• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

遥かなる「ローマの休日」、60年後のEUの憂鬱

分裂に向かうのか、再結束に踏み出すのか

2017年4月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 欧州連合(EU)の原点であるローマ条約の調印から60年が経った。この3月25日に、ローマ条約に調印したローマのカピトリーノの丘(capitoline hill)でEU特別首脳会議が開催され、英国離脱後のEUの将来像を示すローマ宣言が採択された。参加したのは、英国のメイ首相を除く27カ国の首脳たちである。ローマ条約調印時の6カ国に比べると加盟国は大幅に増え、ユーロ創造など統合は深化した。しかし、いまEUは創設以来の最大の危機に直面している。EUは分裂に向かうのか。それとも再結束に踏み出せるか。節目となる60年後のローマ会議はEU首脳たちにとって「ローマの休日」には程遠かった。

3月25日、ローマ条約の60周年を記念するEU特別首脳会議に出席した欧州各国の首脳ら。(写真:ZUMA Press/amanaimages)

「欧州合衆国」構想の夢と現実

 その日、ローマはまるで初夏のような気候だった。冬支度のまま会議場への坂道を上るのはやや難儀だった。ようやくたどりついても、記者へのセキュリティ・チェックは厳重だった。ちょうど1年前、ブリュッセル空港や地下鉄でテロが起き、こんどはロンドンの議事堂前でもテロが起きたばかりだ。緊迫した雰囲気のなかで開かれたEU首脳会議だが、欧州統合に歴史的な一歩を踏み出したローマ条約調印のような昂揚感は感じられなかった。

 60年前のローマ条約に参加したのは、フランス、西独、イタリア、オランダ、ベルギー、ルクセンブルクの6カ国である。原加盟国と呼ばれる。第2次大戦後の仏独和解を背景にした欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)設立に続いて、EEC(欧州経済共同体)を軸に欧州統合を幅広く押し進めるのが狙いだった。そこには、欧州統合の父、ジャン・モネの「欧州合衆国」の夢が反映されていた。

 そんな戦後の欧州統合の機運は、ウィリアム・ワイラー監督の米国映画「ローマの休日」(1953年製作)にも映し出されている。オードリー・ヘップバーン演じる王女が記者団を前に欧州統合について語る最後のシーンは印象深い。記者が「欧州の連邦化は経済問題の解決策だと思いますか」と質問すると、「欧州の一致団結を促すなら、どんな政策も歓迎します」と答える。別の記者が「国家と国家の友好は保たれているでしょうか」と聞くと、「そう信じます。人と人との友情を信じるように」と語る。

コメント8件コメント/レビュー

仮に筆者の言うとおりであるとすれば、フランスではルペンが勝ち、ドイツではAfD(ドイツのための選択肢)が勝利を収める光景を見てみたいと思う。本当に面白いのは、その先なのだから。(2017/04/05 10:30)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「遥かなる「ローマの休日」、60年後のEUの憂鬱」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

仮に筆者の言うとおりであるとすれば、フランスではルペンが勝ち、ドイツではAfD(ドイツのための選択肢)が勝利を収める光景を見てみたいと思う。本当に面白いのは、その先なのだから。(2017/04/05 10:30)

この筆者の様にヨーロッパ合州国を夢見る方は多いと思いますが実現は事実上不可能でしょう。

アメリカが合衆国と言われるようにあの国は元々の原住民のインデアンを虐殺し追い出した後にヨーロッパで喰い逸っれた連中が集まって作った実験国家です。
USAはそのまま訳せばアメリカ合州国ですが合衆国と訳される理由がこれです。
所謂白人系が主導して作った国ですが、今は黒人とヒスパニック系の国に変貌しつつあります。
この様に無理矢理作ったから一応国の体を成していますが、ヨーロッパは2000年以上の歴史を刻んだ地域です。
幾ら何でも一つの国として統一するのは無茶苦茶な話で、出来ると思う方がどうかしています。
過去にローマ帝国として統一された時期がありましたがその後にどうなったは歴史書に書いてあります。
夢を見るのは勝手ですが、今直ぐにでも実現しそうな様に語るのは馬鹿ですし、EUに否定的な意見は全て極右とかポピュリズムとか言うのは間違いです。(2017/04/04 17:21)

ヨーロッパ合衆国化・一層の統合推進が唯一正しい結論であるというのは、十分にテストされた思想ではないのに、なぜこの記事の著者はこれに染まってしまっているのだろう。

そしてそれに反対する民意をポピュリズムと呼んでさげすむが、そもそも民主主義とはポピュリズムではないのか。

われわれは、「知識人」の中には、あらかじめ決められた世界観(イデオロギー)のもとでしか思考できない人たちが圧倒的に多い、という事実をみてきた。著者もそうした「知識人」の一人にしかみえない。言葉は知識にあふれていても、イデオロギストの描く世界観は必ずゆがんでいる。(2017/04/04 16:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官