• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「香典一律3000円」に見る樹木希林さんの死生観

「死の共有」は次代に向けた最高の教育材料になる

2018年10月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大切なのは、死者に対する敬意や弔いたいとする気持ちだ

 先月15日に亡くなった樹木希林さん(享年75)に関して、雑誌の編集者から取材があった。それはこんな趣旨だった。

 

 生前、樹木さんは香典の袋の中身を誰であっても、3000円に決めていたという。樹木さんからすれば、世間体を気にして、いちいち香典の中身に苦心するのはバカバカしい。だったら一律3000円にすればいいじゃないか、という意図らしい。編集者は、その金額についての妥当性を、私に尋ねてきたのだ。

 私はこのように答えた。そもそも香典に、決まった値段などない。「香典(奠)」という言葉は、本来は霊前にお香を手向けるかわりとして、金銭をお供えすることに由来する。したがって、お香の代金を基準にするならば、(香にもピンキリがあるが)、さほどは高額にはならないはずである。

 同時に、葬式における香典の意味は、相互扶助の意味合いが強い。葬式となれば、喪家が多額の出費を強いられる。そのため、地域や親族間で少しずつ負担し合うのだ。

 田舎の町内会では暗黙知によって香典は3000円とか、5000円とか決まっている。地縁型の葬式が執り行われている地域では「3000円」は、ごく普通の金額だろう。ちなみにお寺への布施金額も、地域による暗黙知によってだいたい決まっている。

 東京では香典は、「1万円」という金額が多いようだ。金額が高めなのは都会では地縁が崩壊し、「個」の付き合いになっているから。香典の金額が、その人自身の相場観に委ねられているのだ。すると、「世間体分」が上積みされ、高額になる傾向がある。世間体さえ気にしなければ、別に東京でも3000円で差し障りない。

 ここまで話しているうちに、私は妙に樹木さんの「一律3000円」の考え方は、実にまっとうだと思えるようになってきた。金額などはどうでもよく、死者に対する敬意や弔いたいとする気持ちがありさえすれば、それでいいのだから。

コメント19件コメント/レビュー

マスメディア等々は、彼女の死に便乗してないか。彼女の映画も女優として演じたことでそれ以上でも以下でもない。本人もそう思っていたことだろう。それ以上の意味を付加するのは不遜です。
自分の人生にそれなりに満足して逝った人を持ち上げる必要があるのか。何故かこの件には馴染めません。(2018/10/15 12:18)

オススメ情報

「きょうの坊主めくり」のバックナンバー

一覧

「「香典一律3000円」に見る樹木希林さんの死生観」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

1974年、京都市生まれ。新聞記者、日経ビジネス記者、日経おとなのOFF副編集長などを歴任後、2018年に独立。「宗教と社会」をテーマに取材を続ける。正覚寺副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

マスメディア等々は、彼女の死に便乗してないか。彼女の映画も女優として演じたことでそれ以上でも以下でもない。本人もそう思っていたことだろう。それ以上の意味を付加するのは不遜です。
自分の人生にそれなりに満足して逝った人を持ち上げる必要があるのか。何故かこの件には馴染めません。(2018/10/15 12:18)

「死生観」と書きつつ中身は「生生観」。
元来、仏教には祖霊の概念も無い。
部派仏教(=南伝、小乗)は「他人はどうあれ自分さえ解脱できれば良い」という思想だ。本質的に他人の死に興味など無く、あるのは樹木希林的『みんな! 私、死ぬわよ! 注目して!!』という完全なる自己中心主義だ。大乗でさえ浄土真宗などは「死んだら成仏。はい終わり。お盆も供養も不要」である。

それでも日本は、現代まで祖先崇拝が保たれてきた世界でも例外的な国である。柳田国男風に言えば「土地と血統を仲立ちにした生と死の対話」が神道以前から数千年も続いてきたのだが、それが戦後大きく崩れてきた。「死んだ祖先と生きる自分という死生観」を失いつつある。

葬儀は本来、生と死をつなぐ橋であり、死者の霊が祖霊に合流できることを祈る場である。香典は本来、祖霊供養の費用分担であり、仏教的には出せるだけを出すという喜捨・布施の心だ。布施は布施行であり、善行を先祖に回向して安寧と現世への加護を祈るものでもある。

樹木希林を書くなら「尼寺にさえ行かなかったオフィーリアを自分に重ね合わせた人物」として考察し、日本人の宗教心の将来を展望すべきだろう。(2018/10/10 17:55)

(2018/10/09 08:15) の方へ。

共感しますよ。
今は一人暮らしですが、母との同居でも、お互いに共犯者になれそうです。

「死にそうなのを放っておいた」なんて、バレやしないと楽観してます。
バレたからどうってことでもないと思いますし。
だって、本人が「元気元気。病院なんて行かなくていいわよ、面倒くさい」と言うから連れて行かなかったらウソだったから、騙された方が犯罪ってオカシイじゃないですか。
それは優しい嘘ですよ。

案外、共感する人は多いんじゃないですかね。
そうでなきゃ、とっくに年金も医療も破綻してると思います。(2018/10/10 12:44)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長