• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フェイクニュースを減らすための簡単な提案

事業者の対応やファクトチェック、法規制も大事だが…

  • 松田 美佐

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年1月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

本物のニュースと見せかけ、SNS(交流サイト)などを通じて拡散する虚偽の情報が「フェイクニュース」だ。欧米だけでなく日本でも社会問題となっており、対策のためには多くの個人や企業・団体の関与が必要とされる。

(日経ビジネス2017年10月16日号より転載)

松田 美佐[まつだ・みさ]
中央大学 文学部教授

1996年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。2008年より現職。近著に『うわさとは何か』(中公新書)、『ケータイの2000年代』(共著、東大出版会)。

 「フェイクニュース」が世界的に大きな注目を集めるようになったのは、米大統領選挙でトランプ氏が当選したことがきっかけだ。

(写真=ZUMA Press/アフロ)

 「ローマ法王がトランプ氏を支持している」「クリントン氏も関わっている児童虐待組織の拠点が、ワシントンのピザレストランにある」など、事実に反する情報がSNS(交流サイト)などを介して爆発的に拡散していた。

 こうしたトランプ氏に有利に働くフェイク(虚偽の)ニュースが同氏の当選に一定の役割を果たしたのではないかと注目を集めたのだ。実際、虚偽の情報を信じた人物が銃を持ち、当該のピザレストランに乗り込むという事件も起きている。

都合の良い情報だけを選別

 フェイクニュースが関心を集める理由は、欧米での選挙結果(英国の欧州連合離脱国民投票や仏大統領選)に影響を与えた可能性があったからだけではない。友人・知人のネットワークを通じて拡散したフェイクニュースを信じ、リツイートやシェアした人たちには、その事実性を否定された後でも自らの見解を変えなかった人が少なくなかったことも大きい。

コメント19件コメント/レビュー

>本物のニュースと見せかけ、SNS(交流サイト)などを通じて拡散する虚偽の情報が「フェイクニュース」だ
日本じゃマスメディアが拡散している「フェイクニュース」もありそうですが、それはスルーですか?(2018/01/08 22:20)

オススメ情報

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>本物のニュースと見せかけ、SNS(交流サイト)などを通じて拡散する虚偽の情報が「フェイクニュース」だ
日本じゃマスメディアが拡散している「フェイクニュース」もありそうですが、それはスルーですか?(2018/01/08 22:20)

「国家権力による一般大衆への洗脳・扇動」ではなく「メディアによる一般大衆への洗脳・扇動」を目の当たりにした一般大衆が、メディアは「事実」ではなく「真実」を一方通行で垂れ流しているのだと理解した部分が考察されていない気がするのは気のせいでしょうか。。。(2018/01/08 18:19)

日本はさいわい既存メディアの影響力がいまだに大きいです。だからこそ既存メディアは客観報道の重要性を再認識すべきだと思います。(2018/01/07 18:02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長