• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝の埼京線、女性専用車両で思ったこと

「奥にお詰めください」に従ったがゆえの不運に少々複雑

2016年12月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東日本旅客鉄道の中でも屈指の混雑率となっている埼京線。埼玉県から、池袋や新宿、渋谷、恵比寿、大崎といったターミナル駅を結んでいる。朝のピーク時(7時50分~8時50分)の混雑率は183%(2015年度)だ。

 記者の体験リポートやアンケートを通じて、通勤ラッシュの今を検証する連載企画「「痛勤緩和」のウソ」。11月30日の朝8時10分、記者は埼京線の上り列車に乗るため、JR赤羽駅の改札を抜けホームに向かった。

到着した電車に乗れず、乗る車両を変更

JR赤羽駅から埼京線に乗り込む。駅前にバスが到着すると、みな一目散に駅に向かっていく

 11月30日、8時10分。JR赤羽駅の改札近くの電光掲示板には、「5分遅れ」の文字があった。「5分遅れといっても大したことはないだろう」と思いながら、埼京線上り方面列車が到着するホームに上がる。

 最初に向かったのは、とにかく混んでいるといわれる1号車への乗車位置。1号車は、新宿駅や渋谷駅での乗り換えなどに便利なのだ。

 一番後ろのドアの列。記者の前には既に12人が並んでいて、次の列車は無理だろうなと感じる。「前に1歩お詰めください」との駅係員の指示に従い、間隔をできるだけ詰めて並んだ。

 8時12分発の列車が8時17分に入線。ドアが開くと同時に、車両から人が押し出されるように出てくる。その数10人くらい。車内を見ると、混雑率は250%(電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない)以上という印象だ。

 結局並んでいた人のうち、この列車に乗れたのは前から5人ほど。乗ろうとして乗れなかった人がそのまま電車近くのホームの端にとどまっている。駅員が別の場所にいて、列全体に後ろに下がる指示をしないので、危険な状態に見えた。

 ほどなくして列車のドアは閉まったが、なかなか発車しない。どうやら荷物が挟まっていて、その安全確認に時間を要したようだ。発車したのは8時21分ぐらいだった。

 8時25分、次の列車が入線してきた。自分の後ろにどのくらいの人が並んでいるのだろうか。振り返ってみると、前の列車の発車が遅れてさばききれなかったためか、列が一挙に長くなっている。

 列車を見ると、曇った窓から車内の混雑がうかがえた。この列車も、すし詰め状態。もしこのまましばらく乗れなかったら、取材に遅刻してしまう危険がある。そこで、急きょ方針転換することに。ホームを歩き次の次の電車で、比較的乗りやすいと考えられる女性専用車両に乗ることにした。

 女性専用車両のある10号車を待つ列も長い。だが、1号車の列とは少々違う。前に詰めるように指示する駅員がいないからか、「スカスカ」なのだ。記者はホームの反対側の端に立つ状態。これでは後から来た人は並ぶことができない。皆スマートフォンを見ていて、気が付かない。

コメント26件コメント/レビュー

殆どのサラリーマン・ウーマンたちはラッシュアワーの電車の混雑は知っている。このようなばかばかしい体験記を書くのではなく、如何にしたら日本のこの問題を解決できるかを考え書いてもらいたい。日経BPとしての記事としては甚だ恥ずかしいと思う。
私の私感としては24時間稼動している東京のような大都市でコミューター電車や地下鉄が24時間動いていないのは実におかしな現象だと思う。(2016/12/22 16:44)

オススメ情報

「「痛勤緩和」のウソ」のバックナンバー

一覧

「朝の埼京線、女性専用車両で思ったこと」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

殆どのサラリーマン・ウーマンたちはラッシュアワーの電車の混雑は知っている。このようなばかばかしい体験記を書くのではなく、如何にしたら日本のこの問題を解決できるかを考え書いてもらいたい。日経BPとしての記事としては甚だ恥ずかしいと思う。
私の私感としては24時間稼動している東京のような大都市でコミューター電車や地下鉄が24時間動いていないのは実におかしな現象だと思う。(2016/12/22 16:44)

最後にイラっと来ました。埼京線はほとんど乗ったことがないから分かりませんが、車両の選択によってその後要する時間は大幅に変わります。朝の1分1秒が惜しいのは理解できると言いながら…電車1本分ぐらいすぐ変わっちゃいますよ。
女性専用車両は不要と思っています。継続的に被害に遭って本当に困っている方が逃げられる優先席程度のスペースを設ければ十分では。車両ごとにしちゃうと乗り換えとかに便利な位置であることも多いですし。
正直ラッシュについては、嫌なら引っ越すか仕事を変えるか、自分でどうにかできる方法はあるので、誰かに解消して欲しいとも特に思わないし、あまり興味はないです。ちょっと変わった意見かもしれませんが…90年代前半、中学生の頃から西武池袋線上り最前車両で通っていましたが、最近の中途半端な混雑の方が苦痛です。混雑で乗れなくて後方に走るなんてこともありましたが、昔の足に力を入れなくても立ったまま寝られた方がむしろ楽でしたw(2016/12/22 15:25)

何かたまに満員電車に乗ったら大変だったみたいな記事ですね。
だから読み終わった後にイラッとくるのかな…。
埼京線が赤羽線だったころから通学通勤と、約40年程利用してます。
その間沿線にはどんどんマンション等が増え、逆に年1回のJRダイヤ改正では
電車は増えず(今年は逆に7時台の電車が1本減りました)。
早く出ても車両選択なんて無理です。
間違った場所に乗ったら降りたい駅で降りられず、降りられてもホームを
人を掻き分け階段まで辿りつくまでに数分かかる。
こうなると個人レベルの努力ではどうにも出来ないですよ。(2016/12/22 13:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)