• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サボるのは「こいつは大丈夫」と思わせてから!

3rdplace02:四谷の「Nがみ」

2018年9月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「仕事で疲れたり、めげたり、詰まったり、凹んだときに、元気を回復するために、あなたはどうやって回復を図るか?」をイトウエルマさんがインタビューする新連載(第1回はこちら)。

 今回登場する方ははた目にも優秀なビジネスパーソン、復活の呪文は「食べること」のようです。では、その呪文を唱えるお店の場所はどうやって見つけて、どうやって楽しむのか。食いしん坊のイトウさんらしく、根掘り葉掘り聞いていきます。プライバシー保護のため、お名前、場所などを一部改変していますので、検索では見つけにくいかもしれませんが、どうぞご了承下さい。

(担当編集Y)

コメント5件コメント/レビュー

年間330日外食(外飲み)派の私としては共感せざるを得ません。

仕事の流儀もサラリーマンの鑑であり、自分の居場所を大事にする人との印象が伝わります。

こういう人がうちの社内にも増えてくれるといろいろスムーズになるんですがねぇ…(2018/09/17 16:11)

オススメ情報

「復活の呪文を探せ」のバックナンバー

一覧

「サボるのは「こいつは大丈夫」と思わせてから!」の著者

イトウエルマ

イトウエルマ(いとう・えるま)

イラストライター

北海道室蘭市生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。イラストルポなどを中心にお仕事しております。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

年間330日外食(外飲み)派の私としては共感せざるを得ません。

仕事の流儀もサラリーマンの鑑であり、自分の居場所を大事にする人との印象が伝わります。

こういう人がうちの社内にも増えてくれるといろいろスムーズになるんですがねぇ…(2018/09/17 16:11)

良い記事ですね。とくに、上司の信用を得たらサボっても大丈夫、というのは示唆に富んでいると思います。上司が部下に細かく指示したり行動を監視したりするのは、不安や不信からきています。「こいつなら大丈夫」と思わせてしまえば、些細なこと、例えば昼休みに数時間職場を空けることなど、まったく気になりません。自分を上司の立場に置きかえてみればわかります。(2018/09/13 20:15)

よく、何でも周囲や環境のせいにする方がいます。しかし、今回のSさんの記事を読んで「やっぱり環境は自分が自己をしっかりと持った上で主体的に周囲に働きかけて作りあげていくもんだ」と思いました。(2018/09/13 17:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

特徴が伝わり、ついでにクスッと笑える名前がいい。

包行 均 キャニコム会長