当編集Y)

コメント12件コメント/レビュー

煮詰まるの語源は知ってましたがこの方の感覚的な行き詰まり感は煮詰まるでかまわない気がします。‘誤用‘はケースにもよりますが指摘を受ける大半は成り立ちとの相違に過ぎないだけと思います。まあ生きているという事ですが。もう、的を得ている、でいいじゃないですか、とか。

本題です。自分はヲタクではありませんがこの方のリフレッシュはよく分かります。大して聞きたいわけでもないがオフィスを出て電車やバスに乗ってリフレッシュしてます。増してやライターなら生の人々の営みを見ながら仕事すべきです(上から目線?w)。(2018/09/07 14:56)

オススメ情報

「復活の呪文を探せ」のバックナンバー

一覧

「仕事で煮詰まったら……空港に行きます!」の著者

イトウエルマ

イトウエルマ(いとう・えるま)

イラストライター

北海道室蘭市生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。イラストルポなどを中心にお仕事しております。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

煮詰まるの語源は知ってましたがこの方の感覚的な行き詰まり感は煮詰まるでかまわない気がします。‘誤用‘はケースにもよりますが指摘を受ける大半は成り立ちとの相違に過ぎないだけと思います。まあ生きているという事ですが。もう、的を得ている、でいいじゃないですか、とか。

本題です。自分はヲタクではありませんがこの方のリフレッシュはよく分かります。大して聞きたいわけでもないがオフィスを出て電車やバスに乗ってリフレッシュしてます。増してやライターなら生の人々の営みを見ながら仕事すべきです(上から目線?w)。(2018/09/07 14:56)

7畤35分に投稿したものです。
一部の辞書ではすでにそういう解釈(悩んだ状態)になっているのですね、勉強不足でした、ありがとうございます。言葉は生きているという貴殿のご指摘はそのとおりと思います、今後も面白い記事をお願いします。(2018/09/06 22:20)

私は「xx がxx するまで休もう」としていました。
これだといつまでたっても仕事が始まらない。

これを逆に、仕事をしよう、にすればよかったんですね。
大変、参考になりました。(2018/09/06 20:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長