• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

迫る温暖化の脅威

バックナンバー

[1/1ページ]

2017年8月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

「温暖化」とは何を根拠に言うのか? 受け売りばかりしないでほしい。
私も気候が子供の頃と違うと感じているので、「気候変化」なら同意するし、地下資源の無駄使いには反対したい。
特にパリ条約が 人類のCO2発生が原因で地球が温暖化していて、CO2発生を抑えるべきとのベースに立っているので 疑問を持っている。
自動車の熱有効利用効率は30%程度で 残りの70%は地球の空気を加熱している。EVに替えてもその電力は発電所に依っていて、発電所の熱有効利用効率は30%余りで残りの70%は地球の空気や海水を加熱しているので 熱を無駄に地球加熱している事では大差ない。自動車が増えると排熱による地球加熱が増える。これは原子力発電でも同じで、原子力発電はCO2発生は殆ど無いが 核反応発熱の有効利用率は火力より低く、同じく残りの70%は海水加熱している点 火力発電と大差ない。この辺りは新事実ではなくエネルギー技術者には既知である。
 地球温暖化と言うが、有史以来の地球の気温の測定データは少なく、データの有る近代の人口の多い都市近郊は人口集中、建物、道路舗装、さらに近年はエアコンで都市のヒートアイランド現象が著しい。地球気温へは夏冬が判り易い様に太陽の影響が第一因子であり、それを先ず先に検討すべきである。IPCCによるスパコンシミュレーションの計算モデルの怪しさは、ホッケースティック曲線の否定で広く認識された。(日経の記者やNHKのプロデューサはこの議論を理解しているか疑問) IPCC主導によるCO2排出権取引は殆ど機能しなくなっているのは、CO2原因の怪しさを示している。ヨーロッパの再生可能エネルギー開発は 中東の石油のみに頼らないエネルギーセキュリティの為で始まった。
 地球環境の変化は有る様に思うが、学会ではなく政治的なIPCCグループのCO2原因による地球温暖化には疑問が有る。 CO2発生の抑制は 政治的な 先進国による発展途上国の抑制の武器になっている。人口爆発の方が実際の問題とも言える。
 10年昔のCO2原因の地球温暖化説は 政治的IPCCの寄与であって自然科学的には怪しい。(2017/09/13 13:54)

「環境 vs 人類」の目次

オススメ情報

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「温暖化」とは何を根拠に言うのか? 受け売りばかりしないでほしい。
私も気候が子供の頃と違うと感じているので、「気候変化」なら同意するし、地下資源の無駄使いには反対したい。
特にパリ条約が 人類のCO2発生が原因で地球が温暖化していて、CO2発生を抑えるべきとのベースに立っているので 疑問を持っている。
自動車の熱有効利用効率は30%程度で 残りの70%は地球の空気を加熱している。EVに替えてもその電力は発電所に依っていて、発電所の熱有効利用効率は30%余りで残りの70%は地球の空気や海水を加熱しているので 熱を無駄に地球加熱している事では大差ない。自動車が増えると排熱による地球加熱が増える。これは原子力発電でも同じで、原子力発電はCO2発生は殆ど無いが 核反応発熱の有効利用率は火力より低く、同じく残りの70%は海水加熱している点 火力発電と大差ない。この辺りは新事実ではなくエネルギー技術者には既知である。
 地球温暖化と言うが、有史以来の地球の気温の測定データは少なく、データの有る近代の人口の多い都市近郊は人口集中、建物、道路舗装、さらに近年はエアコンで都市のヒートアイランド現象が著しい。地球気温へは夏冬が判り易い様に太陽の影響が第一因子であり、それを先ず先に検討すべきである。IPCCによるスパコンシミュレーションの計算モデルの怪しさは、ホッケースティック曲線の否定で広く認識された。(日経の記者やNHKのプロデューサはこの議論を理解しているか疑問) IPCC主導によるCO2排出権取引は殆ど機能しなくなっているのは、CO2原因の怪しさを示している。ヨーロッパの再生可能エネルギー開発は 中東の石油のみに頼らないエネルギーセキュリティの為で始まった。
 地球環境の変化は有る様に思うが、学会ではなく政治的なIPCCグループのCO2原因による地球温暖化には疑問が有る。 CO2発生の抑制は 政治的な 先進国による発展途上国の抑制の武器になっている。人口爆発の方が実際の問題とも言える。
 10年昔のCO2原因の地球温暖化説は 政治的IPCCの寄与であって自然科学的には怪しい。(2017/09/13 13:54)

>海面上昇で南の小島が沈む。

まだこんなこと書いてるアフォ晒しがいるww(2017/09/01 06:30)

ドイツやフランス、イギリスが電気自動車に舵を切ろうとしていますが、
これこそ、温暖化の脅威だと思っています

一体、電気はどこから取ってくるのですか?
原子力に頼れない以上、火力で温暖化するしか無いでしょう。
太陽光発電も太陽光パネルを化石燃料で作るので、結局は温暖化です。(2017/08/31 00:10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長