• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

BREXITでまたもオウンゴールの英国

英与党の総選挙敗北でEU離脱交渉は混迷

2017年6月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

6月9日、英総選挙の結果を受け、首相官邸前で記者会見するテリーザ・メイ英首相。与党保守党は過半数割れとなったものの、続投を表明。欧州連合(EU)離脱(BREXIT)交渉を成功に導くと述べた。(写真:AP/アフロ)

 英国の総選挙で与党・保守党は過半数を割り込み、事実上、敗北した。議会で圧倒的多数を得て、欧州連合(EU)離脱交渉を有利に進めようというテリーザ・メイ首相の総選挙前倒しは大失敗に終わった。1年前、EU残留を固めるためのキャメロン前首相による国民投票実施は裏目に出たが、それに続く2度目の「オウンゴール」(自殺点)という見方がある。

 メイ政権は北アイルランドの地域政党との閣外協力で事態を打開しようとしているが、首相の信認失墜による政治の混乱は避けられそうにない。「ハード離脱」路線の修正も含めてBREXITは混迷する恐れがある。

「メイ・フェア・レディ」は失敗物語

 オードリー・ヘップバーンとレックス・ハリソン主演の映画「マイ・フェア・レディ」(My Fair Lady)は貧しい花売り娘から貴婦人への大変身の物語である。下町言葉のコックニーなまりが抜け切れず、ロンドンの高級住宅地「メイフェア―」(Mayfair)を「マイフェア」と発音してしまう。それをもじって、「マイ・フェア・レディ」の題名になったといわれる。「マイ・フェア・レディ」は成功物語だが、美しいクィーンズ・イングリッシュをしゃべるメイ首相の「メイ・フェア・レディ」(May Fair Lady)は失敗物語だった。

 なぜメイ首相は失敗したか。2020年に予定されていた総選挙の前倒しをあえて実施するには、確かな勝算がなければならなかったはずだ。当初は、不人気を極めたコービン党首のもと落ち目の労働党に大差をつける世論調査がほとんどだった。しかし、楽勝と読んで、社会保障費削減など高齢層に響く国内政策を打ち出したのが裏目に出た。党内の調整より側近のアドバイザーの判断を取り入れたマニフェストを採用する。このマニュフェストで民意は離れていく。逆に、労働党は財政緊縮からの離脱を訴えて、票をかせいだ。

 それに、マンチェスター、ロンドンと相次ぐテロで、メイ首相は内相時代の警察官削減の責任を問われた。

コメント8件コメント/レビュー

この「如何翁」さん(と個人的に呼んでいます)、数多のコラムに熱心に投稿されていて採用率も高いのですが、独特の文体のせいか文意が全く汲み取れないので内容について不適切かどうか判断が付き兼ねますね(笑)。いつも頭の体操と思って朱を入れながら読んでいます。

全くの私事ですが私と全く同じ想いの方がいらっしゃるのを知り思わず笑ってしまいました。
私もコメントを読み進めても意味が全く分からず、最後に「如何」で結ばれているとまた「如何オジサン」が出たよと脱力感を感じておりました。(2017/06/19 12:44)

オススメ情報

「岡部直明「主役なき世界」を読む」のバックナンバー

一覧

「BREXITでまたもオウンゴールの英国」の著者

岡部 直明

岡部 直明(おかべ・なおあき)

ジャーナリスト/武蔵野大学 国際総合研究所 フェロー

1969年 日本経済新聞社入社。ブリュッセル特派員、ニューヨーク支局長、論説委員などを経て、取締役論説主幹、専務執行役員主幹。早稲田大学大学院客員教授、明治大学 国際総合研究所 フェローなどを歴任。2018年より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この「如何翁」さん(と個人的に呼んでいます)、数多のコラムに熱心に投稿されていて採用率も高いのですが、独特の文体のせいか文意が全く汲み取れないので内容について不適切かどうか判断が付き兼ねますね(笑)。いつも頭の体操と思って朱を入れながら読んでいます。

全くの私事ですが私と全く同じ想いの方がいらっしゃるのを知り思わず笑ってしまいました。
私もコメントを読み進めても意味が全く分からず、最後に「如何」で結ばれているとまた「如何オジサン」が出たよと脱力感を感じておりました。(2017/06/19 12:44)

>>他人事ではありゃせん。オンブズマンの指摘対象なら兎も角、人権事案関連国連機関に選
>こんなコメントもそのまま載せちゃうのですか?

この「如何翁」さん(と個人的に呼んでいます)、数多のコラムに熱心に投稿されていて採用率も高いのですが、独特の文体のせいか文意が全く汲み取れないので内容について不適切かどうか判断が付き兼ねますね(笑)。いつも頭の体操と思って朱を入れながら読んでいます。(2017/06/15 09:29)

フランス大統領選挙、パリ協定、そして今回のイギリスの総選挙と
ここ最近、ニュース速報が出た時点で本コラムの内容がほぼ予想が付き、
しかもその予想がほぼ寸分たがわず的中してしまうことにうんざりしています。

物書きで飯を食うプロなら、もう少し読者の意表を突く努力をしてください。(2017/06/14 06:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)