• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バッハ、ヘンデル生誕333年、欧州の新しい現実

BREXITが変える欧州地図

2018年4月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685~1750年)(写真:candyman/123RF)

 大音楽家のヨハン・セバスティアン・バッハとゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが誕生して今年は333年になる。神聖ローマ帝国を構成するドイツで生まれた2人の生涯は対照的だった。バッハが教会音楽家に徹しドイツにとどまったのに対して、ヘンデルはイタリアでオペラを学び、英国に帰化して音楽を大衆に広めた。産業革命を前にしたグレート・ブリテンの吸引力の大きさを示している。いま欧州は英国の欧州連合(EU)離脱で地図が塗り替えられようとしている。金融機関を中心に、英国からドイツなど欧州大陸への移転が相次いでいる。BREXITで、「英国の時代」は終わるのだろうか。

時代の節目で誕生

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(1685年~1759年)。ドイツ出身の作曲家だが、後にイギリスに帰化した。ヨハン・ゼバスティアン・バッハと並びバロック音楽における最も重要な作曲家の一人(写真:nicku/123RF)

 バッハとヘンデルが生まれた1685年は「欧州の時代」が動き出した節目と位置付けられる。神聖ローマ帝国を舞台とした宗教戦争「30年戦争」が終わり、1648年ウエストファリア条約が締結される。ドイツは諸侯の領邦主権が確立し、300以上の領邦に解体される。戦争による荒廃で、ドイツは近代化が遅れる。そのなかでプロイセンの軍国主義が台頭する。

 神聖ローマ帝国は形骸化し、欧州各国は主権国家として条約に参加し、主権国家体制ができあがる。ウエストファリア体制である。まだアジアが世界の国内総生産(GDP)のなかで6割を占めていたが、「欧州の時代」が見え始めていた。英国を中心に産業革命への予兆があった。

 ちなみに、日本では徳川5代将軍が生類憐みの令を出していた時代である。

コメント25件コメント/レビュー

2017年のEU加盟国の中でドイツの名目GDPは3,263.350( billions of €)だそうで、加盟国中1位である。2位はフランスで2,287.603とのこと。(このデータはWikipediaの英語版による)
この傾向は過去5年変化しておらず、近年2位のフランスとの乖離は大きくなっている、つまり、EU域内ではドイツの一人勝ち状態であり、EU域内での国ごとの貧富の格差は以前よりも是正が困難になってきているように思える。
このような状態ではEUの未来は決して明るくないように思える。これがEUの昔からの現実ではないのか。よって新しい現実などない。(2018/04/11 10:50)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「バッハ、ヘンデル生誕333年、欧州の新しい現実」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

2017年のEU加盟国の中でドイツの名目GDPは3,263.350( billions of €)だそうで、加盟国中1位である。2位はフランスで2,287.603とのこと。(このデータはWikipediaの英語版による)
この傾向は過去5年変化しておらず、近年2位のフランスとの乖離は大きくなっている、つまり、EU域内ではドイツの一人勝ち状態であり、EU域内での国ごとの貧富の格差は以前よりも是正が困難になってきているように思える。
このような状態ではEUの未来は決して明るくないように思える。これがEUの昔からの現実ではないのか。よって新しい現実などない。(2018/04/11 10:50)

>EUはポリフォニー云々というコメントには共感しかねます

仰るとおりで、「理念」としてのEUポリフォニーは完全に破綻しています。
現在のドイツEUはバンドのボーカルが収入を総取りするようなシステムですから、そんなバンドが何時まで続くのか。お約束の「音楽的な方向性の違い(=金銭トラブル)」で解散しなければいいのですが。(2018/04/10 13:44)

ユーロのお陰で大幅な黒字を達成しているドイツは、今の状態のEUを変える気はないだろね。一つの国になんかしちゃったら、折角の税収を他所で使われちゃいますから。つまり、これからは進化も深化も無く、小手先だけの変更でしかないのでしょう。それで各国を繋ぎ止めておけるのかな?(2018/04/09 23:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

正直言って自信がなかった。根性なしの自分がいた。

澤田 貴司 ファミリーマート社長