• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界株安の波紋、トランプ・バブルの矛盾が露呈

新任のパウエルFRB議長を直撃

2018年2月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すでに世界の先頭を切って出口戦略に乗り出しているFRBは、2018年中に3度の利上げを予定しているが、景気好転による物価上昇にはずみがつくようなら、利上げのテンポを速めなければならない。しかし、景気好転の証とはいえ長期金利上昇で市場が混乱するなら、利上げのテンポを緩めることも考えなければならなくなるだろう。エコノミスト出身ではないパウエル議長がこの微妙な舵取りを市場の反応も読みながら実行できるかどうかである。

大規模減税・インフラ投資で財政赤字拡大

 米国経済が好調であるおかげで雇用が拡大し賃金上昇が実現し、それが低位安定を続けてきた長期金利を上昇させたとすれば、「良い金利上昇」である。「健全な経済」の循環だといえる。むしろ景気が良くても長期金利がいつまでたっても上がらず、それが株高を招いてきたとすれば、その方が「いびつな経済」といえる。

 しかし、長期金利上昇が経済の好循環とは別の要因によってもたらされているとすれば、話は別である。トランプ政権が打ち出す経済戦略が米国に巨額の財政赤字を積み残すことが懸念される。巨額の財政赤字が長期金利上昇の背景にあるとすれば、「悪い金利上昇」というしかない。

 法人減税など大規模減税を柱とするトランプ税制改革によって、連邦政府債務は10年間に1兆ドル積み上がる見通しだ。さらにトランプ大統領は1.5兆ドルという戦後最大のインフラ投資計画を打ち出した。このままでは財政赤字の国内総生産(GDP)比は5%に近づき、連邦債務残高のGDP比は100%を超える恐れが出てきている。これはユーロ圏の問題国並みの危機レベルである。

核軍拡で財政赤字拡大に拍車

 さらに、問題なのはトランプ政権が核軍拡を軸に国防費増大を鮮明にしていることだ。オバマ前大統領が打ち出した「核兵器なき世界」への核軍縮路線を逆転させる危険な選択である。核戦略の指針となる「核体制の見直し」(NPR)は、核兵器の使用条件の緩和など核の役割拡大を打ち出した。爆発力を抑制した小型の核弾頭を開発するなど「使える核兵器」をめざしている。核抑止力を高めるのが狙いだが、トランプ政権の路線転換にロシアや中国は強く反発しており、核軍拡競争が再燃する危険がある。

 このトランプ政権の核軍拡は世界の安全保障環境を危険にさらすだけではなく、ただでさえ危機レベルに近づく米国の財政赤字をさらに拡大させる恐れがある。とくに冷戦期のような核軍拡競争に発展すれば、財政赤字に歯止めがきかなくなる。それは、米国の長期金利上昇を招き、世界の金融、為替市場を混乱させる要因になる。米の核戦略見直しは米株価暴落と連動したとみるべきだろう。

コメント23件コメント/レビュー

(2018/02/10 19:03)の方へ

>セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?

良くないです。
現在、セイの法則は間違っていることが証明されています。
もう少し現実を見た方が良いと思います。
(2018/02/10 09:56)に色々書きましたが、この程度の事は知っていて下さい。(2018/02/15 14:38)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「世界株安の波紋、トランプ・バブルの矛盾が露呈」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

(2018/02/10 19:03)の方へ

>セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?

良くないです。
現在、セイの法則は間違っていることが証明されています。
もう少し現実を見た方が良いと思います。
(2018/02/10 09:56)に色々書きましたが、この程度の事は知っていて下さい。(2018/02/15 14:38)

(2018/02/08 16:28)の方へ

え?借金って倫理観の問題なんですか?
私は現実的に将来起こりうる危機を問題視してるんですが。はなから立ち位置が違うので、答えるのもバカバカしいんですが、一応レスつけます。

経済学の常識って…。セイ法則も経済学の常識ですでいいですか?立ち位置によっていくらでも変わるものに、答えるわけがないでしょうよ笑

日本国債の金利について、市場が常に合理的に判断するわけではないからです。ほとんどの経済学の前提ですがね。それを前提しないと学問として成り立たないので。(2018/02/10 19:03)

記事を書くなら、その元になる経済的なデータを表なりグラフなりで示してからにして下さい。でなけれれば、単なる妄想と呼ばれてもしかたありません。(2018/02/10 18:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官