• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

北がミサイル1発撃っても自衛隊は出動できない?

自衛隊を縛るのは憲法だけではない

2018年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回はこちら

日本上空を通過した火星12号(提供:KNS/KCNA/AFP/アフロ)

香田さんは、北朝鮮が日本に向けてミサイルを1発撃っても自衛隊は防衛出動できない可能性があると指摘されています。これは、どういうことですか。

香田:我が国は、個別的自衛権を発動し、防衛出動を発令して、はじめて武力行使が可能になります。同時に、武力行使を乱用・濫用しないためこの発動に要件を設けている。

新三要件ですね。

武力行使の新三要件

(1)わが国に対する武力攻撃が発生したこと、又はわが国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これによりわが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること(存立危機事態)

(2)これを排除し、わが国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと

(3)必要最小限度の実力行使にとどまること

香田洋二(こうだ・ようじ)
海上自衛隊で自衛艦隊司令官(海将)を務めた。1949年生まれ。72年に防衛大学校を卒業し、海自に入隊。92年に米海軍大学指揮過程を終了。統合幕僚会議事務局長や佐世保地方総監などを歴任。著書に『賛成・反対を言う前の集団的自衛権入門』など(写真:大槻純一 以下同)

香田:そうです。政府は(1)の「武力攻撃」について、「一般に、一国に対する組織的計画的な武力の行使をいう」と国会で答弁しています。

 北朝鮮がミサイルを1発発射して東京に着弾し、200人が亡くなったとしましょう。これまで国会でなされてきた論議に鑑みると、1発のみの発射・着弾ということから、これは組織的でもなければ計画的でもないと判断されるでしょう。北朝鮮が宣戦布告や最後通牒の手続きを踏むとは考えられませんから。

 組織的かどうかを判断するために、北朝鮮軍に対日攻撃命令が出ているか確認すべきだとの真面目な議論も浮上する。もちろん、そんなこと確かめようがありません。もっと言えば「北朝鮮が撃ったとなぜ確定できるのか」と主張する人すら現れかねない。我が国の政府憲法解釈のため、そんな、常識はずれの入り口論から議論しなければならない可能性が高いのです。

 あるミサイル攻撃が組織的・計画的なのかをめぐって、大手新聞などのマスコミも主張が分かれるでしょう。

 その時の政権が安倍政権のような、安全保障の立場が明快で意思決定がはやい政権であれば、「北朝鮮による攻撃だ」と言い切るかもしれません。しかし、その政権の性格によって対応が異なるので、自衛隊が速やかに対応するのを可能とする命令が出るかどうかが当てにできない。20発ぐらいまとめてミサイルが飛んでくれば、組織的、計画的と認めるのでしょうが。

 日本が国として組織的な対応が取れずにいるうちに、第2、第3の攻撃が来る。そしてようやく、これは組織的だと判断して、防衛出動を発令する。自衛隊はそれから対応を開始するわけですから、相当大きな被害が出ることになりかねません。

コメント12件コメント/レビュー

外交不在の憲法論など無意味(2018/03/14 12:56)

オススメ情報

「私の憲法改正論」のバックナンバー

一覧

「北がミサイル1発撃っても自衛隊は出動できない?」の著者

森 永輔

森 永輔(もり・えいすけ)

日経ビジネス副編集長

早稲田大学を卒業し、日経BP社に入社。コンピュータ雑誌で記者を務める。2008年から米国に留学し安全保障を学ぶ。国際政策の修士。帰国後、日経ビジネス副編集長。外交と安全保障の分野をカバー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

外交不在の憲法論など無意味(2018/03/14 12:56)

何で一発だけだと組織的計画的でない、ということになるのかわからないので、理解不可能。北朝鮮の今までの挑発なんて、一発ずつ組織的計画的に撃っているように思うのだが。(2018/03/14 12:23)

東京都小平市と隣接する
東大和市、立川市、国分寺市には、絶対に北朝鮮ミサイルは落ちません。
小平市の西端に朝鮮大学校があるからです。

安全地帯を教えておきました。(2018/03/14 12:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授