• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

もはや「仮想」と呼べない「VR」と「AR」

製品開発・建築・医療で「あるべき世界」を実現へ

  • 大和田尚孝(日経コンピュータ編集長)

バックナンバー

[1/4ページ]

2017年11月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米マイクロソフトの「HoloLens」やソニーの「Play Station VR」などが発売され、「VR(仮想現実)」「AR(拡張現実)」は身近な存在になった。

 VRは現実に存在しない、あるいは通常なら人が体験できない、仮想の世界を作り出す。一般には「ヘッドマウントディスプレー(HMD)」というゴーグルを装着して体験する。このゴーグルはセンサーが付いているため、頭部の動きに合わせて視界が変化し、あたかも仮想世界の中に自分が存在している感覚になれる。

 一方、ARは現実世界が基にあり、そこに仮想空間を融合して、現実世界を拡張する。例えばメガネ型のスマートグラスをかけて、現実に見えている世界に、スマートグラスに表示される映像や画像を重ね合わせる技術である。

 2018年は様々な産業分野でVRとARの応用が一気に花開く。「こんなふうに見たかった」「これとこれが同時に見られると助かる」といった期待にVRとARが応え、現実の「あるべき世界」として使われ、色々な問題を解決していくだろう。産業界からの期待は大きく、VRとARの利用はどの産業においても当たり前になりつつある。もはや「仮想世界」としてとらえるのは適切ではない。

製品開発でVR活用、設計段階で実物を体験する

 製造業では製品開発にVR技術を応用する。例えば三菱重工業はフォークリフトの設計段階にVRを活用している。3Dメガネをかければ、設計段階のフォークリフトが実寸大で立体表示される。メガネにセンサーを取り付けているので視線の動きに合わせて映像が変化し、非常に高い没入感が得られる。設計担当者は「部品の配置は問題ないか」、販売担当者は「この見た目で問題ないか」などを確認できる。

米マイクロソフトのヘッドマウントディスプレー「HoloLens」(出所:米マイクロソフト)

 三菱重工業はターボチャージャーの設計開発にもVRを応用している。ターボチャージャーを拡大表示し、通常では見ることのできない小さな世界に入り込むことが可能だ。ターボチャージャーはエンジンに送り込む空気の密度を高くしてエンジンの燃費を向上する製品で、数十センチメートル程度の大きさである。それを拡大表示することで、人がその中に入って確認しているかのような没入感があるという。数値シミュレーションの結果に基づいた姿を表示できるので、より良い設計にするための気付きを得られる。気付いた点を修整し、再度表示し、確かめることもできる。

 従来、何らかの機械を製造する際、設計・生産・販売の各担当者は二次元の図面や三次元CADデータを基にした画面から実物を想像するしかなかった。設計者であれば具体的なイメージを描けるかもしれないが、生産・販売担当者には難しく、製造工程に入って、あるいは完成して売り出してから不具合が見つかることもあった。

 

 そうした事態を避けるために試作品を作るわけだが、試作品の作成には時間もコストもかかるので、何回も作り直すことは現実的ではなかった。製品開発のVR設計はこうした問題を解決できると期待されている。

コメント3件コメント/レビュー

英語の Virtual は「事実上の、実質的に」という意味だから、幾ら本物に近づいても
「もはや仮想ではない」なんてことにはならないわけでして。(2017/11/01 19:28)

オススメ情報

「世界を動かす「100の技術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

英語の Virtual は「事実上の、実質的に」という意味だから、幾ら本物に近づいても
「もはや仮想ではない」なんてことにはならないわけでして。(2017/11/01 19:28)

美術館や博物館、歴史資料館の類が好きで旅行先で見つけると入る人間なので、スマートグラス+ARを利用した解説装置があると良いかもしれないと思いました。
ただ、開演から始まって終幕に向かって出演者が観客に向かって一方的に上演する能や歌舞伎の解説と違い、見学者の意思によって提供すべき説明・解説を切り替える必要のある博物館などでの用途では、より高いインタラクティブ性が求められるでしょう。
と、なると直感的な操作を可能にする様なマンマシンインターフェースがより重要になるでしょうね。(2017/11/01 11:54)

”ターボチャージャーはエンジンに送り込む空気の密度を高くしてエンジンの燃費を向上する製品”と説明されている”燃費を向上する製品”とは言えず、エンジンの高回転使用時に、無ければ
不足する空気を補い、ターボチャージャーは燃焼効率を高める装置と考察します。
( 一般的には 低回転の空気の過剰吸入に備えて 装着時の圧縮比は低く設定され、低回転低負荷時はNAエンジンの方が燃費が良いようです。)(2017/11/01 08:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長