• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マハティールとリー・クアンユーの間

「アジア主義」と「グローバル主義」

2018年5月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マハティール戦略は、冷戦後のグローバル時代に逆行するものとして国際社会の批判にさらされる。しかし、グローバル資本主義に安易に追従すべきではないとマハティール氏は確信していた。それはアジア主義の政治信条からきていたのかもしれない。

 IMF・世銀主催のセミナーでマハティール氏は「実需を伴わない為替取引は禁止すべきだ」と為替投機に警告した。批判の標的にされたヘッジ・ファンドの帝王、ジョージ・ソロス氏が「そうした考えは破滅的な結果につながる」と反論するなど、グローバル資本主義をめぐる歴史的な論争を繰り広げた。論争に終わりはなかったが、マレーシアがマハティール指令によって、通貨危機を乗り切ったのはたしかである。

建国の父―冷房で生産性向上

 シンガポールがマレーシアから分離独立したのは、1965年である。初代首相に就くリー・クアンユーはいまでこそ「建国の父」と称されるが、建国された当初、シンガポールが東南アジア唯一の先進国にまで駆け上がると予想した人はいなかった。それどころか、英軍の撤退で「シンガポール経済は壊滅的打撃を受ける」と専門家は分析していた。

 そこからがリー・クアンユー首相の手腕である。外資に門戸を開き、多国籍企業を積極的に招き入れる。製鋼、海運など産業創造にも力を入れる。

 そして何より、金融センターをめざしたのである。アジアダラー市場として小さく生んだ金融市場だが、シンガポールが東南アジアの貿易、投資の拠点になるにつれて、国際的金融取引は幾何級数的に増大したと「回顧録」に書いている。ケンブリッジ大学で学んだ経験から、ロンドン・シティーのような金融センターの意義を体感していたのだろう。

 そんなリー・クアンユー氏と懇談するのは記者冥利につきるが、気を付けなければならないことが一点あった。室温の低さである。常温に慣れた身からすると寒すぎる。この点を聞くと、「常夏のシンガポールが生産性を高められたのは、冷房が行きわたったからだ」という答えがはねかえってきた。シンガポールが先進国に駆け上がれた意外な秘密かもしれない。

世界の鳥瞰図示す

 リー・クアンユー氏の話を30分聞けば、世界の鳥瞰図がわかった。これだけ世界の変化を深くかつバランスよく読める政治家は、世界を見渡してそういないだろう。英米だけではなく仏独など先進国首脳に信頼される。華人ネットワークもあり、中国との連携は深い。一方で、台湾との関係も保たれる。日本を中心にすべてのアジア諸国とは親密である。

 徹底したグローバル主義で世界経済のハブになることをめざしてきた。リー・クアンユー氏の広範な人脈なしには、この大目標は達成できなかったはずである。

引き継がれた指導力

 リー・クアンユー氏の政治手法は「開発独裁」と言われることもある。批判を許さぬメディア規制など影の部分があったのは事実だ。グローバル国家にふさわしい言論の自由を確保できるかが課題である。「緑のシンガポール」は美しいが、規則が多すぎて息苦しいという不満も聞く。しかし、美しい都市国家として世界経済のハブの座を維持するには、ある程度の規制は避けられないだろう。

コメント10件コメント/レビュー

コメントに認識誤りのあるものがあったので以下の通り正しておきたい。


(誤)・リー・クアンユーは一旦はアンワル元首相を後継者にしようとした
(正)・マハティールは一旦はアンワル元副首相を後継者にしようとした


(誤)・今回の選挙ではリー・クアンユーがその状態をもとに戻すように動いた
(正)・今回の選挙ではマハティールがその状態をもとに戻すように動いた(2018/06/03 12:52)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「マハティールとリー・クアンユーの間」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントに認識誤りのあるものがあったので以下の通り正しておきたい。


(誤)・リー・クアンユーは一旦はアンワル元首相を後継者にしようとした
(正)・マハティールは一旦はアンワル元副首相を後継者にしようとした


(誤)・今回の選挙ではリー・クアンユーがその状態をもとに戻すように動いた
(正)・今回の選挙ではマハティールがその状態をもとに戻すように動いた(2018/06/03 12:52)

色々と学ぶことの多い記事でした。

下のコメント欄にもありますが、日頃の主張との違いは一体…という思いは拭えません。
がしかし、いい記事には素直に感謝したいと思います。
このようなバランスの取れた分析(ある国にとって限定的な期間、グローバリズムや政治的自由の制限が必要な局面はあるが、中長期的には政治的にも経済的にも自由の拡大を目指すべき)を、今後は欧米日にも等しく適用すれば良い記事になるこということを、今回の記事への高いレビュー評価が示していると思います。(2018/05/23 08:23)

マハティールもリー・クアンユーも傑物である事は間違いないですが
方やマレーシア第一主義、方やエリートによる独裁
ある意味、超有能なトランプと言っても過言ではないのですが
いつもの主張は何処へ言ってしまったんでしょうか(2018/05/21 10:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

不満や不安を明確にすると、 解決案を見つけやすくなる。

ジェレミー・ハンター 米国クレアモント大学経営大学院准教授