• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

死ななきゃ脱げないルビーの靴の教え

2017年2月11日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ミュージカル映画『オズの魔法使い』を通して仕事をするうえで参考になる考え方などをお伝えするこのコラム。今回は、映画の中でもキーアイテムである、ルビーの靴にスポットをあてます。

 主人公の少女ドロシーは、カンザスの農場に襲来した大竜巻によって、家ごと飛ばされてしまいます。飛ばされた先は、小人の国マンチキン。落ちた際、その家で悪い魔女である東の魔女を押しつぶします。

 悪い魔女をやっつけたため、マンチキンの人々から大歓迎されるドロシーたち。その一方で妹である西の魔女は姉を殺されたと恨みます。西の魔女は東の魔女の履いていたルビーの靴を取ろうとするのですが、北の魔女の魔法によってその靴はドロシーが履きます。この靴には魔力があるため、これ以降、西の魔女はドロシーの靴を狙い続けます。

 西の魔女が空飛ぶ猿にドロシーとトトを捕まえさせたときに、ドロシーに「靴を脱げ」といいます。しかし、靴はドロシーが死なないと脱げないのです。そのため、靴を傷つけないようにドロシーを殺すにはどうするか、と考えるうちに、トトが逃げ出して仲間を連れてきて、ドロシーは逃げることができました。

 その後、西の魔女の城の中で、一行は追いつめられてしまいます。そこで、西の魔女がわらのかかしに火を放つのですが、それを消そうとした水によって魔女は溶けてしまいます。西の魔女はルビーの靴にこだわるあまり、自滅してしまうのです。

 実は、原作においてはルビーの靴は銀の靴でした。ドロシーは、この銀の靴の片方を西の魔女によって脱がされてしまい、それに怒ってバケツの水をかけると、魔女は溶けてしまいます。原作においては、魔女退治に密接につながっているように、靴の存在は非常に重要なのです。

靴の魔力

 それでは、ルビーの靴の魔力とはどのようなものでしょうか。ドロシーは、西の魔女を退治した証として、彼女が持っていたホウキをオズの魔法使いを演じていたアルタに渡し、アルタと一緒に気球でカンザスに帰ろうとします。しかし、猫を追いかけたトトのためドロシーが気球に乗り遅れて嘆いていると、北の魔女が現れて、「ルビーの靴のかかとを打ち合わせれば戻れる」と教えます。その通りにすると、ドロシーは元の家のベッドにいるのです。

 つまり、マンチキンに来てから、北の魔女に履かされたルビーの靴は、簡単にカンザスに戻る手段だったのです。帰り方はまさに足元にありました。

 私たちの社会にもそういうことがあるでしょう。解答が近くにあるのに気づかずに、遠回りするのです。見つけるためには、自分の回りをよく見て発見することです。「灯台下暗し」ともいいますね。

 そして、ルビーの靴のように、だれしも自分の気づいていない能力を持っています。気づいていない能力とは潜在能力もそうですし、特徴、個性、長所も含まれるでしょう。往々にして自分では気づかないものですが、親や師、友人、仕事仲間などが気づかせてくれることがあります。あるいは能力テスト、研修やカウンセリング、コーチングなどによってそれがわかることもあります。それらを通して自分を客観的に見ることができます。能力に気づいたら、自分を信じて進むことが大切です。

コメント2件コメント/レビュー

第1回の記事に拠るなら、筆者いうところの「人格障害」のドロシーに試練を与えて、魔女はドロシーを治療しようとしたということになるんでしょうね。
子どもの読み物として楽しい物語から、無理やり教訓や寓意を読み出そうとするのは見苦しいし不愉快です。「死ななきゃ脱げない」ことの解説もなし、最近日経BPで流行の「中身は無いけどタイトルだけはキャッチー」の典型ですね。(2017/02/13 12:16)

オススメ情報

「『オズの魔法使い』に仕事と生き方を学ぶ」のバックナンバー

一覧

「死ななきゃ脱げないルビーの靴の教え」の著者

黒川 二郎

黒川 二郎(くろかわ・じろう)

ドア・インターナショナル・ジャパン

1977年に語学研修センターを設立し、92年には米国研修企業の日本支社長に就任。97年からは米国企業の日本進出を支援する中で、代表取締役を歴任。2011年よりドア・インターナショナル・ジャパン代表。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

第1回の記事に拠るなら、筆者いうところの「人格障害」のドロシーに試練を与えて、魔女はドロシーを治療しようとしたということになるんでしょうね。
子どもの読み物として楽しい物語から、無理やり教訓や寓意を読み出そうとするのは見苦しいし不愉快です。「死ななきゃ脱げない」ことの解説もなし、最近日経BPで流行の「中身は無いけどタイトルだけはキャッチー」の典型ですね。(2017/02/13 12:16)

えっ、試練を与えた、と言うより、北の魔女は自分の手を煩わせたくなかっただけでは。魔女vs魔女の争いになればすごい状態になるけど、魔女対少女と言う奇策で事を大きくせずに済ませる、と言う感じで。(2017/02/13 11:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長