年収300万円会社員が「億り人」になれたワケ

中小株投資で資産4.3億円を築いた3つの「マイルール」

  • 藤原 達矢

投資で1億円超の資産を得る「億(おく)り人」が話題だ。仮想通貨長者を指すことが多いが、アベノミクスに乗り、株式投資で「億り人」になる人も増えている。中小株投資で年収300万円から4億円の資産を持つに至った、ある億り人の道筋をリポートする。
www9945(仮名)さん(50代)
新卒2年目の1993年から株式投資を始め、25年間で約4億3000万円の資産を築く。投資の考え方やノウハウを伝えるツイッターやブログが人気。
Twitter:sp500500
ブログ:https://plaza.rakuten.co.jp/www9945

 食品メーカーの営業担当者だったwww9945さん(仮名)が株式投資を意識したのは、新卒1年目の1992年、雑誌で経営評論家、邱永漢さんのインタビュー記事を読んだのがきっかけだった。 「『株は経済を先読みする勉強になる。しかも儲かる』と書いてあったんです」。

 大学時代は将棋部に所属するなど、もともと奥が深いゲームが好きな性格。俄然興味が湧き、生活を切り詰めて1年半で100万円を貯め、翌93年に投資をスタートさせた。

 当初の目標は資産1億円。「それだけあれば、配当利回り5%で年500万円の収入になる。たとえ会社を辞めても暮らしていけると考えました」。毎年100万円以上を追加し、総資産ベースで年10%増を実現すれば、13~14年で1億円を達成するという青写真を描いたが、当初の目論見は大きく外れることになる。

10年目でプラスマイゼロ。時間だけが経過

 最初に購入した宇部興産と北陸電力の2社の株は、ともに下落し、損切りを決断。その後も一進一退の成績が続き10年が経過。2002年の段階で総資産は1000万円に達したが、投資総額(元手)も1000万円でプラスマイナスゼロ。その後も目立つ成果はなく時間だけが過ぎていった。ちなみに、仕事は続けていたが、営業が肌に合わず、清掃会社の事務職に転職。そこでの年収は300万円だったという。

 流れが変わったのは「郵政民営化法」が可決、成立した05年。日経平均株価が急上昇し、これまでの停滞が嘘のように資産は右肩上がりで増え、05年末には4500万円、06年1月には5000万円超えを達成した。

バックナンバー

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

40%

まあ参考になった
 

37%

参考にならなかった
 

21%

ぜひ読むべき
 

39%

読んだほうがよい
 

21%

どちらでもよい
 

39%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く